Sweet dreams

カテゴリ:現役出資馬 > グロリアスホープ

1月31日の日曜日、東京競馬1勝クラスダート1600mのレースに出走したグロリアスホープが見事に勝利しました!

田辺裕信騎手
「ペースが落ち着いたことで、道中は脚を使わせず余力を持って追走することができました。直線で少し甘くなるところがありましたから、我慢して走れたことが良かったようです」
矢野英一調教師
「今日はパドックでも落ち着いて周回できましたし、ペースも落ち着いていて、道中はじっと我慢ができて、良い手応えで直線に入れました。時間がかかってしまいましたが、ようやく勝ち上がることができてホッとしています。このあとは、中1週で2勝クラスのダート1600mの番組がありますので、馬に問題がなければ出走させたいと思います」


クラスで13戦しているグロリアスホープのことなので、基本は対戦相手は関係なく、自力は上位だと思ってレースを見ていますし、それゆえに枠順であったり、臨戦過程に注目をすることが多いですが、今回はシハーブという能力のある馬が対戦相手とわかっていたので「どうしてここで当たってしまうかなぁ…」という気持ちで一杯でした。過去の記事を見てもらえばわかりますが(その周辺の記事はハスり過ぎててリンクしたくない)シハーブは自分も出資申込をした馬です。当選すると思っていなかったのであまりそういう意識もないのですが素晴らしい馬です。今回1年半ぶりの出走になるのはハンデとなってくれると思うし、それが時の運として結びつくのか…果たして…というのがレース前の気持ちでした。

休み明けは次を見据えて余裕残しとなることが多く、今回も例に漏れずそうだろうと思っていました。直前の調教では動かないとは言え動かなすぎじゃないかという感じでしたし、あまり体重の増減がない馬なので+8㎏も気になりました。しかし、パドックで見た姿はいつもよりも引き締まって見えましたし、落ち着いて周回している姿も見られたので、これなら力を発揮してくれるかなと思いました。

レースは好スタートから3番手を追走する形になりました。ペースが落ち着いたのが勝因として大きかったと思いますし、目標にされることが多かった中で、久々に自分の競馬ができたというところでしょうか。やはりこの馬は一瞬のフワッとした脚が持ち味で、残り300mくらいからリードを作ることができるか、そもそもそこで脚が使えるようなレース展開かどうかというのが大きいですね。この日に関して言えば、みんな斜め後ろに意識が行っていたおかげで好きな形でレースができたというところでしょうか。未勝利戦を勝ち上がった時のレースや、19年の10月に2着になった時のレースなんかと同じような形で、これは一つのパターンだと思います。鞍上が上手く導いてくれたのも本当に大きかったです。

表現が難しいですが、この馬の勝利数が一つ増えたことが本当に嬉しいですね。今まで散々悔しい思いをしましたからね。いつも頑張ってくれるので着順が良いレースは幾度となくありましたが、この形なら勝てると思いながら見たレースは久々でした。だから力が入りましたし、太ももは叩きすぎて真っ赤だったし、興奮しすぎてレース後はちょっと動悸がしました。それくらい力が入ったし、こんなに嬉しい勝利は無いと思いました。ずっとこの馬に先頭でゴールして欲しかった。やっぱり悔しい思いは最高のスパイスになりますね。この馬に出会えて本当に良かったと思いました。クラスが上がりまた勝負が始まりますが、いつも頑張ってくれる馬なので、これから先も楽しませてくれると思っています。勝ちパターンの話をしましたが、数多くの負けたレースを経験して上のクラスに挑めるのは絶対に良いと思っています。どんなレースをしてくれるか楽しみです。本当におめでとうという気持ちです。


11月21日の東京競馬第7レースに出走したグロリアスホープは7着でした。
スタートから軽く促して2番手を進む形になりました。一番人気の馬に斜め後ろに張り付かれる形でかなり厳しい展開だったと思います。自分はちょうど直線に向いた辺りからリアルタイムで観戦したのですが、良いときに見せる一瞬のフワッとした抜け出し方をしたので勝てるのではないか…と思ったタイミングでの強風。なんでかなぁ…風が無ければと思わざるを得ません。タフな馬だけど結構繊細な馬なんですよね。止まったとは思いませんが風でやる気を損ねた気もしますし、後続の伸びを考えれば風をもろに受けたのは間違いなくあると思っています。勝った馬はグロリアスホープの後ろをぴったり来ていた馬だったので…うーん…。良い目標にされちゃいますね。

