Sweet dreams

カテゴリ:現役出資馬 > サルトアトランテ


e6941fbec81f3562e05de7f2fa288fc5
 ※画像はシルクホースクラブ公式FBより
前走から約2ヶ月ほど間隔を明けてのレース。しがらきの担当者が「ダート馬っぽい体つきになってきた」ということを言っていたので、パドックを楽しみにしていた。実際に動いている姿を見ると確かに前よりも肉付きが良くなったように感じたし、状態も良さそうだと感じた。

レースは好スタートから7番手を追走。この馬自身が外枠から出来るだけ内にポジションを取ろうとした時、前はかなりの攻防を繰り広げたため結果的に速いペースとなった。追走はそこまで苦労していなかったが、ジョッキーがコメントをしていた通り、外から被せ気味に来たため、もうひとタメできる展開とならなかったのが痛かった。結果的に早く動かざるを得なくなったが、それでも僅差の4着に残るのだから立派な内容だと思う。

自分は正直3角から4角の揉まれたところでやる気を無くさないか心配していた。この馬はいつもそれなりに難しい展開になることが多いのでそういう馬なのかもしれないが、タフに走ることができる。被せられても包まれても走り切ることができる馬だ。今回は展開が向かなかったと完全に言い訳できると思う。続戦で次走走れそうというのもかなりの収穫だ。この調子で一歩一歩進めば、あと2クラス上くらいまでは見えても良いのではないかなと思った。

土曜日の阪神1レースのダート1400mの未勝利戦に出走したサルトアトランテが勝利しました!
c9f49516db458796525290b171c60d8b
※画像はシルクホースクラス公式FBより
川田将雅騎手
「気難しいところがあると聞いていましたが、返し馬は担当者の方に引っ張ってもらったこともあって、ゆったり歩いていましたし、ゲートの駐立もとても大人しくしていました。いいスタートを切りましたが、これまでの競馬を見ると、ポジションを取りに行くと、最後が甘くなっていたようなので、内の馬を見ながら自分のリズムで走らせました。外々を回る形ではありましたが、直線では楽に先頭に立つことが出来ましたし、ゴール手前で2着馬に詰め寄られたものの、軽くステッキを入れただけでもうひと踏ん張りして凌いでくれました。まだトモがしっかりしていない為に伸びたような走りなので、前半からポジションを取りに行こうとすると、これまでのように終いが甘くなってしまうと思います。完成されるまで今回のような競馬を続けていれば、いずれは型に嵌ってくるようになるでしょう。条件に関しては、いずれは芝に戻すのも良いのかもしれませんが、競馬と同じで成長するまでは同条件に出走させる方が、余計な気を使わずにいい精神状態でレースに臨めると思います。1番人気の支持を受けていただけに、いい結果を出せてホッとしています」

西園正都調教師
「先日はおめでとうございました。川田騎手がこれまでの競馬を参考に馬のリズムを大事にしてくれたのがいい結果に結び付きましたね。勝つことが出来ましたが、まだしっかりしていないところがありますし、川田騎手が言っていたように、完成するまでは成長を促しながら大事に出走させていく方が良いと思います。今後の予定はトレセンに戻って状態を確認したうえで検討させていただきます」

まずは今年初めての勝利。そして自分としてはアドレの新馬戦以来ほぼ1年(大雑把)ぶりの勝利を上げることが出来て本当に良かったです。あとからブログを上げる予定でいますがサッカーを見に行っていて周りに人がいっぱいいるなかで声を上げることができず、心の中で叫びながら勝利した瞬間に思わずガッツポーズをしてしまったくらい嬉しかったですね。LINEやTwitterでも多くの人からお祝いの言葉を頂いたのも嬉しかったです。この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。なんか久しぶりだったのですごく嬉しかったですね。はっきり言ってサルトアトランテは勝ち上がれると思っていた馬でした。と同時に運やら展開の助けやらが必要だなぁと思っていたのも事実。能力はあるはずなんだけどさてどう糸口を見つけようかという感じでした。

