Sweet dreams

カテゴリ: 引退出資馬

先日のレースで先日のレースで優先出走権を得ることのできなかったハーモニクスが引退となりました。
ハーモニクス
※画像はシルクHCより
武市康男調教師
「今日は出負けしたことが全てですね。3~4コーナーでは自らハミを取って動いてくれていましたので、ブリンカーの効果は有ったと思います。ただ、切れるタイプでは無いですし、前に行って粘り込むような形の方が合う馬ですので、厳しいレースになってしまいました。隼人(吉田隼人騎手)のコメントは『前が止まらないレースで、後ろから競馬した馬たちにとっては厳しい展開でした。ブリンカーの効果に期待して前走よりも前で運べるかなと思っていたのですが、スタートして躓いたのが痛かったですね。前目で運べればここまで負ける馬ではないです。また、向正面で他馬に合わせて捲っていくことも考えましたが、動くと直線では脚を使えないと感じで、終いに賭ける競馬をしました。それが却って良くなかったのかもしれませんね。上手く乗れずに申し訳ないです』とのことでした。今回も状態的には申し分無かっただけに、勝ち切ることが出来ずに申し訳ございませんでした」

昨年の7月に踵の骨折を負い、苦しい競争生活になってしまいました。3月にデビュー戦を迎えてから6戦をしてくれましたが、おそらく競走馬にとって大切な2歳夏から何か月にもわたってのロスが大きかった印象ですね。ボルトが入っている馬なのでおそらく攻めた調教を重ねることも普通の馬に比べればままならなかったはずです。短いスパンでこれだけ走ってくれたことには感謝したいですね。

その短いスパンの中で、この馬の場合はちょっと色々とかみ合わなかったと思っています。今回のレースでブリンカーを付けたこともそうですが、スタートで出負けしてしまいましたよね。明らかに行く気がある1コーナーまでの姿は今までに見られないものだったので惜しいと思っています。あそこからガツンと行かせるなんていう選択肢はないので騎乗に文句はないです。そこまで攻めずにでも1200mのダートを使わざるを得なかった初戦。使ったことで良化し権利を取るも続戦できなかった2戦目。権利使えず混合戦に出走した府中でのレースも、その後の経過を思えば早い段階で北海道に連れていくという選択肢があっても良かったはず。明らかに状態が伴っていなかった芝のレース。やっと良化しながらも権利がなく混合戦に出走した5戦目。(そもそも芝のレースを予定していました)そして今回のレース。時間があればもっとこの馬を探れたと思うので、経過だけで陣営を批判する気はありませんが、更新を見ていて「うーんそれで大丈夫かな…」と思うことが多い馬でした。

Ifの話をしてもしょうがないですが、現状のこの馬を見ると”ギリギリ勝ち上がれる馬”だったかなとは思っています。ただギリギリ勝ち上がれてもボルトが入ったこの現状を見るとなかなかその後の勝ちというのは難しかったと思うんですよね。今回のレースを終えた後に「地方で延長戦をやるのはかわいそう」と思いました。伸びる余地はあるけど、ここまで使ってきた後なので余裕はないですよね。サラブレッドオークションを経ての地方での現役続行かなと思っていましたが、繁殖入りするということはおそらく関係者の中にもそういう意見があったのでしょうし、なにより血統的に優れた一族なので、この馬にとってベターなのかなと思います。

コロナウイルスのよる無観客競馬開始と同時期にデビューしたため、競馬場で姿を見ることは叶いませんでした。このことだけが残念だなと思いますが致し方ないですね。産駒がどこで見られることを楽しみにしています。一口馬主を始めて以来ソニンク牝系に憧れを持っていました。結果は伴いませんでしたが、憧れを叶え夢を見せてくれた馬ですし、ハーモニクスの名前が2代母、3代母とブラックタイプに刻まれることを願っています。いつかシルクで産駒が募集されたらいいな。”ぼくがかんがえたさいきょうのはいごう”を載せてこの記事を締めます。
サトノダイヤモンド×ハーモニクス

