Sweet dreams

カテゴリ:引退出資馬 > エレガントソング

先週のレースに出走したエレガントソングは9着に終わりました。スーパー未勝利への出走権利を逃したため、このタイミングで引退となり、サラブレッドオークションに出されることとなりました。
 
10996522_940177265992682_1655825369907426177_n
※写真は2015年2月の中山にて
何から書いていいのかわからず、発表があってすぐに記事を書くことができなかったのですが、一晩立って色々と考えたので、それを書いていきたいと思います。まず引退の発表があった時に感じたのは、あんまりだということ。確かにこの馬が今後続戦したとしても勝ち上がれる可能性なんて5%にも満たないでしょう。掲示板に入ったことがあり、福島でのレースはかなり惜しい内容で力を示してくれていた…とは言え、勝ち上がるとなるとまた別の話なので、そこは神のみぞ知るというところなのだと思います。0.0秒差の2着でも負けは負けなのですから。

でもそのことは、その馬の勝ち上がる可能性を信じること、そしてその馬にベストを発揮させることとは全く関係のないことだと思いました。ラストランとなった今回のレースは鞍上の吉田豊騎手も戦前から「この条件は合わない」ということをほのめかすものでしたし、出資者の立場としても、もっと他の選択があったのではないか?というのがありました。厩舎サイドにもこちらにはわからないような事情があるのでしょうが、それで権利を逃して、ハイ終了では、納得しろと言われても出来ません。それも「時間が足りませんでした…」で片付けられてしまっては…。出走できないようなレースに出走を予定して、それで除外をされて、さらに引き伸ばしてレースに出走させて大敗というのも何度も見ましたし、正直無駄遣いとしか言いようのないレース出走もありました。見る人が見ればレースを多く使ってくれて嬉しいと感じるのでしょうが、ベストを尽くさないレース出走に何の価値も感じないというのが僕の考えですので、正直に言うとこの厩舎の何もかもが気に食わないという感じです。

エレガントソングという馬は、どんな距離、どんな条件でも一生懸命走ってくれる馬だったと思います。本当に頑張ってくれる馬でした。このブログでは何度となく書いていますが、だからこそ勝ち上がって欲しかった。それほど才能がある馬とは思いませんが、でも能力的には勝ち上がれるか勝ち上がれないかの紙一重のところに立っている馬だったろうと思います。だからこんな終わり方はあんまりだと思います。地方での続戦をわずかながら願っていましたが、それも叶わなかったのでとても残念です。でもまだまだ走る力は残っているし、むしろこれからもっと良くなるのではないかと思っていたので、サラブレッドオークションに出て、まだまだ走ることができるというのは良いことだと思います。本音を言えば落札して走らせたいくらいです。自分の貧乏と未熟さを恨むしかないのですが、良いオーナーに落札して頂いて、競馬場で元気に走る姿を見たいですね。頑張ってくれる馬ですので、出資者としては稼いでくれた賞金以上の孝行さを感じましたし、これからも馬主孝行な馬であってくれると思います。

それにしてもまた牝馬で勝てなかったなぁと思いました。今まで勝ち上がった馬(と言っても2頭しかいませんが)は全て牡馬ですし、一番最初に出資したグローバルフライト、去年のラディーア、そして今年のエレガントソングと徐々に勝てそうな気はしているのですが、でも勝てませんした。2歳世代で牝馬に多く出資しているのもさっさとなんとか牝馬で勝利をして「牝馬で勝ってない」とか「~で勝ってない」とかそんなくだらないことを意識して出資馬を検討する呪縛から解放されたいという呪縛によるものですので、なんとか勝ちたい。そして何と言っても学んだのは出資馬を検討するときは厩舎の事前リサーチは必須だということ。いやこれまでもしっかりとしてきていましたし、エレガントソングが所属していた厩舎がこういう厩舎だということもわかっていたのですが、どうも馬>厩舎の考えが強いので、これが<になるとまでは言いませんが、もう少し近い割合で考えなくてはいけないなぁと思っています。合わない厩舎の馬に出資するのはなんにも良いことが起こらないですからね。

 

勝つっていうのは難しいことだと色々な意味で実感したこの土日でした。「負けて始まるそこからが本当の勝負」by UVERworldの精神でやっていかなければいけませんね。浦和レッズ君が夏に弱いと言われているのはまぁそうなんでしょうけど、例年の負け方ではないので逆に悔しい。夏場にパフォーマンスが落ちることは覚悟なサッカーをしているので仕方ありませんが、かと言って負けを許容するのは違う気がするし複雑です。メディアも1stステージ優勝して一区切りついたところでも、やはり失速という見方をしますし2ステージ制って一体なんなんだろうと思いますよね。とりあえず代表前最後の試合を勝って終わりたいところです。

話は変わって出資馬の事について。日曜の福島7Rにエレガントソングが出走しました。 
11800351_1017860484891026_7318947800482621896_n
 ※写真はシルクHCの公式FBより
この時期の着外≒終了に一歩近づくということで、レース前はあんまり見たくない気持ちでした。使い詰めで来てからリフレッシュできてのレースだったので、さてどうなんだろうと思いましたが、頑張ってくれましたね。この馬は本当に毎レース頑張って走ってくれますし、頭が下がります。直線を向いた時には勝ったと思いましたし、今までで1番良いレースをしてくれました。勝ち馬は決め打ちのような勝ち方でしたし、鞍上も言うとおり若干中途半端なレースをしてこの着順ですので、もっとスムーズなら2着はあったと思います。ただこういう100%向いたとは言えないようなレースでもこの力を出せるようになっているところに成長を感じられますし、だからこそ勝ち上がって欲しいですね。残された時間は少ないですが、なんとか…。

