Sweet dreams

カテゴリ:引退出資馬 > グランシルク



【北総ファーム(北総乗馬クラブ)】
乗馬クラブに馬を見に行くのは正直失礼なのではないか?という気持ちが拭えない中だったが、以前にも一度近くまで来ていたこともあってスムーズにたどり着いた。
IMG_7384
これだけではわからないかもしれないが元出資馬のグランシルクを見学させて頂いた。今でも見に来る人が多いそうだ。種牡馬登録が判明した後もこの場所にいるのがわかっていたのもあり、現在どういう立場なのか知りたかった。引退の原因となった脚の大怪我もあり、乗馬としての生活はしていないとのこと。普段は放牧のみしているそうだ。つまりこの場所で種牡馬として生活をしている。今年は2~3頭に付けたとのことだ。順調に生まれ、その後も順調なら大井で走るとのこと。嬉しい限りだなと思った。元気そうな姿が見れて良かった。

その後は施設内にいる馬を紹介してもらった。何頭か中央競馬で現役の馬もいた。ここは主に障害入りする馬が訓練として利用するようだ。馬術の名門として名高いこの場所で、技術の高い人に教えてもらうことでその後の競争生活にも関わってくるのかなと思った。案内して頂いた方に「馬に乗ったことない」という旨を伝えると、良い歳して夜の店の経験がないことを言う時くらい驚かれた。そんなに馬に乗ったことある人多いもんかなぁ…と思った。

【ジョイナスファーム】
IMG_7405
同行の人の出資馬アメージングサンを見た。競馬場を含めればこれで4度目だが、いつ見ても良い馬だなと思う。未勝利勝ち後は若干脚に不安が出ているとのことだが、早く治って秋冬に活躍が見られれば良いと思う。この馬を初めて見たのは残口のあった1歳の夏だったが、良い馬とは思いつつ流石に出資できなかった。ただ目指すのはこういう馬だと思うし参考にしたい。昨今は社台系(ノーザン系)と日高との対比が盛んだが、生産の質を考えるとこの馬の生産村田牧場や谷川牧場なんかはネオ日高と呼べるくらい活躍馬を出していると思うし、そういう牧場の馬たちで楽しめたら良いなと思う。キ甲が抜けつつあり成長も感じた。本馬の活躍に期待したい。

【ナルタ牧場】
IMG_7406
出資馬アドレを見学した。本馬を見るのは初めてだったのでどんな感じなのかなと思っていたが、思っていた以上に大人しく、かなりシュッとした馬だった。場長の方も来たばかりであまり情報は持ってないような様子だったが、経過というか問題点については共有されているようだった。競馬になるとパニックになってしまうことについてはもう慣れるしかないんじゃないかというお話だった。こういう馬には逆に10日競馬は合わないのではないかという考えを持たれているようで、この地である程度乗った後も厩舎でじっくり調整していくことになるんじゃないかとのことだった。

馬体は完全に芝馬だった。線が細いながらもしっかりと筋肉が存在している感じで、やはりこの競走成績ではもどかしいと感じた。周りの馬が嘶く中でも動じずに立っていたし、自分が写真を取ろうと顔を近づけてもまったく動じる姿がなかった。もちろんストレスが掛かってない状況だというのはわかっているが、こんなに落ち着いている馬が競馬場ではあんな姿になってしまうのは悲しい限りだ。場長は元トレセンの方で浅野調教師とは仲が良くたびたび管理馬を預かっているとのこと。新しい環境の中でなんとか立ち直ってほしい。「新馬戦で力見せたりすると期待しちゃうよね~。でも競争馬は難しいよね。」という場長の言葉が沁みた。