先週を予定していたのですが、トモの疲労で先送りにしてのレースだったので、あんまり期待しちゃいけないかなという気持ちが正直ありました。それでもこういうレースを見せてくれるし頭が下がります。同じ条件でも重馬場で速い決着から、こういうスローで時計が掛かる展開でもしっかり対応してくれているんですけどね。なんとか報われて欲しいものです。矢野先生のことなので状態次第で来週もあり得ると思いますが、疲労度もあると思うし、結構成長してきたと思うので、そろそろ違う条件も良いのではないかと思っていますがさて。来年の1月までスキップでもしょうがないかな。ホント悔しいですね。絶対勝ち上がるとき競馬場で死ぬほど叫びたい。


同じく東京競馬第9レースの西湖特別に出走したルコントブルーは5着でした。
こちらもかなり期待していたのですが、プラス18㎏というのを見てまずは力試しという感じと思いました。脚元に難しいところがあって大事に使われている馬ですし、中間もびっしりという感じではないのでこれは仕方ないですね。ただレースセンスがある馬だと思っているのでスタートから少し後手を踏み気味だったのは意外でした。結果的には前につけていても後ろにつけていてもそんなに変わらなかったかもしれませんが、ちょっと身体が重かったのはあったかもしれませんね。タイム的にもう少し速い時計に対応できるはずなので。

とは言え自分は1600mは短いんじゃないかなと思っています。春先にキタノオクトパスといい勝負できたり、実際1勝クラスを勝ち上がれているのですが、本来は1800m以上の馬かなと思います。大型馬ですがコーナーで加速することもできる馬なので、中山の1800mで見たいですね。ショウナンナデシコという馬はこの馬が今後上に行くうえである意味力を計れる馬になるかと思ったんですが思う通り行きませんでした。次走は中1週で舞浜特別…とは思えませんので年明けかな。

久々に悔しいなと思って文章に起こしました。感情に訴えかけてくる出資馬は大事にすべきだと強く思いますね。



 月に一回全頭のことを書いているので、勝ちを除けばレースごとに個別の感想を書くのをやめていたのですが、熱くさせてもらったので書いています。

2020-06-21 阪神6R クォリティタイム
6月21日阪神競馬6R、混合、3歳以上1勝クラス・ダート1400mに出走しました。馬体重は前走からマイナス2の470キロ。やや遅れ気味のスタートから流れに乗れずに後方3〜4番手から。芝からダートコースに替わるとスイスイと進んで、向正面では、隊列の真ん中まで進出。3コーナー過ぎから、捲り気味に先団を捕らえに行き、前から7〜8番手も横並びで最後の直線に向くと、馬場の外目から1完歩づつ詰めて行くも、最後は内、外から4頭の激しい叩き合いとなり、僅かながら競り負けてしまい、勝馬から0秒1差の4着でした。高橋義忠調教師は「ゲートの中でゴトゴトしてしまってあの位置からになってしまった様です。初めての距離で出遅れたので、もっとモタモタするかと思いましたが、追走も楽でしたし、しっかり対応出来ていましたね。当分はマイル前後が合いそうです。荻野騎手も『3コーナーでの手応えから差し切れると思いましたが、スパッと行かないのはまだ馬体が幼いから』とのことでした。馬体に異常が無ければ、権利も取れたので続戦する方向で進めさせて下さい」とのことでした。

3月の中京以来のレースでした。距離短縮はプラスに出ると思っていましたが、やってみなきゃわからないことも多く、ダメージの多そうだった前走から立ち直っていてくれればと思っていたので、期待はしつつも控えめにという感じでした。どんなレースができるか。ダメでも次につながるようなレースならというがレース前の気持ちでしたね。

レースは出負けして後方から。正直芝スタートの外枠の利を生かしてスピード試しみたいな展開を想像していたので、出負けした時点で「何か良い感覚だけでも掴んできてくれ」という気持ちでした。ただ3コーナー辺りからの手ごたえが素晴らしく見え、ひょっとしたらひょっとするかも…という感覚に変化しながら4コーナーを回りました。直線は勝てると思いましたね。正直こういうレースができるというのは想像していなかったので良い意味で想像を超えていきました。だいぶしっかりしてきたように見えましたがそれでもまだトモも高いし、成長の余地を残し、それを把握してもらったうえでレースに使えているのでこれは楽しみだなと思いましたね。条件的には中一週で使うのかなと思いますが、馬に合わせて中3週でも良いかな。次走も楽しみです。

