ターファイトの2歳馬の馬名が発表されました。
111ee3
※画像はターファイトクラブ公式HPより
レアリサンド(Realizando)(実現する、達成する(西))
父ディープインパクト/母ドリームオブジェニー/栗東/高野友和厩舎/出資経緯記事

ドリームオブジェニーの2018の名前はレアリサンドに決まりました。自分も数多くの名前を考えた中で結局自分の中で100%しっくりくる名前が見つからなかったので応募しなかったんですよね。この名前を超えるものは自分の中で思いつきませんでしたし、素晴らしい名前に決まりました。命名者に感謝いたします。

5d96f74a163b0503
ドリームオブジェニーの一族を考察するという記事を昨年書いています。上の写真が記事で載せている他の兄弟たちと同じタイミングの写真になります。みなさんの目にはどう映るのでしょうか。
「性格は姉のファンディーナやクードメイトルよりやんちゃですが、そこは牡馬なので元気があって良いくらいだと思います。上2頭の兄達より前向きさがあって調教では乗り易いです。まだ前重心で走っていますが、トモには徐々に力をついてきていて、脚が上がってくるようになってきました」
これが最新の近況更新時に出たコメントです。兄たちより前向きというコメントは出ているものの、姉たちよりも才能を感じるというようなコメントは出ていません。この前週のコメントで「姉のファンディーナに比べるとまだまだ」というコメントが出ていましたが、よく覚えているのですがファンディーナのこの時期のコメントって動きの良さを褒めるものが多かったんですよね。ターファイトに入って最初の年だったので鵜呑みにすることができませんでしたが、谷川牧場(というか西舎共同育成場)のスタッフさんのコメントは結構素直に反映することが多く、グランソードに関しては「秋を目指したい」、クードメイトルは開腹手術をした影響がありましたがその前までは「良いフットワーク」、レヴドゥギャルソンは「トモを鍛えたい」とこの時期のコメントはその後を表していることが多いです。素直に受け取るならまだ物足りないけどしっかり走ることはできているよという感じでしょうか。

谷川牧場さんのTwitterによると4月には宇治田原優駿SSに移動するそうです。同じくTwitterでBTCの坂路を上がっている動画を公開してくれているのですが、動きは全く悪くありません。対空時間の長い走りがもっと前に向かっていく感じになれば良いなぁというところでしょうか。タイプ的にファンディーナよりは適正は長そうな感じかなというのが現状のジャッジです。現時点でここまで進められているのは非常に良いですが、キ甲ももっと抜けてきそうな感じですし、よくなるのは3歳からかなと思っています。ただそういう馬が2歳の時点でデビューできるとすればアドバンテージでしかないと思いますし、この一族をよく知った高野調教師と夢が見れたらなと思います。目指せ菊花賞という姿勢で見たいと思っています。当歳のツアー時に感じた光るものが競馬場でみれたら素晴らしいですね。期待しています。