まだ6月じゃないのですが6月の近況報告です。

ゼアブラヴ(ファルブラヴ×ジェシカ)
5月に入り2走しましたが結果は惨敗でした。この結果でもまだ可能性を信じてくれている陣営に感謝したいですね。叩いて叩いて良くなる…でも脚元の不安もあるという馬なのでなかなか難しいですが、可能性はあると思っています。距離がしんどくなっているんじゃないかということで距離延長が濃厚ですし、どうせなら思いっきり伸ばしてみても良いんじゃないかなと思います。この血統ですしね。

サルトアトランテ(ゴールドアリュール×サダムグランジュテ)
前走の新潟のレースは休み明けの影響と距離も合わなかったか惨敗でした。馬体も増えていて楽しみにしていたので残念な敗戦でしたが、次走距離を戻してどうか。ネットの掲示板では芝に戻しては?といいう意見も出ていますが、なかなか判断が難しいですよね。馬体はダート馬っぽくなっている気がするのですが…。一度芝を使うのもありかなとは思います。

グロリアスホープ(トゥザグローリー×マイホープ)
5月に2走し2着と5着。特に前々走は紙一重のレースでしたので勝ちたかったですがしょうがないですね。前走は内が有利な馬場で外枠芝スタートで流れに乗れなかったのでしょうがないです。6月2週目のレースを目指しているので次こそはと思いますが、3歳馬も参入してきてどうなるか。勝って秋の府中には2勝クラスに挑めればいいですね。足抜きの良いダートも得意なので天候も味方につけられれば。

アドレ(ヒルノダムール×ダッチェスドライヴ)
現在ナルタ牧場で放牧中。この感じだと復帰は秋ごろかなと。じっくりオーバーホールしてもらえれば。

アステリア(ディープブリランテ×ラトーナ)
ノーザンファーム天栄にて調整中。夏競馬でのデビューを目指すとのことです。夏季競馬の番組表を見ると芝は福島と函館なら1200mと2000mしかないんですよね。距離的に考えると札幌の1500mあたりが一番ちょうどよさそうですがほぼ1発勝負ですし…難しいところ。(すべて牝馬限定で考えています)ダートは全く合うと思えないので、脚元の理由で使われるようならまずまず覚悟をせざるを得ないかなと思います。時間はないですが何とか。

ルコントブルー(キズナ×シェアザストーリー)
5月に牡馬と混合の1勝クラスに挑戦。マイル戦をこなせたこともよかったし、勝ち馬はこれから上級にいきそうな馬なので、そんな馬相手にマークされながらもファイトできたことは収穫でした。現在はノーザンファーム天栄で調整中で、乗り込む強度もまずまずのところでやれているので府中最終週の牝馬限定のマイルあたりに使えたらいいですね。

ハーモニクス(キンシャサノキセキ×アコースティクス)
来週6月6日のダート1400mの番組に出走予定。鞍上はレーン騎手なので距離を伸ばして必勝態勢でしょう。これまでは坂路でのみ追切をされていましたが、ここ2週はコースでの追切なのでかなり力が入っていることは間違いありません。個人的に距離は伸びてよいと思いますし、もうワンプッシュを鞍上に任せて勝ち上がりたいですね。勝ち上がればこれから色々と試せる馬だと思います。

クォリティタイム(Quality Road×ジプシー)
先日宇治田原より帰厩し6月27日の牝馬限定ダート1800mを予定と発表されました。今回は良い休養になったと思いますし、どんなレースができるか楽しみにしています。きつい形だった前走もそれなりに頑張っていますし、距離適性にもまだ手探りな感じがありますのでそういう面も含めて楽しみです。

レヴドゥギャルソン(ハーツクライ×ドリームオブジェニー)
現在は宇治田原優駿SSで調整中。頓挫が続きましたがその後は順調に調整が進められているようです。年末に入厩したくらいの体重に戻っていますので、もしかしたら弟とチェンジかなと思っています。こちらも時間はないわけですが、ここまで来たのでしっかり乗り込みたいということと、あとは兄があんな形でのデビューになったので、芝でのデビューにこだわってほしいなと思っています。まずは帰厩してどんなタイムが出せるか。

ヴェールクレール(リオンディーズ×ウルド)
今日ノーザンファーム天栄に移動し、翌日しがらきに移動するとのことです。動画と更新を見ている感じだとかなり準備ができている感じがしていたのでこれは朗報。1か月から1か月半ほど調整したら入厩という感じでしょうか。ゲートを通して秋にデビューできればと思っています。かなり期待しているので楽しみです。

レアリサンド(ディープインパクト×ドリームオブジェニー)
先日入厩しゲート試験を合格しました。高野厩舎のこれまでの感じを考えるとここで一本時計を出して判断(おそらく8割方放牧)と思っています。やっぱり高野厩舎に入って一発目のコメントというのは胸が熱くなりますね。あとは無事にデビューまで進められれば良いと思うし、とにかく頓挫しないことが大事なのでじっくり行ってもらえればと思います。力はあると思っていますし、来年のダービーに出ていることを願っています。

 
コロナウイルスの影響で競馬が無観客となってから3か月ほど経ちますね。最後に競馬場でレースをみたのがだいぶ前の出来事に感じます。今更あれこれ書くこともないのですが、6月より転職するため土日に競馬場に行くことができなくなります。元々自分は競馬場に行かず家でテレビで見ることも多い人間でしたが、ここ数年は競馬場に行って現地で応援する機会も多く、それが生活の楽しみになっていた部分もありました。これについてはかなり葛藤がありましたが、週末のレースのことを考える生活は変わらないと思いますし、現地で見ようが見まいが、勝利する喜びも負けて悔しい気持ちも変わらないということに、皮肉にもこの無観客競馬の中で気が付かされました。現地で勝つのは本当に嬉しいんですけどね。誰よりも応援した気でいるのは変わらないので。

ただそういう自分の出資馬に対する気持ちは落ち着いたのですが、ここ数年一緒に競馬を見ている友人の馬や、自分が一口馬主に誘ってこの趣味をやっている人たちの馬の応援に行けなくなるというのは心に引っかかっていて、それだけが残念だなと思っています。全部とは言いませんが、自分はそういう機会で休みを取って応援に行くと思います。それもまた自分にとって生活をする上での活力ですし、なのでそういうときがあったら煙たがらないでくれたら嬉しいなと思います。