まさかこのタイトルで記事を書くことができるとは…という感じですが、昨日ツイッターをみていたらタイトルの文字列が…。まさかと思いましたがJBISの2019年度サラ系併用種牡馬一覧に名前が載っていました。
309a636e77cb3bc029a01c279f4c57ee
JBISのHPで確認できるステイゴールドの後継種牡馬は以下の7頭になります。
・オルフェーヴル(社台スタリオンステーション繋養/400万/2018年136頭種付け)
・オーシャンブルー(レックススタッド繋養/50万/同20頭種付け)
・ゴールドシップ(ビッグレッドファーム繋養/250万/同93頭種付け)
・ドリームジャーニー(社台スタリオンステーション/プライベート/同21頭種付け)
・ナカヤマフェスタ(アロースタッド/20万/同0頭種付け)
・フェノーメノ(レックススタッド/50万同55頭種付け)
・レインボーライン(優駿スタリオン/70万/新種牡馬)

ステイゴールドの後継種牡馬最有力はもちろんオルフェーヴルですが、成長の遅さがネックとなりなかなか微妙な感じになっています。全兄のドリームジャーニーは種付け能力が低いようでプライベート扱い。ゴールドシップ、フェノーメノ、オーシャンブルーは今年産駒デビュー、レインボーラインは今年から併用開始です。ナカヤマフェスタは今年から種牡馬復帰のようです。インディチャンプやウインブライトなどまだまだ種牡馬になりそうな現役馬がいる中で、なんでこのタイミングで種牡馬登録されたのか皆目見当もつかないのですが、とにかく種牡馬になれたことは良かったです。

先週あたりですかね。同じく京成杯オータムハンデキャップを日本レコードで勝ったレオアクティブが種牡馬入りするというニュースを見て「グランシルクもなれたのかなぁ…」なんて考えていたので、このニュースはまさかという感じでした。種牡馬登録されたのは2月の半ばみたいなので今まで気が付かなかったというところですが、なんだか夢のようです。今一番気になっているのは一体どこで種牡馬生活を送るのかということなんですよね。元々は乗馬として北総乗馬クラブにいたはずですが、さすがにそこにいるとは思えないなーと思いながら、近親のブレイクランアウトが2019年度併用種牡馬リストから名前が消えているのを見るとオリオンファームに入るのかななんていう考えにもなりますし、とりあえず登録しただけでしばらくは千葉にいるとか、もしくは海外から目をつけられてこのタイミングで種牡馬として輸出とか色々考えられます。まぁ今後のことはきっとまたJBISのHPが更新されるので、それを待つのみなのですが、めちゃくちゃ気になります。グランシルクの産駒が見れるかもしれないということが本当に嬉しい。頼むからオリオンファームでキストゥヘヴンに種付けしてバヌーシーで募集してほしい。正直何が何だかわからないので藤田伸二騎手が騎手復帰するニュースくらい信憑性を疑っている(種牡馬登録されているのに)のですが、その時と同じくらい胸が高鳴りました。偉い馬ですね。ほんと。

というわけで管理人はこの件に関して情報を求めています。何か知っている人がいればぜひコメントに書き込んでください。よろしくお願いいたします。

2月に競争能力喪失の診断を受けていたグランシルクでしたが、経過が良好で無事に競争登録を抹消することができたので報告させて頂きます。
be9a4894257217e700acb4fec1e12649
09ef9f1f5a34028da7b9fd98cbabfa53
※画像はJRAの公式HPより引用
戸田博文調教師
26日にレントゲン検査を行い、最終確認を行ったところ、順調に回復に向かっていることがわかり、獣医師からもお墨付きを頂きましたので、28日に抹消の手続きを取らせていただくことになりました。長い間、ご心配をお掛けしてしまい申し訳ありませんでした。そしてこれまで応援してくださり、誠にありがとうございました

2月に怪我をしてからずっと頑張ってくれてなんとか無事に引退してくれたこと。本当に感謝をしています。この馬との経過は前回の記事で書いていますのでそちらを見ていただければと思います。僕はこのブログで未勝利に終わった馬から重賞を勝つに至った馬まで1頭1頭に物語があり、そして学ぶことがあると書いてきましたが、それはやっぱり勝ちたいからなんですよね。勝ちたいから全てのものから学ぶ。無駄なことなんて1つも存在しないんです。ただそうした上でもやっぱり高い舞台に至った馬の方が思い入れの分、思考する深度も増します。最後の怪我に至るまでこの馬には本当に多くの学びを頂戴しました。

