先に書いておきますがこれはチラシの裏です。




レアリサンド[父 ディープインパクト: 母 ドリームオブジェニー]
栗東・高野友和厩舎で調整されています。先週は、5月29日にゲート試験を受けて、入り、駐立、ダッシュといずれも問題なく一発で合格しました。その後も体調面に問題はなく、31日には坂路で軽めの追い切りが行われ、全体時計で57秒、終い1Fを14秒程度で登坂しましたが、追い切り後、厩舎に戻って状態を確認したところ、鼻から微量の出血が見られました。直ぐにトレセン診療所の獣医の診察を受けて、内視鏡検査を行った結果、肺からの出血であることが確認されました。
高野調教師は「先週水曜日の時点ではゲート出の反応がイマイチでしたが、翌日から直ぐに理解をしてくれて、反応も良くなったのでお試しで受けたら合格出来ました。ダッシュの際も馬体が沈んで良い加速を見せてくれたので、これは楽しみだと思っていた矢先でした。日曜日に軽く坂路で動かしてから一旦放牧に出して成長を促そうと考えていましたが、調教後に鼻出血を発症しているのが見つかってしまいました。本当にひっくり変える程ショックですが、まだ2歳のこの時期だったと前向きに捉えるしかありません。近日中に宇治田原優駿ステーブルへ移動して治療を開始しますが、肺からの出血は癖になり易いので、しっかりと時間を掛けて治す必要があります。通常だと、まず2ヵ月位はマシン運動などに止めますが、本馬については大事を取って3か月位は様子を見て、しっかりと時間を掛けて治療していきたいと考えています」とのことでした 。

まずは謝りたいと思っています。レアリサンドの件で昨日ツイッターに色々書いたのですが、あっちで書くのは意図の伝わり方とかを考えても良くなかったと思いました。おそらく意図してない方を傷つけてしまったという自覚があり、その方に謝りたいです。一晩明けて色々整理してそれでもまとまりはしないのですが思ってることを書いてみます。この手のことはしばらく書かない気でいるので思い切り書きます。


ここでも書いているようにファンディーナに出資した最大の理由は、高野調教師と話したことでした。春のクラシックが終わった後、他クラブのパーティーで再び話をしたことなど含め、ファンディーナは高野調教師と共にあった馬だということは揺るがないと思っています。

レアリサンドが肺からの鼻出血により頓挫となってしまいました。常々この一族はとにかく頓挫することなく進んでほしいと願っている立場です。はっきり言って歓迎できないですが、高野師が言うように今でよかったのかもしれません。ここからじっくり治して年明けにファンディーナと同じような姿が見られたらいいなと思います。

ここまで良いのですが(良くないけど)例によって「高野師がまたこの一族の馬を壊した」だとか「この一族を預けるのはやめたほうが良い」なんていう意見を目にしちゃいまして。それに対して絶対反応したくねぇなと感じながら、思いっきり反応したのが上で書いたツイッターでの発言でした。そもそも”高野師がこの一族の馬を壊している”というのがまず正しくないと思っています。例えばグランソードは2歳時に外厩から戻った一発目の追切後(タイム的に大したものではない)の筋肉痛発症がその後の波乱万丈のスタートでした。体質が強い馬じゃないのは出資会員さんならよくご存じでしょう。これはレヴドゥギャルソンにも言えることですよね。体質が強くないけど結果出すには乗りこむしかなく、外厩でそれなりにやって厩舎に入り即ダメというパターンです。クードメイトルも元々体質的に強くない所をグッと我慢して使って、それでも怪我をしてしまいました。強いて言えばファンディーナのみが壊したという表現が当てはまるのかもしれませんが、クラシックがその後に響き、その主導はクラブ牧場サイドということが公言されているのでフェアではないですよね。レアリサンドも入厩1週間でのことです。どうしようもないでしょう。

ファンディーナが出る以前、ツイッターでターファイトの会員を探そうと思っても固定の人以外になかなか見つからなかったというのは以前書きました。みんなファンディーナに感じたような期待をもってこのクラブに出資しに来ている。もちろんそれは素晴らしいことと理解しています。でもノーザン系クラブと同じノリで高野師だけを批判するのは違いませんか?と言いたい。もちろん自分もこの一族の才能に期待をしているし、ファンディーナと同じような舞台に出られたら良いと思っている。でも走る馬を見つけにきているなら…厩舎が嫌なら…出資しなければいいのでは?と思っています。当歳で出資しなきゃまず買えない血統になっている。でも育成段階までいかないと期待感もよくわからない…リスキーだとは思います。それなのに片づけられるのは厩舎。「ファンディーナの子も高野師なら(出資しないことを)考えなければいけない…」なんて意見…一生考えてろタコ助としか言えない。だって走る走らない以前の問題だから。活躍馬の兄弟や子どもだからって嫌いな厩舎でも律儀に検討してるならやめれば良い。そうすれば自分が出資するのも容易になるので。

ニュアンス的に伝わりにくいですが、自分は「相性が良くないかもしれないから他の厩舎という選択肢があっても良い」という意見(提案?)は尊重します。(賛成はしませんが)ファンディーナの怪我以降に外厩をグリーンウッドから宇治田原に変えたように、谷川牧場はビジネスライクなところもあるので、今後違う厩舎ということもあるかもしれません。むしろ今までの産駒が良く変わらなかったと思っているところもあります。だからこそ谷川牧場×高野厩舎×ドリームオブジェニー一族という三点セットで思い入れがあります。ファンディーナ引退時のコメントとか、グランソードをなんとか勝ち上がらせた姿を見ても高野師とこの一族で良い夢を見られたらとしか自分は思えない。はっきり言って自分はファンディーナキチガイです。(言葉が悪すぎますが)この意見はかなり偏っているかもしれません。偏っているのかどうかもよくわからないくらいです。でもファンディーナがいなかったらこの一族に注目なんて集まってない。そしてファンディーナをしっかり管理してくれていた高野師に感謝と尊敬の念を抱いています。自分は高野師がこの一族のことで悪く言われるのは我慢ならない。ごちゃごちゃ書きましたが一番主張したいのはそのことです。


ヴェールクレール[父 リオンディーズ : 母 ウルド]
空港担当者「態勢が整ったことから、29日にこちらを発ち、31日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ移動しました。こちらでは長距離輸送に備えて軽めのメニューでコンディションを整えていましたが、元気な状態で送り出すことが出来ました。それまでは週に2回坂路でハロン14~15秒のペースでコンスタントに時計を出していましたが、登坂回数を重ねていくにつれて動きが更に良くなっていました。暖かくなってきたことで、馬体の張り・艶共に良化が窺え、体調面はすこぶる良かったですし、それに伴って坂路での動きも力強く駆け上がっていました。シャープな体付きですが、コンスタントに乗り込んでいたこともあってメリハリのある馬体になりました。一時期飼い葉食いが良くありませんでしたが、最近では以前にも増してよく食べてくれるようになっていましたので、心身ともにしっかりとしてきた証拠だと思います。普段はとても穏やかに過ごしていますが、いざ走りだすと前向きさを見せてくれるだけに、初戦から良い競馬をしてくれると思います。良い状態で送り出すことが出来ましたので、競馬の日を心待ちにしたいですね。移動前の馬体重は476kgでした。」

レアリサンドの頓挫に落ち込んでいたらヴェールクレールからは良い知らせ。牧場担当者の人に「競馬の日を心待ちにしたい」と言ってもらえるのは嬉しいことだと思いました。2歳の出資馬はこの2頭ですのでありがたかった。