勝ったレースっていうのはすべてが上手く行ってる(様に見える)ので、下手だけど勝ったなみたいなレースって出資馬ではないのですが、今回の川田騎手ほど騎乗に助けてもらったという様に思えたレースはありません。いつもインに閉じ込められてしまう馬を難なく外に出して4角回るときには先頭に立って伸び伸びとレースをしているのを見るのは初めてでした。馬のリズムを大事にすればいつの間にかインに閉じ込められてしまうし、それを嫌って少し早めにスパートすれば調教師の言うように未完成なので伸びきれずに終わってしまう。自分は川田騎手が今回の鞍上に決まった時、もちろん勝負に行くタイミングだと思ったのでありがたいと思った反面、勝ちに行き過ぎて沈むのではないかと思っていました。でも全然そうじゃなかったですね。もちろん大前提で勝つというのはあるのでしょうが、川田騎手の場合は、適切な形でレースを運んでそれで負ければしょうがないという騎乗に見えました。ポジションを取りに行ってるわけじゃないんですよね。自分のリズムで走らせているだけ。自分のリズムを阻まれそうなときにだけ抵抗する(力を使う)という感じで、極力ストレスの無いようにレースを進めているように見えました。勝てる力があるんだから前で無理にでも押し切れるとか、詰めが甘いからポジションを下げるということではなくて、走る力があるんだから適切な位置でレースを進めようという感じ。勝ちを前提にレースを組み立てるというよりは、レースの中で勝ちに近付こうとしている感じがしました。もちろんそうじゃない馬もいると思いますが、サルトアトランテには現状この乗り方があっていたんだなと思います。何を言ってるかわからないと思いますがこの馬のパトロールビデオを全レース見てもらえればなんとなく言いたいことは伝わるじゃないかなと思います。川田騎手に乗ってもらえたことは幸運でしたし、リーディングジョッキーの凄さを感じました。

関西馬にしては珍しいくらい現地に行っていて、デビュー戦含めて3回現地で見ています(しかもすべて口取りを待機した状態で)が勝つときはこんなものですね。何度も見に行った馬なのでとにかく未勝利を脱出することができてよかった。伸び伸びと走る姿を見れたことが何より嬉しいし、いつもレースを頑張ってくれる馬なので良かったです。川田騎手がコメントでも触れているように返し馬のときはいつもゲート裏まで厩務員さんが引いて歩いているような馬なので、関係者の方たちにもおめでとうとありがとうを言いたいですね。走りを見ていてもなんだか芝のほうが良さそうなフットワークをしていますし、言及もされていますから、そういった可能性も含めてまだまだ付き合える馬だなと思います。伸びた走りって言われるとどうなんだろと思うかもしれませんが、自分の過去の出資馬にも伸びたフォームと言われていたグランシルクという馬がいて、成長して走りが固まって重賞まで行きました。もちろんそこまでとは言いませんがサルトアトランテにもこれからも頑張ってほしいですね。


先週の土曜日中京1レースの未勝利戦に出走したサルトアトランテは3着でした。
IMG_6514
斎藤新騎手
「ゲート内で一回立ち上がりましたがその後は大丈夫でしたし、タイミング良く出ることが出来ました。行こうと思えば行けなくもなかったですが、厩舎サイドから逃げないで欲しいと言われていたので、いったん引きました。道中は逃げ馬の後ろをロスなく運んで直線で前の2頭の間を割ろうとしたのですが、スッとした脚がなくて入りきれませんでしたね。直線半ばで外へ切り替えてから追ったのですが、体が伸びきるようなところはなく、走り方は良かったと思います」

西園正都調教師
「今回も返し馬を行わずにゆっくりゲートまで行きましたが、その際は特に煩いところを見せることはありませんでした。ただ、枠入りしてすぐ立ち上がってしまった為に、発走委員から注意を受けました。でも、すぐ体勢は整いましたし、レースではジョッキーが焦ることもなく、指示通りのポジションでレースをしてくれました。ただ、道中の手応えの割には追い出してからが案外でしたね。ただ、最後は伸びていましたし、先行策を取るよりは今回のように前に馬を置いて脚を溜める競馬の方がこの馬の持ち味が活かせそうですね。勝ち馬は抜けていましたが、それ以外は差がないですし、相手次第ですぐ順番が回ってくると思います。優先出走権を獲りましたが、発走委員から注意を受けたこともありますし、数日間ゲート練習を行った後は、心身ともにリフレッシュさせるために一旦牧場へ戻す方向で考えています」

IMG_6515
メンバーを見た時に結構骨っぽいメンバーが集まっているなぁ…と思いましたが、対戦相手側から見ればサルトアトランテもそう映るのだろうという感じで、要するにどっこいな感じのメンバーかなと思っていました。今回は連戦ということもあって調教本数も少なかったし、調教のタイムもいつもより出てなかったのでどうかな?という感じでした。控える競馬を示唆していたこと、そして距離短縮がうまい方に向けば勝ってもおかしくないとは思いましたけどね。

