先週の日曜日中山競馬場の第1レースに出走したフロントラインは3着でした。
IMG_6548
大塚海渡騎手
「スピードが有って、楽に先手を奪えました。その後も自分のリズムで運ぶことが出来たのですが、少し仕掛けが早かった分終いは止まってしまったのだと思います。そして、最終的に勝ち馬の良い目標になってしまいました。とても状態が良いように感じましたし、ハミを噛んだりすることもなく、非常に乗りやすい馬でしたよ。また、今回は距離短縮だったようですが、フロントラインの良さを活かせるこの条件は合っていると思います」
小笠倫弘調教師
「ハナに行った後はもう少しじっくりと行って欲しかったですね。それに4コーナーはもう少し仕掛けを待っても良かったのではないでしょうか。ジョッキーに少し焦りがあったのかなと思いますが、この馬の良さを活かしてくれた騎乗だったとは思います。やはり距離はこれくらいが良いのかなという印象を受けましたし、中山のダート1200mで1分12秒台を出せていれば、このクラスならどこかでチャンスは回ってくると思います。優先出走権を獲りましたが、まずはトレセンでの状態を確認した上で、今後の予定を決めたいと思います」
IMG_6549
前日遅くまで(そうでもない)飲んでいたので「あーこれは間に合わんわーフロントラインのレースまで寝よ」と意気込み就寝するも、出発すればギリギリ間に合う時間に起床。そこから髭も剃らず寝癖も直さず高速ぶっ飛ばして中山に向かいました。あんなに飛ばしたの大分以来やなぁと思いながら圏央道が京葉道路につながったことに感謝しました。パドックで見たフロントラインは角度もあるのか、それとも成長なのかわかりませんが、前に比べるとしっかりしたかなという印象を受けました。前を歩いて居た馬も同じエスポワールシチーの産駒でしたが「こいつらほんまに同じ父なんかいな」と思うくらい違った馬体をしていて、中間の調教騎乗後にサウスヴィグラス産駒っぽいと表現したルーキーの大塚海渡騎手は的を得ているなと思いました。
(参考)大塚海渡騎手「3日の追い切りに乗せていただきました。乗った感触としてはサウスヴィグラス産駒のような感じでしたし、中山のD1,200mという今回の条件は合いそうですね。調教での動きは良かったですし、状態は良さそうだなと感じましたから、この馬の持ち味を活かした騎乗が出来るように頑張ります」
IMG_6550
レースは五分のスタートからまるでキノコダッシュを決めたかのようにハナを切りました。ほんと特筆できるくらい最初の脚が速いですね。前走はデビュー戦でかつマイルだったので先手を切れたというのも一つ可能性として考えていたので、あのスタートは良い驚きでした。四角を回ってきたときにはセーフティリードを保っていたので一瞬勝ったと思いましたが、勢いよく進んだ分目標にされ、最後は差されてしまいました。負けてしまいましたが4角でのあのふわっとした加速は魅力的だなと思いました。自分の出資馬ではアズールムーンも凄くスタートの速い馬でしたが、スタート速いというのはアドバンテージでしかないので素晴らしいですよね。次走はこの感じだと短期放牧かなと思いますが、ローカルでチャッチャッと勝てそうな雰囲気を感じられたのは収穫です。
IMG_6551
まだ1レースで人も多くなく、静かなパドックだったので騎乗の合図がかかって馬に乗るときの元気の良い大塚騎手の声が聴こえました。人気馬に乗るのはこの馬が初めてでしたし普通なら緊張しているんだろうなぁと思いながら見えていましたが、そんな様子はなく終始ニコニコしていたのが印象的でした。某掲示板とかTwitterとかを見ると大塚騎手が飛ばしすぎたのが敗因と書かれていて、自分はレースを見ているときも改めてレースを見直しても正直そんな風には思えないし、むしろそれ以上緩めたら絶対他の馬に先手奪われるから緩めないでくれと思いながら見ていました。若干ラップが速かったのは事実だと思いますが許容範囲だと思ったし、コーナーリングとかを見てもこの馬の特徴に合わせてよく乗っていると思います。大塚騎手は人気馬に乗るのもレースで逃げたのも初めてでした。きっと楽しかったんじゃないかなと思うんですよね。めちゃくちゃ気持ちの良い騎乗が見れたと思ったし、いわゆる声が出る展開にさせてくれたので満足しています。大塚騎手は最終レースで初勝利を上げたわけですが、同じダートの1200mのレースでした。スタートから前を目掛け逃げ馬の後ろを構える形になりましたが、映像を見るとフロントラインのときよりもワンテンポ我慢して追い出している姿が伺えます。それが見れれば十分じゃないか?と思います。自分の出資馬が騎手の糧になったかなと思えるレースってあんまりないし貴重なことだと思います。新人なんですから暖かく見ないと。コメントこそ厳しくだしている小笠調教師もレース後にフロントラインと大塚騎手を迎えるときには労いの言葉を掛けている姿を見ました。いつか自分の出資馬で勝ってもらいたいですね。今年の新人騎手の中ではダントツ思い入れができました。