もうすぐNHKマイルカップの季節ですよね。ダービー卿CTもそうですし、京成杯オータムハンデキャップもそう、オープン競争も1600万下条件もそう。自分の出資馬が出ていなければ無色で味のしないようなレースですら、鮮やかにパッと色づくこの感覚を皆に味わって欲しい。競馬ファンでも2015年のNHKマイルカップの1番人気がどの馬だったかなんてなかなか思い出せないでしょう。でも僕は一生忘れません。なぜなら僕の出資馬が1番人気を背負ってレースに出ていたから。一生誇りに思えることです。ファンディーナの皐月賞もそうですが、自分はあの境地に再び挑むことを目標に一口馬主をやっているんだと思います。

今後は北総乗馬クラブにて乗馬としての馬生を送ることになるようです。スペシャルギフトの引退の時に出資馬に乗ることができたら最高だろうと書きました。正直そういう乗馬クラブの仕組みとかは全くわかっていないのですが、実現できるものならしたいですね。噂によれば華原朋美さんも練習するようなスーパー名門乗馬クラブみたいなのでどうかな…とも思うのですが。まぁこの馬が幸せに長生きしていてくれれば本当に素晴らしいことだと思います。今まで本当にありがとう。語り尽くすことのできないほどの思い出が心の中から消えることはないでしょう。

2018/02/18 <所有馬情報>
戸田博文調教師
「18日に南Wコースで半マイルから時計を出したのですが、上がり運動中に左前脚の歩様が段々と悪化してきてしまいました。すぐに詳しい検査を行ったところ、第一指骨骨折が判明しました。骨折線が縦に入っているので、早急にボルトで固定する必要があり、本日中に手術を行う予定です。下の方の骨なので、このまま回復に向かったとしても競走馬を続けていくことは難しく、競走能力喪失の診断がおりました。来週の中山記念に向けてここまで順調に調整してきたのですが、直前にこのようなことになり大変申し訳ありません。まずはグランシルクの命を救うことが先決ですので、そのために最善を尽くしたいと思います」
今年初めてのG1がそれは素晴らしいレースで感動しながらも同時に軽く眠気が来て、特に予定もないし寝るか…とベッドに入るまでは最高の気分でした。強いて言うならこのままテレビを見続けていれば中山記念の特集が始まる。でも今回は注目馬の中に含まれないかもしれないな~なんて思いながら寝てしまいました。普段は全く無いのですが今回に限っては何故か寝てる途中に家族に叩き起こされて「なんだよ~」と思いながら何気なくiPhoneを弄ると上から<シルクHC 近況>という文字列が映し出されました。「あれ?今日って平日だったっけ?」(日曜日は臨時以外の更新がないので)と思いながらそのメールを見ずにtwitterを開くとタイトルの文字列が話題となっていました。慌てて届いていたメールを見ると上の更新が書いてあったというわけです。これを書いている今でさえも正直信じられない気持ちですが、どうやらこの先競馬場で走る姿を見ることはできない様です。危険な状態は脱したとは言え命の保証はないのも現状です。ただこの馬に出会ってから今日命があることまでの感謝を伝えたい。

今まで書いてきた19の記事が物語っているように、長く、そして濃いものでした。初めて北海道に行き1歳のグランシルクと21歳の自分が一緒に映っている写真を見ると、昨年の8月に天栄で撮った僕達の写真に比べて明らかに若く幼く見えるのです。デビュー戦は今は亡き後藤騎手の復帰後初勝利で、悔しいながらも何とも言えない気持ちだったのをよく覚えています。未勝利、500万と勝ち上がり、初めて重賞の舞台に連れて行ってくれたのもこの馬です。初めてG1に連れて行ってくれたのもこの馬でした。しかも1番人気のおまけ付きです。僕の出資した馬は走らないと昔はよく言われていたのですが、それを払拭してくれたのはこの馬だと思っています。