パドックで見た印象は正直あんまり良くないと思いました。なんというか特に変わってはいないという感じなのに、馬が若干硬くなっているように映りました。それが使い込んでのものなのかわかりませんが、時期的なものもあってイマイチなのかなと言う感じ。思えば前の中京のときも毛艶はどうかな…という感じだったので、そういう馬なのかも知れないと思いました。連戦するよりは短期で出して使ってというのを繰り返した方がいいのかも知れませんね。そんな感じのことをレース前は思っていました。
IMG_6516
レースは好スタートを切るも先手は主張せず内に入りました。騎手がコメントでも出しているように出さないというのを感じたので、うまいこと抜けて来られたらいいなぁと思いましたが、結果的には内から抜け出せず最後の直線では外に持ち出し3着。この日のレースこの日の枠順で勝つ方法は正直考えが突かなかったし勝ち馬が同列の外側で塞ぐように構えていたら勝てないよなと思いました。レース前は正直そういう「イメージから大敗するかもしれないなぁ…」と思っていたんですよね。それとほぼ同じようなイメージのレースが進められたのでよく頑張ったなというのが感想。スタートから主張していけば前に行った馬のように潰れていたと思うし、かと言って後ろから行っても勝てるくらいハッとする脚を使えるとは思いません。今回のレースはどうあがいても勝てなかったと思うので個人的にはよく走ったなと思います。中京に遠征して口取りも持っていたけどスッとそう思える感じでした。

このレースに関してはそう思いましたがレース選択はどうなのかなと思います。こういう芝もダートもある程度こなしてしまう馬っていうのが一番むずかしいんだと思いますが、個人的には芝の方がしっかり走れているんじゃないかなと思うんですよね。前も書いたと思いますが1400はちょっと短い気がするし、芝の1500mくらいが良さそうな感じですがそんな都合の良い条件はあんまりないですしね。もちろんこれだけ走れているので同条件でもいいのかなとも思いますが、勝ち切るにはなにか工夫が必要な感じがします。こんなにスーツ着て遠征してレース観戦している馬もいないので勝ち上がってくれれば。

余談ですがこのレースを見て鞍上の斎藤新騎手はうまいなと感じました。スタート決めるところもそうだし確実に選択肢をもってレースを進めているなという感じ。パトロールビデオを見るとこのレースでコメントのように常に馬の間を狙っているのがわかったし、間が抜けられないと判断したらすぐに外に切り替えたしなにより追い方がきれい。いい馬に乗って自信もつけているんでしょうが、確かにこれは馬が集まる騎手だなと思いました。突き抜けてほしいですね。あんまり新人騎手のデビューしたてに乗ってもらうことが今までなかったのでこれもなにかの縁だしいつか出資馬で勝ってくれれば。お父さんには散々お世話になりましたし!!!!!!

先週土曜日小倉のダート1700mの未勝利戦に出走したサルトアトランテは3着でした。
ff409ec612ad80d7a9d48b52e8906beb
※画像はシルクホースクラブの許可を得て掲載しています
北村友一騎手
「二の脚はそこまで速くありませんでしたが、先団を見る形で上手にレースを運ぶことが出来ました。ただ、勝負どころでペースが上がると体が伸びてしまって、その影響で最後の直線では良い脚を使うことが出来ませんでした。この馬なりに成長していると思いますが、まだ詰めの甘さを感じますね。距離は1,800mぐらいまでなら問題ないと思いますので、バランスの取れた走りが出来るようになれば、すぐチャンスがあると思います」

西園正都調教師
「小倉までの輸送も問題なく、良い状態でレースに向かうことが出来ました。勝負どころまでジョッキーが上手く乗ってくれたと思いますし、普通なら勝ちパターンのレース内容でしたが、最後は伸び切れませんでしたね。サルトアトランテなりに成長していますが、追い出してフォームが伸びてしまうということは、まだ成長段階なのかもしれません。優先出走権を獲りましたが、長距離輸送の後でもありますので、トレセンに戻って状態をしっかり確認したうえで今後の予定を検討させていただきます」

強い馬はいるなぁと思っていましたが状態も良く勝てるかなぁと思いましたが甘くありませんでした。中2週から3週ということなので中京ダート1800mあたりかなと思います。芝だと溜めて切れるような雰囲気なのですがダートだとワンペースなのがちょっと気がかりです。ただ勝てる水準には十分あるのでなるべく早いうちに決めたいですね。

IMG_6375
斎藤誠調教師
「この中間も軽めの運動で様子を見ていましたが、脚元を含めて疲れは見られませんでしたから、28日に坂路コースで時計を出しました。まだレースまで時間はありますし、単走で終いサラッと脚を伸ばす程度でしたが、動きに問題はありませんでしたよ。この調子で徐々にピッチを上げていき、競馬に向けて態勢を整えていければと思います。鞍上は前走に続いて岩田康誠騎手に依頼しています」