先週のレースで敗れたゼアブラヴが引退となりました。

小崎憲調教師
「藤井勘一郎騎手には好位でレースを運んでほしいとオーダーしていましたが、その通りの競馬をしてくれたと思います。レース後、ジョッキーに話を聞いたところ、『好位でレースを運べましたし、4コーナー手前で先頭に並び掛けるところまで考えていた通りの競馬が出来ました。ただ、直線に向くとスタミナが切れたのか、バッタリ脚が止ってしまいました』と話していました。1,600mに距離を延ばして追走が楽になったところまでは良かったですが、その分スタミナが持たなかったですね。本来の行きっぷりがあれば、距離を短くすればいいのでしょうが、ここ最近は影を潜めているだけに厳しいかもしれません」


先日の近況の際に「今回結果が悪いと…」という旨のことを書きましたので、この結果に終わったことである程度覚悟はできていました。もちろん残念という気持ちもありますが、中央の舞台でこうして戦っていくよりも、地方で数をこなしながらレースに使える環境のほうがこの馬にとっては良いんじゃないかなと思っていましたね。

自分にとってこの馬は、新馬戦を勝利し、なかなかのメンバーが揃った2戦目までの姿が本当の実力だと思っています。というかそこで時が止まっているような感覚なので、引退が決まった今でも能力が発揮できれば…という思いでいます。だから地方で走るうちに本来の力を取り戻すこともあると思っています。度重なる骨折やアクシデントがありながら…しかも良績と呼べるのは昨年の福島での2着のみです。それでもここまで引っ張ってくれたのは、恐らく関係者も元々発揮していた力を取り戻せれば…というのがあったのではないでしょうか?この馬は体重の増減が本当に大きくて、それは強く攻めきれなかったところが間違いなく要因だったと思います。脚元がなければ…と思うのは先日のアステリアもそうでしたが、なんとも恨めしいですよね。

この馬の出走を現地で見たことは一度もなかったのですが、どこで見ていたか記憶に残っていることも多いんですよね。自分としては久々にしがらきに見学に行けたことも良く覚えています。もちろん6歳まで出資馬というカテゴリーで毎週情報を追っていたからだと思うけど、なんとなく日常に染み付いた馬というかそんな感じがします。寂しいですね。でもきっと地方で活躍できると思っています。今後の活躍を楽しみにしています。
d_02610159


今週デビュー予定だったアステリアですが、怪我のために引退となりました。
1001

和田正一郎調教師
「先週半ばに左膝に腫れが出てきて、それに伴い歩様が乱れてしまったことから、レントゲン検査を行ったところ、骨に異常は見つかりませんでした。獣医とも相談をして少し休ませてどうなるか経過を観察することとなり、先週末は時計を出さずに楽をさせていました。しかし、今週に入っても歩様が安定しなかったことから、再度レントゲン検査を行ったところ、左前第三手根骨の剥離骨折が確認されて全治6ヶ月の診断が下りました。ここまで脚元の弱さと向き合いつつ、何とかデビューさせたいという想いで進めてきたのですが、叶わずに大変申し訳ございません」



和田厩舎及びノーザンファーム関係者の方たちが脚下の弱さと向き合ってきたのは紛れもない事実です。昨年の一連のコメントを振りかえってみましょう。

2019.05.24 
担当者「この中間も右前の出に硬さがありましたので、無理をさせずペースを落として調教を行っていました。しかし、22日の運動後の歩様が普段よりも悪く、跛行したことからレントゲン検査を行ったところ、右第三手根骨の骨折が判明しました。そして、24日に社台ホースクリニックの都合がついたことから、右前膝部分の関節鏡手術を行っています。また、その際にクリーニングの処置を行いました。程度としてはそこまで酷くはありませんので、今後は経過が順調であれば2か月後を目途に、トレッドミルでの運動を開始する予定にしています」