どちらかと言えば悔しい思い出の方が多かったし、もっともっと勝てる力があったと今も思うからこそ惜しくてたまらないのですが、そう思うのもこれまで一度も怪我などの離脱をすることなく、コンスタントに走り続けてくれたおかげだと思っています。本当に惜しいのは中山記念という舞台に出られなかったこと。マイルCS後から、この2/25という日付をなんとなく区切りにしていたところがあるので、今はポッカリと穴が開いたような気持ちになっています。これも今まで当たり前の様に予定のレースに出走しそれなりの結果を残してきてくれていたグランシルクだからでしょう。

結局どの馬に対してもそうなるんですけど感謝しか思い浮かばないんですよ。こいついつも馬が引退する時に感謝してんなと思われるかもしれませんが、1頭1頭本当に色々な想いを与えてくれるのです。その中でもグランシルクが自分に与えてくれたものは格別でした。そもそもG1で一番人気に推される馬を出資することができるのはどれくらいの確率なのでしょうか?重賞を勝つことができるのはどれくらいの確率でしょうか?本当に楽しませてもらいました。
2018/02/21<所有馬情報>
戸田博文調教師
「18日に骨折箇所をボルトで固定する手術を行い、無事成功しました。ここまで体調面は安定していますし、左右の負重も均等にかかっているようですので、逆脚の蹄に負担がかかってくるという心配も今のところありません。もちろんまだ予断を許さない状況で、いつ頃退院できるかということも未定です。ご心配をおかけして申し訳ありませんが、今後も全力で看病していくつもりです」
これは自分の中でグランシルクの怪我を受け入れてから思ったことなのですが、管理するのが戸田調教師で本当に良かった。もちろん全ての調教師が同じ局面になったらその馬に対して最善のケアをしようと思うのでしょうが、戸田調教師が管理馬に寄せる愛を知っているからこそ「この人なら大丈夫なのではないか…」と思えるし、仮にこの先の予後に何かがあっても「この人で無理ならしょうがない」と思えるのです。ファンディーナの高野師もそうですが、こういう人ほど世間では叩かれているのは残念なことですよね。グランシルクに関わったスタッフの皆様も含め本当に楽しい経験をありがとうございました。

ダウンロード
頑張るときはいつも今。あと少しだけ頑張ってください。多くの楽しい思い出をありがとう。


ここからは完全に自分の話。自分の話というか仲間の話。この馬が初勝利をあげた日、競馬場でレースを見届けてすぐに遊びに行ったのです。そこで遊んだのがPOGに参加しているメンバー(5人中4人)です。初めて集まったのがこの日で、ついでに言うならこの日に僕は乃木坂46の1stアルバムを手渡されて聴き始めた。自分的にはこの日が始まりかなと思っています。NHKマイルカップの日にもう一人が初めて合流した。自分のことではありませんが16年のニューイヤーSのときは、一緒に見た仲間に重大な事件があった後初めて会う時で、よくわからない緊迫感があったのを覚えていて、パドックで合流しこの馬の存在があったからこそ自然に接することができた記憶があります。2017年のレースはほとんどこの仲間たちとレースを見ていた記憶がありますが、全握で風船を生きているを見た後に府中まで赴いて見たパラダイスS、伝説と化した富士急2日目に行く中央道走行中に見た中京記念、自分はリアルタイムで見れませんでしたが、仲間が見届けてくれた京成杯AHと印象深い出来事とこの馬のレースが被っているんですよね。そりゃ土日に走ってんだから当然だと思われるかもしれませんが、僕にはこれが偶然には思えません。

マイルCSに出走したグランシルクは9着という結果でした。
マイルCs
※画像はシルクHCの公式FBより
前走の富士Sは完全に叩き台+極重馬場でしたので、そこから普段よりもかなり意欲的に調教してきた今回は人気よりは頑張ってくれるんじゃないかな。掲示板くらいには来て欲しいなという感じで見ていました。実際状態は過去最高だと感じた京成杯に近いものにあったんじゃないかなと思うんですよね。(それでもあの時のほうが状態は上だと思いましたが)どうあがいても今回は人気がなさそうだしこういうことを言うのもアレですが今まで出資馬が出走したG1レースの中では1番気楽にレースを迎えることができました。

