ライトノベルみたいなタイトル記事を書いていたことに驚愕したのですが…先日産駒が生まれたファンディーナはロードカナロアが種付けされたことが発表されました。初年度の時からロードカナロアかモーリスかドゥラメンテという話を社長から聞いていたので、驚きはありませんでした。
ロードカナロア×ファンディーナ
もう大種牡馬と言って過言ではないロードカナロアですが、ディープインパクト肌との配合では最大でマイル、ほとんどは1000m~1400mという適正で走る馬が出ています。ドナウブルーはマイルから1800mで活躍した馬でしたがドナウデルタは1400mがベスト。ローズノーブルは同じような適正でしたがジュピリーヘッドは1200m、ワールドエース全妹のアフリカンピアノの子アルモニカも1200m~1400mで勝鞍を上げています。ロードカナロアは母の血統を素直に出すイメージで、傾向にも素直と考えればファンディーナとの配合では良くてマイルがギリギリの馬になるのではないかと予想をしました。ロードカナロアの活躍馬を見るとA.P.Indyの血を見ないのは気になりますが、同じことをファンディーナも言われていた(ディープ×A.P.Indyの活躍馬はほぼいなかった)ので歴史は繰り返すものだなと思いました。

ということで出資していた馬の配合を考えてみたいと思います。ここで書いていることはあくまで主観ですので、こんなことを書いているやつがいたと牧場さんに送りつけるのはやめてください。(そんなやつはいない)
モーニン×カサロサーダ
元出資馬のカサロサーダの配合を考えてみました。現2歳がヘニーヒューズの産駒で船橋所属予定、1歳はザファクターの産駒となっています。公表されている情報では2歳のヘニーヒューズを種付けしたときが300万、1歳のザファクターは200万となっていたことから、同価格の良い馬と考えたところモーニンになりました。

カサロサーダは中くらいサイズで、粘り強く根性のある走りをする馬でした。芝馬でしたが、2歳のヘニーヒューズの子は山口ステーブルさんで育成されていて、船橋競馬の2歳最初の開催でデビューできるくらい順調に進んでいるようです。ヘニーヒューズのStorm Birdの血はカサロサーダの持つノーザンテースト(父ステイゴールドから)と同じような血統構成です。モーニンをつけるとさらに米血的が増幅されますね。それに加えてステイゴールドとCozzeneの血から活躍馬が出ているので、良いのではないかと思いました。ヘニーヒューズは人気ですし、その後継のモーニンもBOOKFULLになるくらい人気のようですから候補に入ってもおかしくないんじゃないかと。父と同じく府中のマイルが合いそうな血統です。実際にどんな馬どんな相手がつけられるか楽しみですね。