2019.09.20 
担当者「この中間は経過を確認すべく、改めてレントゲン検査を行った結果、右肘にボーンシストの所見が認められ、筋肉痛では無くそれが跛行の原因ではないかと疑っているところです。ただ、レントゲン上の所見があっても症状に直結しない場合もあり、少し休養を挟んだことにより、ダクをしないと分からない程度まで歩様が良化していることから、それが原因だと断定するには至っていない状況です。引き続き、ウォーキングマシンでの軽めの運動に留めて静養に努めるとともに、定期的に獣医に診てもらいながら状態の見極めを行う方針です。馬体重は500kgです」

昨年の春までは順調に進んでいましたが骨折。その後再度立ちあげる段階でボーンシストの兆候が見られました。過去に書いたブログに「もう一回同じようなアクシデントが発生した時には…」と書いているように、ここまでの経過はかなりキワキワの綱渡りのようなものだったと思います。今回骨折したアクシデント、改めて確認すると昨年骨折した逆側ですね。かなり早くから乗り込まれて結構順調に推移してきたんですが、「トモが弱いからも少し乗り込みたい」というコメントが出てその翌週に最初の骨折でした。トモが使えないので前脚に負担がかかっていたんでしょう。

なんとか脚が悪くならないように…とあまり攻めることもできなかった。一度入厩した際に和田調教師から「トモが弱くて…」というコメントが出たときにはやっぱり…という感じでしたね。でもなんとかデビューさせたいというのは伝わりました。ネット競馬とかを見ると給付金がどうとか確かにそういうことも事実なのかもしれませんが、この馬をデビューさせたいと努力してくれていたのは事実だと思っています。普通だったらもっと前に引退しておかしくないと思っているので。

だからこそ一度でも走る姿が見たかったですね。正直な話勝ち上がれるかどうかなんてもう別問題。パドックで歩く姿が見られれば良いし、競馬場で無事に走り終えれば良かった。レースに向けた一週前の強度の強い追切まではなんとか来れた…だからこそ一度走ってほしかったなぁと。未出走で引退した馬は全頭そう思うのですが、やっぱり走る姿を想像して出資しているので。それだけが残念。今後はサラブレッドオークションの繁殖部門に上場されるようです。無事に命あって繁殖にいけるなら良かったと思います。思い入れある一族なのでまたどこかで巡り会えたら。この馬のために努力をしてくれた担当者の方たちや、ボロボロになりながらも頑張ってくれたアステリアには敬意を表します。

先週土曜日の中山1レース、ダート1200mの未勝利戦でデビューしたハーモニクスは7着でした。
1042
武市康男調教師
「既走馬が相手でしたから、正直流れに乗りきれるかどうか不安でしたが、スタートを決めて促していくと、好位を取れましたね。良馬場で前半の3ハロンが34.4秒と言うことを考えれば、平均ペースだと思いますし、初戦から今日の流れで前に付けることが出来たのは大きな収穫です。また、津村騎手に話を聞くと『道中の雰囲気は良かったです。ただ、直線に向いて追い出してから物足りないですね。もっと脚を使えそうなのですが、経験の差なのか思ったより弾けなかったです。距離はもう1ハロン有っても大丈夫そうですよ』と答えてくれました。調教でも手応えの割に少しダラっと走るところがありますし、この馬の課題となっている部分が出てしまった感じですね。とは言え、今日はそれなりに上がりの速い競馬で、その中でも最後まで頑張ってくれていると思います。骨折経験もありますので、まずはトレセンに戻って馬体を良く確認させていただくことと、この中間は飼い葉食いが安定していませんでしたから、レースを使ってその点がどう変化するかを重点的に見てから、今後の予定を決めさせていただきます」

新馬戦の登録頭数が多いこと等を考慮して未勝利デビューとなりました。鞍上はこの予想通り津村騎手でしたね。武市厩舎シルク所属馬の主戦といえる存在なのでこの起用は良いものだったと思います。前回の記事でも書きましたが、調教師のトーンが上がってきていないということがあったので、どうしたもんかなと思いながらのデビュー戦でした。