2020-06-20 東京8R グロリアスホープ
6月20日、東京競馬8R、3歳以上1勝クラス・ダート1600mに出走しました。馬体重は前走からマイナス4の498キロ。タイミング良くゲートを出て前方につき、芝からダートに入ると流れが落ち着き、6番手から。徐々に上がっていき、3コーナーを4番手、4コーナーを5番手で通過。直線に向くと1~4番手の馬が横並びになった後ろの位置について、残り400mで4頭の外に持ち出して追い出されると、しぶとく伸びて、3頭を交わしますが先頭の馬には届かず、また大外から勝馬にも交わされてしまい、勝馬から0秒3差の3着でした。矢野英一調教師は「先週のレース後も馬の状態は良く、元気もありましたので、今週の出走を決めました。昨年連闘した時は結果が出せなかったので、見えない疲れがあるのではないかと心配もありましたが、馬はよく頑張ってくれました。力を出し切れたと思います。レース後は今のところ脚元にも問題ありません。4戦続けて頑張ってくれましたから、この夏はしっかりと休ませてあげたいと思います。近日中に放牧に出します」とのことでした。

前走は持ち前のファイトを生かした好レースでした。短い間隔で3戦使ってきて、その中であのレースだったので「確かに府中で出走させるなら連闘しかないけどダメージがあるんじゃないかなぁ」という気持ちでした。道悪の中でのファイトだったし、ここで無理して欲しくはないけど、でも勝った時に乗っていたレーンだし、府中がベストなのは間違いないし…と色々な気持ちがあったので、あまり期待せずに見ようと思っていました。

レースは五分に出ましたが速い馬の勢いが勝り5番手を追走。正直な話、馬群でレースを進めて伸びるイメージがなかったので、この時点で自分は無事にレースを終えてくれればモードになっていたのですが、普通に考えれば悪い位置ではなく進められました。4角を回って外に進路を求め、パッと視界が開けるまでは想定通り、でもそこから確実に前を捉えようと伸びてきたのは初めてのことでしたね。ブリンカーをつけて一変している馬なので、おそらく馬群はダメだったはず。そんな中でもレーンが見事なエスコートをしてくれましたし、そこから伸びてくるグロリアスホープを見ることができたのはちょっと感動を覚えました。

ここからグロリアスホープはしばらく休養です。普通に考えれば秋の府中まで、一度中山を使ってということも考えられますが無事に走り切って休養に入れるのは良かったと思います。正直ほぼ必勝を期してのこの春シーズンでした。成績だけ見ると勝ちきれなかったというイメージになってしまうかもしれませんが、タフな流れでもひと足使えるレースを披露してくれましたし、一年前はダメだった不良馬場や連闘を克服。そして馬群から伸びるレースもやってくれました。このクラスで力的に上位なのは間違いないことです。だからと言って勝てると限らないし、サラブレッドは崩れるときは本当に脆いもの。色々な形から4戦すべて掲示板を確保したのは讃えるべきでしょう。連闘で新味をみせてくれたというのはホントに素晴らしいことで、胸が熱くなりました。秋にはこのクラスを突破して、2勝クラスでファイトしてほしいし、そんな風にいつかオープンのレースまで届けばいいなと。自分にパワーを与えてくれる馬です。秋にはまた何か一つでも成長した姿を見たいですね。本当に頭が下がります。

グロリアスホープが急遽出走することになったので、有馬記念開催日に中山にいました。
IMG_7826
中2週での出走となりました。当初は放牧予定でなんなら牧場見学を申し込んだら「いやまだ放牧してないです」という返答が来て死ぬほど焦ったのですが、何はともあれ出走してくれるというのはありがたいことだなと思いました。パドックで見た感じはプラス12キロが示すように若干太いなということと、ここ最近テンションが高いなというのがありましたが、条件が噛み合えば勝てるだろうなという感じでした。

レースは絶高位から進めて8着でした。スタートしてから1コーナーに向かう間に小競り合いはありましたが、それ以外はスムーズな形で(パトロール見れていませんが)だったので3角から4角回るまではほんと勝つんじゃないかなと思っていました。レース前にも思っていましたが、仮にその形になって負けたら能力じゃなく距離だなと思っていたので、結果的にはその通りだったのかなと。
IMG_7827
レース後は即検量所前に行きました。上がってきた石橋脩騎手が何かを厩務員さんに伝えてるのはわかりましたが「距離」というワードしか聞き取れませんでした。ただその一言で伝わりますよね。今回完全に距離が長いとわかりましたし、レース後の調教師のコメントでも向いてる府中マイルを目指すと出ました。ただダート1600mの競走は府中しか存在しませんし、そこしか走れないというのもそれはそうで難儀なもんです。個人的には身体が出来てくるにつれて硬くなってきたんじゃないかな?という風に思っていますが、それは関わっている人が一番わかることなので、より良い方に導いてくれてたら。今年通算で11戦をしてくれました。これは自分が出資馬の中での年間レコードの記録です。本当に素晴らしいな。1月にデビューをして勝ち上がり、そしてこれだけ走れるのはありがたいことです。1勝クラスはもちろん2勝、3勝クラスまで食らいつきたいですね。それができる馬と思っています。