11745356_1017864631557278_1208800149232109396_n
 ※写真はシルクHCの公式FBより
こちらは変わっておやおやというレースだったスペシャルギフト。正直このレースは勝てるんじゃないかなと思っていました。前日には1000万下のレースで負かしたフミノファルコンが1600万下を勝利していましたし、ここは確勝くらいな気持ちでした。パドックで汗かいてチャカついているのもいつもの事だったんですが…。やはり夏場は駄目なのでしょうか。去年の中京のレースでも大敗してますし、そもそも中京が合わないという可能性もあるんじゃないかなと思いますね。ただこの時期のダート1400となるとここしかないし…というジレンマです。この負けでここまでの良いリズムが崩れてしまわないことを願うばかりです。続戦できそうなレースも新潟の1200mくらいしかありませんし、ここは放牧にだして阪神までスキップしそうな気がしますが、さてどうなるでしょう。とにかくこのレースがこの馬にとって大きなダメージとなるレースじゃなかったことを信じたい…。

先日のステラグランデもそうですが、やはり勝つことは難しいですね。だからこそ嬉しいんですが、本当に難しい。この後はエレガントソングが新潟で走りステラグランデも間に合い次第、キャプテンロブロイがもしかしたらデビューをするかもという感じですが、こうやってコンスタントに走ってくれることに感謝しつつ、夏中に一回くらいは喜びたいなと淡い期待を抱いています。

本日の東京4Rに出走したエレガントソングですが、8着という結果に終わりました。

image (6)

久々にパドックで実馬を見ましたが、なんとなく冬場の時の綺麗だった馬体から比べると毛艶が悪いのかなぁと思いました。馬体重は減っていましたが、カリカリしているような印象はなかったですね。相変わらずおとなしい馬だなーという感想です。

レースは今までにないほど良いスタートで5番手の位置で進めることができました。前に付けられないことをいつも嘆いていたのでそれはうれしかったですね。ただ4角を回ってもすんなり抜け出すことができず外に出さざるを得なかったのが痛かったですね。ただもし前が開いていたとしても掲示板に入れるか入れないかくらいのところだったと思うので、勝つまでは至らなかったと思います。勝つためにはもう少し力をつけるか…よっぽど展開が向くか…という印象です。個人的にはここらで一旦外厩に出してほしいと思いますね~。この馬はなんとなくレースを経験して強くなるというより、フレッシュな状態で使った方が良いのではないかなと…。

 

未勝利戦に出走したエレガントソングですが11着という着順に終わりました。

10306383_966258490051226_6517993297409811532_n
 ※画像はシルクHC公式FBより

 前走の内容が良かったのと、レースの出走メンバーを見てもそんなに強い馬がいるわけではなかったので、まずまずのレースが見られるのではないかなと思っていましたが、そんなに甘くはありませんでした。直前のコメントでは前目でレースができれば…というような事を言っていましたが、やはり前にはつけることができませんでしたね。前走から距離を短縮しているのもあって行き脚がいつもより鈍かったように感じました。そしていつもなら上がっていける4角過ぎでも、あまり脚を使えませんでした。いつもは外を回していたので、今回は中を通ろうとしたことも関係があったのかも知れませんね。まぁでも最後までジワジワと伸びているのは分かりますし、馬は頑張ってくれていると思います。

 レースを見ての印象もなんとなく疲れているような感じがしたので、ここらで一旦外厩へ出して欲しいなぁというのが本音です。あとは事前に予定したレースにきちんと使って欲しいなっていうのがありますね。連戦できている馬だからスライドしても大丈夫なんでしょうけど、予定通りに使ってもらって駄目だったほうが納得が行くので。この厩舎のスタイルといえばそうなのかも知れないですが…。パドックの馬体をみても成長してきているっていうのは感じるので、あとは時間との戦いですね。

本日の中山4Rの芝2200mの未勝利戦に出走したエレガントソングは5着でした。
エレガントソング (5)
除外に次ぐ除外で中々出走ができず、本来予定していたダート1800mの番組にも出走できずという、馬にはかわいそうなここまでの過程でしたが、本来芝のレースが良いのではないかという感じだったので、とりあえずいい結果が出ればいいなと思っていました。唯一の懸念材料が距離だったので、そこがなんとかなってくれれば…というがレース前に思っていたことでした。

レースはいつもの様に後ろから進める形となりました。終始勝ち馬のメイアルーアを見ながらという展開でしたね。3角から4角のところでは、ここのところいつも置いて行かれることが多かったですが、すんなりと上がっていけたのはやはり芝の方がいいからではないかと思います。直線に向いたところでは射程圏内に入っていたと思いますが、上位馬は強かったですね。ただこういうレースができたことは良いことだと思いますし、そもそも毎回しっかりと走ってくれる馬であるので、身体がしっかりとしてきてくれれば、勝つことができるのではないかと思います。パドックでの身体つきをみても、もっと良くなる余地があるように感じますので。 

今回は5着以内に入ったことで優先出走の権利がもらえますし、このまま続戦するのではないかなと思います。個人的にはこのまま芝で使って欲しいなと思っていますがどうなるでしょうか。福島の牝馬限定の1800とか2000とかが良いなぁと思いました。いずれにせよ今回はしっかり予定が立てられると思いますし、次走は大事にしたいですね。 

このページのトップヘ