パドックでの印象は悪くないものでしたね。デビュー戦でしたが重苦しい感じはありませんでした。それほど調教の本数を乗っていたわけでもないですし、仕上がりは早いタイプなのかもしれません。コンパクトにまとまりながらも確実に筋肉は存在している感じでした。骨折してデビューが遅れた経緯があるので今後どうかわかりませんが、芝で走れてもおかしくないような印象を受けました。

レースは五分のスタートから軽く気合をつけられて3番手のポジションへ。外の馬から被せられるのを嫌ったのか、そこを避けつつ内に入っていったのが結果的にキツイ展開になったのかもしれません。あそこでもうワンテンポ遅く行ければ掲示板はあってもおかしくなかったのかなと感じました。ただ、内に行ったことで砂も被りましたし、気合をつけて前に行くこともできたのでこれは今後に生きそうだなと思いました。調教師が事前に指摘していたように最後の直線でのひと伸びみたいなものはなかったので、これは今後の改善に期待したいと思います。思えば追切のタイムも全体時計的には平均以上だと思いましたが、ラストの1ハロンで13秒ギリギリ切るくらいの時計が多かったんですよね。脚元のことがあるので一杯に追切をすることがなかったのと、あとは実戦に行ってどれくらいというのがわかったので次走は変わってくるのではないかなと思いました。おそらく放牧となるのではないかなと思いますが、乗り込んで府中の牝馬限定ダート1400mとかに向かう感じでしょうか。

グダグダと色々書きましたが、とにかく無事にデビュー戦を終えることができて良かったです。昨年夏に後脚の趾骨(繋から蹄のあたり)の骨折をしてボルトが入っているわけですからね。この症状を検索してみるとまさにボルトで固定するレントゲンの写真とかが出てくるのですが、こんな状態で走ることができるなんて凄いなぁと素直に思います。思えば出資馬のグランシルクもこの骨折(前脚)で競争生活を断念せざるを得なくなっているんですよ。先日見学に行った際に元気な姿を見ましたが、スタッフの方に「ボルトが入っていますからね」と触れられる程度にはやはり正常ではないんでしょうし、パッと見てそれがわかる状態でした。そんなことを考えながら前日に色々と考えていたら、とにかく無事で走ってほしいなというのが一番に頭に出てきました。出走するからには良い結果を願うのですが、とにかく無事に一戦消化することができてよかった。もちろん一戦消化できたからといってこれからも大丈夫というわけではないのですが、このレースを経験できたことが馬にとっても厩舎関係者にとっても自信になっていれば良いと思うし、自分もそう信じようと思いました。力は備えているはずなので、いつか勝てると思っています。次は現地で見たいですね。

水曜日の大井競馬の自己条件戦で10着に終わったカプランのファンド解散が決まりました。
b53d1700556b46a9d11ca84d7b2fbd7e
※写真ターファイトクラブ公式HPより
楢崎功祐騎手
「馬が不器用で、コーナーでは常に外に張る感じになってしまい、能力を発揮しているとは言えない状況です。コーナーで外に張るので、そこで置かれてしまい、直線でも止まってはいないのですが、どうしてもこういった競馬になってしまいます。結果を出せず、申し訳ありません」
栗田裕光調教師
「調教であれだけ動ける馬なので、力的にはこのクラスでこんな競馬しかできないはずはないのですが・・・。ただワンターンの1200mに使うと言っても、今日騎乗した楢崎騎手を含めて、この馬には1200mの流れは忙しいというのが評価ですし、また、最近は大井でも登録の際に成績が考慮されるようになり、登録頭数も多く、今開催も除外馬も出ており、このまま使うにしても次はそれらが優先されるので、そのあおりで除外される可能性もあります。残念ですが潮時かもしれません」