アグレアーブルのラストラン。鞍上は岩田康誠騎手に決まりました。3月16日フラワーカップの日です。

IMG_6377
キャプテンロブロイは今週帰厩して福島開催のレースを目指します。成績的にそろそろ走る姿が見せらられないとキツイかもしれませんので頑張ってほしいところ。
IMG_4898
ゼアブラヴは術後順調ですでにハロン15秒程度で走れています。この調子ならGW明けくらいには移動して6月くらいのレースには出られるかも知れませんね。能力はあると思っていますので手術によって解消されたなら楽しみです。
IMG_6376
フロントラインは今週から乗り始めたみたいですし4月中に帰厩して府中で走れればという感じでしょうか。次走はダートの短距離でしょうし変わり身が見られればと思います。
180819_1
※画像はユニオンホースクラブの許可を得て掲載しています。
アドレは完全オーバーホール状態から恐る恐る立ち上げという感じです。気持ちが切れない程度に最高まで乗り込む。ガラス細工みたいな馬ですが、だからこそ作り上げることができれば一級品になれると思うのでなんとかなってくれ~頼む貢~。
12a583
※画像はターファイトクラブの許可を得て掲載しています。
グロリアスホープは再調整を兼ねてチェスナットファーム阿見に居ます。この写真を見ると絶対こんな成績の馬ではないと思いますし乗り込みを重ねて強くなれれば。
18c003
※画像はターファイトクラブの許可を得て掲載しています。
カプラン
は来週からの大井開催に出走予定。3月7日の1400mみたいですね。鞍上は未定と出ていますが替える理由もないでしょうし断られたとかでなければ達城騎手かなと思っています。調教師の少しずつスピードがついてきたというコメントをちょっとだけ信じています。

マーガレットリバーは再調整を兼ねて吉澤ステーブルwestへ。トモを強化するためにフラットコースでの調教を積むとのこと。次走は5月とか6月でも良いのでしっかり乗り込みたいところですね。

直近の出走はカプラン、アグレアーブル、サルトアトランテでしょうか。どれか一つでもいいので勝ちたいところです。全然関係ないこともないですが、ファンディーナの妹クードメイトルが土曜日の4レースに出走予定です。既走馬相手なので甘くはないですが調教はかなり走っていますし楽しみですね。鞍上も川田騎手なので結構ガチなのかなと思いました。

先週の日曜日中京1レースに出走したサルトアトランテは4着でした。
IMG_6098
川又賢治騎手
「積極的なレースをしてほしいと指示をいただいていましたので、ゲートを出てポジションを取りに行きました。ハナに立つことは出来ませんでしたが、2番手で勝ち馬をマークしながらレースが運べましたし、リズムよく追走出来ました。相手の手応えが良かったので、早めに捉えに行きましたが、その分ゴール手前で止まってしまいました。追い出しにかかるとまだトモがしっかりしていないことで真っすぐ走り切れていないところがありましたし、それを考えるとバテながらも最後までよく頑張ってくれたと思います」
西園正都調教師
「前回は少し消極的なレースでしたので、今回は積極的なレースをしてもらいましたが、結果的に勝ち馬を追いかけた分4着に敗れはしたものの、オーダー通りの競馬をしてくれました。勝ち馬は一枚力が上でしたが、2~4着までは差はなかったので、相手次第でチャンスはあると思います。ジョッキーの話ではまだトモの甘さを感じたようですし、これから成長していけばもっと良いパフォーマンスを見せてくれると思いますよ。この後はトレセンに戻って馬の状態を確認したうえで検討させていただきます」

FullSizeRender
口取りに当選したので現地で観戦をしていたのですが、実際に中京競馬場で出資馬のレースを見るのは初めてでした。出資馬のレース観戦をするにあたって都合の良い競馬場なんじゃないかなと思っていましたが想像通りでしたね。パドックから馬場まで近いし、パドックも見やすい。そして何より関係者の観戦スポットがわかるのが好きなんですよね。パドック周回時に西園先生が来てるのはわかっていましたが、馬場入場後も上のように真剣な眼差しでサルトアトランテを見ていました。パドックでのサルトアトランテの状態は悪くなさそうでしたが、新馬戦入場時に一悶着あったので、馬場入場後キャンターはせず、常歩でゲート裏まで行っていました。だからこそ最後まで見届けていたのだと思いますが、こういう側面が観れるのは嬉しいし、ありがたいことです。

このレースの直線に入ったところの映像を見ればわかりますが、勝ったスポーカンテソーロに比べると本当に華奢です。レース展開的にどうあがいても2番手がきつかったと思うし、外を回されましたから非常にきついレースでした。まぁそういう条件が重なっても勝つ馬がいるから強いと評価されるわけですが、普通に考えたらきついレースで、そこを最後まで粘っているのですから評価したいなと思っています。前走は1400が短いのかなとも思いましたが2走目で対応していましたし、芝でもダートでも勝てるだけの能力はあると思いました。だからこそこういう馬は厩舎力が問われると思うし、でも信じられるなと思った良いレースでした。次走も楽しみにしています。



このページのトップヘ