ターファイトの1歳追加募集予定馬が発表されました。動きは見れませんが、写真は載っているので血統的なところも含めて印象を書いていきます。

・マリーンウィナーの2019(父ビッグアーサー)
名牝系のバラードの一族で、ホワイトフーガの下に当たります。血統表を見るといろいろなクロスが成立しているのですが、個人的に好きなのはZafonicの母父The Minstrelがサクラハゴロモと血統構成が似ていることでしょうか。まぁ成功例はないのですが、血統表がうまい具合に3/4かなと思います。父の印象が強いですが、ダートでマイルくらいで走るのではないでしょうか。馬体もしっかりしていますし楽しみな馬です。

・クールアンフルールの2019(父ドゥラメンテ)
最近やたらとサクラバクシンオーの血について書いている気がするのですが…。ドゥラメンテとサクラバクシンオーは相性が良さそうな気がします。ノーザンテースト持ちのルーラーシップの産駒ではリリーノーブルやウォーターパルフェがいます。馬体は前がしっかりしている感じですかね。ドゥラメンテの子はフレームがしっかりしている印象なので、脚元と柔らかさがあれば良いと思います。

・ダイワエタニティーの2019(父マジェスティックウォリアー)
大北牧場のTwitterで募集されることが発表されていたので知っていました。たしか当歳の品評会で賞をとった馬だった記憶です。エンパイヤメーカー同様に意外と活躍馬が出てない雰囲気のあるマジェスティックウォリアー。昨年のダンカークは結構芝でも走ってたんですけどね。完全にダートに寄る感じでしょう。ハイペリオンマシマシな母に米血をぶつけたイメージもあまりわきません。

・ターフマジョリックの2019(父トビーズコーナー)
ターフマジョリックの子は上のローマンビューティーが素晴らしい馬体だったのもあり、まずは馬体が良いか。話はそこからという感じでしょう。個人的にはトビーズコーナー産駒に出資するなら2歳の方にいきたいです。背ったれな感じがしますが時期的なものかどうか。

・マンテラライの2019(父モーリス)
モーリスは初年度がやたらと動いている馬が多くて注目しています。ロベルト系ということも考えると基本は牡馬がいいでしょう。グラスワンダーの母Amerifloraとマンテラライの父父のDanehillはDanzig×His Majestyで共通です。血統背景からも大箱向きのマイルから1800mくらいで良さそうな雰囲気を感じますね。関東の厩舎がいいですが…谷川牧場なので関西ですかね。堀厩舎とかだったら興奮して死んじゃうかも。

・ルパンⅡ(父ダイワメジャー)
自分はメダグリアドーロ…というよりEl Pradoが苦手なのですが、この血統的に苦手感は克服したいと思っているんですよね。おそらく今まで日本ではサドラー感がフューチャーされてきたのかなと。だからレースセンスはあるけど脚が速くなさそうなイメージ。ヒルダズパッションのせいな可能性が高いですが。ダイワメジャーはSir Ivor≒Haloやニジンスキー、ブラッシングルームから活躍馬が多数でています。ダイワメジャーの牝馬は走らないなんて言われていたときもありましたが、メジャーエンブレムがそれを打ち破り、昨年はシゲルピンクダイヤ、今年のレシステンシア、これら全てサドラー持ちです。苦手感を克服するには一番良い血統であることは間違いなさそうですね。

・シャイニングムーンの2019(父エスポワールシチー)
血統はともかく馬体がすげぇんですよ。エスポワールシチー産駒で自分の出資馬だったフロントラインを思い出すほどの馬体です。個人的ゴールドアリュールの三種の神器、ロベルト、ミスプロ、Specialを全て満たします。現段階で否定する要素が一つもないですし厩舎次第でしょうか。グランデファームなら育成までしっかり見てくれるでしょうからね。

・アニーの2019(父トウケイヘイロー)
トウケイヘイローの産駒に出資するとなると馬体を重視したいので現状ではちょっと判断つきません。

・ピュアウィッシーズの2019(父モーリス)
写真だけみると前脚が気になるのですが…。牡馬が良いロベルト系、牝馬が良い牝系。難しいですね。これは馬体をみてかなと思います。

書いてて気が付きましたが村田牧場の募集馬がいませんね…。当歳募集の馬の売れ行きでしょうか。覚え書きみたいなものなので雑な文章ですがご了承ください。