ついさっきノーザンファームしがらきに見学に行ってきましたので、そのレポートを書きます。
C9A87A6E-C404-488D-99C0-138D680B8377

※旅先で書いているので誤字脱字にはご了承を。
1C0DF28D-8063-47C5-A28C-5A11BB58B4E8

まず見学したのがモンスリールです。昨年末に痛めた脚の方はもう大丈夫とのこと。まだ入厩の予定などはありませんが、しっかりしてくれば楽しみというお言葉を頂きました。写真の通りすごく可愛いルックスで、人懐っこかったですね。まだ詰めてやっている感じではなかったので時間が掛かりそうでしたが雄大で綺麗な馬体をしててとても好印象でした。

0D34CC49-BD43-455C-8E7E-D4B2EA402AB5

続いて見学したのがゼアブラヴです。まだ怪我明けの立ち上げ段階という感じで冬毛でもさもさしてましたし、ぼてーっとしていたのでこれからという感じでしょう。膝の怪我は癖になりやすいとお教え頂いたので、じっくりと治して貰いたいですね。

ノーザンファームしがらきに来たのは4年ぶりでしょうか。スペシャルギフトとラディーアがまだ2歳の時だったのでだいぶ前のことですよね。しがらき見学は金曜日しか枠がない(シルクは)ので、なかなか来る機会が無かったのですが、たまたま来れる機会があって良かったです。しがらきの見学はシルクの社員の方と一緒に回れるのが良いですよね。

見学後はなんとなくファンディーナがいるライジングリハビリテーションの前を通って見ようかなと栗東方面に行きました。実際看板とかがなくぬるっと施設内に入りそうになったので引き返しましたが、あそこにファンディーナがいると思うとちょっとエモかった。

その後は鰻を食べようということで豪雪の中を名古屋方面に向かって、あつた蓬莱軒で飯を食べ、熱田神宮で推しメンと出資馬と自分の幸せを願いました。