復帰を目指して先週帰厩していたフロントラインの引退が決まりました。
IMG_6376
小笠倫弘調教師
「こちらに帰厩後は体調面に問題はなかったので、早速翌日から乗り運動を開始したのですが、6月30日の調教後に右前脚に腫れ・熱感が確認されました。その後は安静にして様子を見ていましたが、週明けになっても症状に変化が見られなかったため、3日にエコー検査を行ったところ、浅屈腱炎の診断がおりました。レースに向けて進めていた矢先にこのようなことになってしまい誠に申し訳ございません」
IMG_6550
次走に向けてノーザンファーム天栄での調整が進められ、やっと帰厩し今日あたり復帰戦の予定が出るかな?次はおそらく福島1150mでのレースになるだろうし、スピードにまかせてしまえばこの馬の能力なら勝てるだろうと思っていたところですので、正直ショックです。今思えば順調に行ってない感じがずっと続いている感じの更新だったのが、急に早いところまで進めて…という内容で、邪推になりますがこれはスペシャルギフトのときにリークがあったのと同じようにそういうことなのかなとはちょっと思いました。それだけギリギリの状態でずっと来た馬ですので、いつこうなってもおかしくなかったし仕方ないのかなと思います。

変な言い方ですが募集動画をいっぱい見るシーズンだと思うのでこの馬についても改めて見てみましょう。重心が低く胸もトモもつくべきところに筋肉がついていて、前傾の重心です。ただそう考えると少し心もとない付き方をしている前脚の繋から蹄。ここにより体重がかかると思うとちょっと怖そうだなというのはわかるかなと。前から見る歩き方も前脚を若干内側にクロスさせるような形で歩くまでは良いのですが、繋から蹄までは外を向いているのがわかるでしょうか。繋の長さも若干左右で違うような形をしています。さすがにここまでしっかりと見れてはいなかったと思いますが、出資した時の記事でも同様の書き方をしていました。じゃあなんで出資に踏み切ったのと言われれば、その欠点をも凌駕する馬体の素晴らしさがあったから。今見てもやっぱり素晴らしい肉付きをしているし、血統的にもエスポワールシチーなら良いであろう配合構成かなと思っています。同じような脚をしていたスペシャルギフトがいたのもありますが、いま思うとスペシャルギフトという馬は本当にすごい馬だったなと思います。

追加募集馬だったのでこの動画が出たのが1歳の11月の終わりでした。こんな感じだったのでじっくり進めて秋の府中や冬の中山デビューだろうと踏んでいたら、4月には天栄に移動し早期デビューの構えでした。結果的にはここで急がされてしまったのが痛かったということになると思います。その後トモの負傷で大幅に調整が遅れ、結果的にデビューできたのが今年の2月でした。もちろんしっかりとケアされていたとしてもこういうことにはなってしまっていたのかもしれませんが、この点に関しては少し残念だなと思います。とはいえ早期デビューできそうでワクワクしていたのはあるし、アズールムーンと同じようなスタートダッシュが切れればと思っていました。フロントラインでこんなことがあっても結局今年ハーモニクスが早期移動でワクワクするんですからしょうがないですよね。未勝利戦が一ヶ月短くなったのも有りさらに早期に移動する馬が増えるでしょう。天下のノーザンファームがその時判断し進められているのだからしょうがないのです。そうは思いつつもこの馬の素材が磨かれた姿が見たかったし、調教時計やレース内容を見ても未勝利で終わる馬ではないと思うだけに本当に残念。すごく勉強になったしもっと色々と考えたいなと思います。