EURO2020の決勝の感想です。

決勝はイングランドvsイタリアでした。両チームともに準決勝で延長戦までフルに戦ってのものだったので、多少パフォーマンスは落ちるのかなと思いながら見ていましたが、そんなことは全くなく、決勝らしいアドレナリンの出ている試合でした。

試合を通して開催国のイングランドが試合を支配していたように思いますが、イタリアは準決勝のスペイン戦と同じようにほぼほぼ死んだふり作戦(実際に殴られていたかもしれませんが)をしていた印象です。攻撃の質はスペインの方が高かったでしょうが、イングランドが開始直後にゴールを奪ったことを含めてボールへの執着が強く支配できていたように感じました。そんな中でもイタリアは右サイドのキエーザを中心に何とか敵陣に拠点を作って打開しようという雰囲気を感じました。

ここ数年、Jリーグばかりを見ていてあまり海外サッカーを見ていませんでした。スペイン代表ですら1,2回しか見たことない選手が多く、知らない選手も多数。それはデンマークもそうですし、この決勝のメンバーもそうです。そんな名前も聞いたことない選手が完璧なプレーをしているというか、穴のないプレーを見せていることに衝撃を受けました。現在のU-24世代の日本代表の選手って本当に技術的にも戦術的にも上手いなと思うんですが、それってやっぱり世界のスタンダートが上がっているだけで、日本代表の選手だけが上手くなっているわけじゃないんだなというのを改めて痛感しましたね。サッカーは足を使ってやるからこそ「ミスのスポーツ」と言われていた訳で、ミスがあるからこそ曖昧な部分というのが残って遊びが生まれるのが良さだった思うんですが、昨今はポジショニング等含めて「ミスをしたら負けなスポーツ」だなと思いました。完璧に近いチーム同士が戦えば90分では決着がつかない。そのことが良くわかりましたね。

イタリアは確実にキーになっていたキエーザが負傷交代しました。その瞬間に「イタリア終わった…」と思ったんですよね。負傷交代したキエーザが泣いていたのを見てグッとき過ぎました。完全に流れはイタリアに無くなったと思ったんですが、それでもPK戦の末に勝つんだから凄い。PK戦は本当に壮絶でした。5人ずつで決着がついたのにこんなに壮絶なPKはないと思います。止めなきゃ負けの局面でPKの名手ジョルジーニョを最後まで反応して止めたピックフォードは痺れに痺れた。日本で例えるなら決められたら負けの局面で出てきたようなイメージでしょうか。開催国のGKがそんなビッグプレーを見せたら流れなんて持っていかれるはずなのに、冷静なセーブで試合をモノにしたイタリアのドンナルンマ。PK戦だけでも見てほしい試合です。感情が高ぶり過ぎて普通に泣いてました。

EUROとは関係ありませんが、コパアメリカ(南米のEUROと同規模の大会)でアルゼンチンが優勝してメッシがキャリア初の代表タイトルを獲得したのは本当に嬉しかったです。彼は上記のようなミスのないサッカーを個人で打開してしまう、現世に存在しうる唯一の選手ですからね。代表タイトルがないというだけで正当な評価を得られないなんてあってはいけない選手です。それにしても岡田繁幸さんが無くなって初のクラシックが制覇できたり、マラドーナが亡くなった次の大会でタイトルが取れたり、そういうのってあるんですかね?