近年稀に見る好メンバーとなった有馬記念はリスグラシューの完勝で幕を閉じました。まずは個人的な予想を。
◎リスグラシュー
○アーモンドアイ 
以下スワーヴリチャード、スティッフェリオ、エタリオウ、レイデオロ、キセキでした。

結果についてはここに見にきてくださる方で知らない人はいないと思うので割愛します。予想の根拠はとにかくリスグラシューとアーモンドアイが抜けていて、外枠は厳しいのではないか?というところだけでした。アエロリットが逃げるハイペースを前で追っかけた馬は軒並み倒れるというレースになりました。宝塚のペースを前で受けて突き抜ける。有馬記念を早い流れで後ろから差して突き抜けるというレースができる馬を強くないという人はいないでしょう。完膚なきまでに強い内容でした。

自分はこれを見てアーモンドアイを弱い馬だと思いません。しかし向いてない訳ではないと思っています。競馬予想TVでよく小林氏がトランポリン馬場という表現をされているように府中の時計が出る中では最強馬というのは揺るぎのない事実ですが、それでも今回突き抜けたリスグラシューに差される凌ぐぐらいの戦いができて良い馬ではないかと思っています。コーナー回ってスタンドでがっつりかかる。得意の馬場ではない局面で伸びない。当たり前です。でもこれから改善すれば良い。そう思っててくれることを望みます。もちろん毎回限界まで走る馬で、レース後の調整が難しいというのも分かった上です。負けっぱなしじゃ終われませんよね?ディープも最初の年は負けたのだから次の年に勝てば良いし、来年もこの馬が現役というのはありがたいことと思っています。

勝馬のリスグラシュー、ダービー馬レイデオロをはじめ、皐月賞馬アルアイン、アエロリットがここで引退となります。できることならば自分はこの世代の馬たちに頑張ってほしい。アーモンドアイという化け物に負けないで欲しいと思っていたので、嬉しいなと思っていました。入線後下馬したというスワーヴリチャード、来年引退となるソウルスターリング、そして海外を中心に頑張っているディアドラくらいしか現役がいなくなってしまいます。なので今年の有馬記念は特にこれらの馬たちに頑張ってほしいと思っていました。もちろんそれはファンディーナと同じ世代の馬たちだから。自分はいつまでたってもファンディーナを中心を競馬をみているようです。どれだけの人がこの世代の馬としてファンディーナを記憶しているかわからない。でもとてつもない人気を背負っていた馬だというのは忘れてほしくないことです。例えばこの先アーモンドアイが全く勝てなくなったとして、でもここまでのアーモンドアイが歴史的なパフォーマンスをしていたことも忘れるべきでないと思うんですよ。まぁでもそんな人はこんなブログを見ていないと思うし無駄なことなんですけどね。結局言いたいのはファンディーナのこと。この世代凄いでしょ?と言いたい。


IMG_7446
3ヶ月休み明けでの出走となった。前走は未勝利戦でのパフォーマンスによってそれなりの人気になっていたが、連闘での出走とかなりのプレッシャーを受ける中で逃げる展開となり9着。ダメージの多い競馬でレースが嫌になっていないか?という点で心配はあったが、未勝利戦のパフォーマンスを見てもこのクラスでは十分に通用すると思っていた。

パドックで見た姿は前走時に感じていたものとは少し違っていた。成長する中でデインヒルの血が濃く出始めたのか、ボックス型の馬体で胸の深さとトモの大きさがパンプアップしていた。腹回りとプラス10キロという馬体重増を考えると若干絞れる余地があるのかなとは思ったが、それでも良い形で立て直せたのではないかと感じた。返し馬のスムーズな入り方も好感を持った。

レースは好スタートから2番手を追走。唯一このレースで注文をつけるとすればここで先手を取って欲しかったというところだろう。逃げ馬にペースを落とされ勝ち馬向きのレースとなってしまった。とは言え道中は促しながらだったためどの程度まで粘れるかと思ったが僅差の4着。レースを見たときにも4角回ってからの走り方に違和感を覚えたため左回りの方が良いのではないかと感じたが、騎手のコメントでは大跳びのためコーナー4つだと忙しいのではないかということだった。

調教師は続戦を基本線で考えているとコメントで言及していた。今回はデビュー戦と同じ中山の1800mだったが、あの時とは違い先行できるようになり、課題だった突かれる展開での集中力も問題なかった。今回のレースは完全に適正の差だと思っているし、その中でこのレースができたのは大きな収穫だと感じた。この次は恐らく3週間後に開幕する府中マイルに向かうのではないか。上でも書いたがとにかく馬体的な成長が大きいし、時間は掛かるかもしれないがいつか重賞まで行けるような馬なのではないか…。そう感じながら中山で見ていた。次のレースも期待したい。

このページのトップヘ