レースは五分のスタートから後方3番手を追走する形。田辺騎手がコメントを残していますが先にサトノアラジンにコースを蓋されてしまったことで仕掛けがワンテンポ遅れたのが痛かった。ただ認識の違いかニュアンスの違いかわかりませんが結果的に急ぐことになったということなので、これ以上早く仕掛けるつもりはなかったのかなという感じです。自分のペースを大事にするつもりだったということなのでしょう。ブラックムーンのような競馬がしたかったということなのか、そもそももっと一気に動ける馬だと思ったのかわかりませんが、ちょっとそういう馬という認識はやめて欲しいなという感じです。まぁどちらにしても賭けに外れたというようなレースで、しょうがないかなという感じがします。最高に正攻法に出たとしてもエアスピネル以上の競馬ができるとは思いませんし。

今までも何度か書いていますが、マイルだともうガツンと来るような場面はないどころかそういう手応えがあるくらいのほうが良いような感じで、追走するのも以前よりきつくなっているように思います。今年は総じていいレースを見せてくれていることが多いので強く指摘できない感じでしたが、距離延長を考えても良いんじゃないかと思うんですよね。今なら例えば中山1800mとかでも良いレースができるんじゃないかと思うんですよ。総合的な走力はありますが元々絶対的なスピードがある馬ではないと思うので、一度試してみても良いんじゃないかなと思うんですよね。まぁでも着順ほどの差はないというのは間違ってないだろうし難しいですよね。でもその着順ほどではない差を埋められる何かをもがいて探すのも悪いことじゃないと思うんです。

それにしてもミルコ・デムーロの騎乗には痺れました。今回ばかりはエアスピネルに勝ってほしくなかったので感激しましたね。この記事を書く上でパトロールビデオを何度も見ましたがコース取りが神掛かっている。全ての賭けに勝っているという感じ。でもその掛けの勝ち方もわかっていてそれの積み重なりがハナ差1着というように見えました。先日の天皇賞のサトノクラウンだってキタサンブラックの勝ち方があまりにも素晴らしすぎるから影を潜めるだけで描いていたレースはほぼ同じものだったと思います。ペルシアンナイトは皐月賞を思い出しますね。やっぱどうせ勝つなら自分の出資馬と一緒に走った馬が良いし、それが大きいレースならなおさら。ミルコは皐月賞の時の4角のごちゃつきで1着の松山騎手に中指を立てたパフォーマンスが印象的で、バッドルーザーでもなんでも良いからとにかく勝つんだという姿勢が自分は好きです。その差に馬の、牧場の、厩舎の、そして自分の一生が掛かるかもしれないんだから当然ですよね。勝たなきゃ意味がないのは事実ですから。


田辺裕信騎手
「もう少し中団あたりでレースを運ぶつもりでしたが、流れに乗ることが出来ず、考えていたより位置取りが後ろ目になってしまいました。敏感なところがあるので、あまりテンから急がせるとスムーズさを欠くと思い、馬のリズムを大事にしながらレースを運びました。坂の下りを利用して徐々に押し上げて行くつもりでしたが、サトノアラジンが外から捲ってきた為に、こちらもジッとしているわけにはいかないですから、意識的に急ぐ形になってしまったのが痛かったですね。最後の直線もジリジリ脚を伸ばして頑張ってくれましたが、京成杯オータムハンデの時のような、リズムよく競馬をさせることが出来なかったことが最後まで響いてしまいました」

戸田博文調教師
「前走はステップレースということもあり、やや余裕残しでしたが、今回はしっかりと仕上げて臨むことが出来ました。スタートも出てくれましたし、田辺騎手にも中山で勝った時のように、早めに動くイメージでお願いしていたのですが、後ろの馬に先に動かれてしまい結果的に仕掛けが遅れてしまいました。上位に来た馬のコース取りを見ると、4コーナーで外に行ってしまったのも裏目に出てしまいました。このレースを目標にやってきましたが、ここ2戦が消化不良な内容になってしまい申し訳なく思います。今後はレース後の状態を見て決めさせていただければと思います」

このページのトップヘ