怪我から復帰した後のこの3戦、決して悪い内容だったとは思わないというのが正直なところです。ただこの条件でこの走りしかできないとなるとこの先は…というところに疑問符がついたのが前走後の更新からも明らかで、そのため正念場(悪くても馬券圏内?)というのが義務付けられたレースでした。レース前のコメントでは調教師から「騎手はスタートから出していかなくても流れに乗せられる」とコメントをしているという話だったのですが、スタートからムチは入るはガシガシ追われるわ…で何が起きているのかさっぱりわからなかった上に、流れに乗るどころかどんどん位置取りは後ろになっていって4角を回る頃には大外というレースぶりでした。この騎手と調教師の間で行われていた会話は一体なんだったのでしょうか…?思えばこの調教師は「騎手はこう言ってる」的な会話が多くて、デビュー前の会報では「矢野騎手が惚れている感じ」とかそういうコメントが多かった。の割に更新された調教動画のとかの動きはイマイチ動ききれている感じがしないなぁ…と思って迎えたデビューはあんな感じでまあそりゃそうよねという感じでした。カプラン募集の頃にはツアーたったりファンミーティングだったり顔を出してたのに近頃すっかり顔だしませんもんね。管理馬他にもいるのに。登録しても除外になってしまう可能性があるから潮時ってのも最高にダセェ。まぁ明らかにやる気がなくなってるんでしょう。

この馬は矢沼ステーブルでの調教見学会に参加して出資をした馬でした。トウケイタイガーやソルテの従兄弟という血統背景に気に入り、馬体にもある程度納得することができたのと、初年度世代の出資馬シルクエドワーズ以来に南関東競馬に所属する馬でチャレンジしてみたいということで出資した馬でした。またそれと同時に馬体について再度勉強したいというきっかけになった馬ですね。当時はこの馬踏み込みが力強く、ちょっとトモの送りが怪しいけど時間とともに改善されていくイメージでした。レースぶりを見ると最後に脚を使えたのは大井の外回りで、内回りに対応できませんでした。騎手コメントにもある通りコーナーの度に減速してしまうイメージで、競争生活を通して後ろがしっかりしてこなかったなぁというのがあります。今思えば踏み込みが力強いのではなく、繋がダート馬らしく固く、曲飛気味で力がないために着地だけ力強く見えるだけだったんだなと。自分はこれを現地でジャッジしているのですからシンプルなミスですね。このトモの弱さを持ちながらも恐らくカプラン自身は常に全力で走っていたのだと思いますが、コーナーとかで減速する原因が気が入っていないからという認識になってしまい、弱い身体で続戦されたことから怪我をしてしまいました。復帰後は集中していないとか言われなくなっていますからね。

ターファイトはいわゆる損切りということが可能なクラブです。怪我した後明らかにこの馬の出資者たちはいなくなりました。ツアーで自分にこの馬のことを熱く語っていた人とかすら普通にいなくなってますからね。気持ちはわかるけどもうちょい待とうぜというのが心のなかにずっとあって、それでも恐らくそうやって出資者がいなくなることでより活躍が求められ、結果ほぼ1年の休養後に3ヶ月の成績不振で打ち切られてしまうのですから悲しいことです。競走馬はお金を出す人がいて成り立つですからしょうがないことなんですがね。

自分個人としてはカプランを通して再び南関東競馬に関われたこと、二頭目の出資馬の初戦の鞍上が矢野貴之騎手でえらく喜ばせてもらったこと、身体がしっかりしないながらも出走できるタイミングでは休むことなく毎回走ってくれたことに感謝しています。引退は引退ですが、この後は馬主が代わり金沢競馬で走るそうですから、また元気に走っている姿がみれれば良いと思います。復帰後3戦しかしていませんから消耗も少ないでしょうし、レースを走ることでトモに力がついてくれば活躍できるんじゃないかなと思っています。シルクエドワーズの時も不本意な形でしたが、カプランはまた違う意味で不本意な形になってしまったなぁ…結局地方所属馬(中央所属とか再ファンド的なのは除いて)で勝利をあげることができませんでした。もっともっと勉強していつか南関のクラシックに参戦できるような馬に巡り会いたいなということはまた改めて思いましたし、お金を払う価値があった馬だと思っています。楽しい思いをさせてくれてありがとうございました。

このページのトップヘ