Sweet dreams

カテゴリ:引退出資馬 > レアリサンド

先日のレースを最後にレアリサンドが引退となりました。
IMG_2838
高野調教師
「乗り方としては良かったと思いますし、3コーナーを過ぎるまでは、勝ち負けだろうなと見ていました。ただ、その辺りから急に手応えが悪くなって、馬が苦しそうでした。レース直後や厩舎に戻ってきてからも出血は確認されませんでしたが、レース後の息の戻りの悪さや、3コーナー過ぎで急に苦しくなってしまった今日の内容を見ると、何らかの影響が出てしまっているのだと思い、週明けに肺を詳しく検査した結果、毛細血管にダメージが確認されました。レース後半から、馬もかなりしんどかったと思います。残念ながら続戦は不可能で、加療して再起を目指すにしても最低でも3か月以上は休ませないといけませんが、手を尽くしてきた中で今回の件を含めたら2度再発したことを考えると、治療しても今後も再発の可能性は極めて高く、これ以上競走馬として走らせるのは酷かもしれません」


経過を見てから書こうと思っていたのでここまで伸びていましたが、小倉競馬場に応援に行っていました。見に行くからには少しでも勝つ可能性が高い方が良いなと思いながら、結局見に行くことに決めたのは前日の夕方。ここで見に行かないと後悔するかなと思って決めたのですが、そしたら仲間から連絡が来て一緒に行くことになりました。レースだけ見てすぐに帰るプランなので面白くもなんともなかったと思いますが、初めて行く競馬場だったので感謝しています。
IMG_2809
メンツ的にはあっさり勝って何の不思議もなかったと思いますが、イマイチ自信を持てずに競馬場に行くことになりました。前走は帰厩から2週間でのレースになり、大幅なプラス体重でした。それでいてあのレースぶりだったので上積みは十分なはずでした。しかし中間を見るとどうも攻め切れていない雰囲気を感じていました。肺が弱い馬で仮にこのレースで権利を取ろうとさらなる続戦は無理、そう考えるとどう考えてもここが勝負だったんですが、攻め切れませんでしたね。高野調教師が言うようにケアを最善にしてのものだと思ったので仕方ないです。
IMG_2886
全く緊張しなかったかと言えば嘘になりますが、それにしても現地に見に行って、出資している未勝利馬の最大のチャンスが来ているのに凄く冷静に見ていました。競走馬としての姿を見れる最後の機会と思っていた気持ちの方が強かったかな。レアリサンドには申し訳ないけど過度な期待はしちゃいけない気持ちの方が強かったですね。入厩直後に肺を患った時、デビュー戦後に再度肺を痛めた時、それぞれで半分以上終わった物語を足掻いてくれたレアリサンドに感謝しています。あんなことがあったのに最後まで勝つかもしれないと期待させてくれるんだから大した馬です。こんなに素晴らしいことはないと思います。レースが終わって戻ってくる時にレアリサンドの厩務員さんが一番前に出てきて迎え入れていました。その姿はグッと来ました。
FullSizeRender
ファンディーナの全弟ということで生まれたときから楽しみにしていた馬です。「ファンディーナを超える馬なんてそう簡単に現れない」、だからこそしっかり馬を見て決めようと思って参加したツアーで、そのエレガントで如何にも父産駒の雰囲気に惹かれて出資しました。あの日以外は「ファンディーナの弟」として見ていましたが、あの日に限ってはこの素晴らしいドリームオブジェニーの2018に出資したいと思って出資したのは間違いないと思います。
IMG_7361
その1年後に見に行った際にも素晴らしい姿を見せてくれました。この馬体を見て活躍しないと思う人はいないんじゃないかな。とにかく楽しみにしていました。

特定の誰かを攻撃していないことはご理解いただきたいですが、やっぱりレアリサンドの結果を経て「高野師以外にこの一族を」という声を見かけます。それは空気を変えようというマイルドなものから、高野師が壊しているという意見まであります。是非については今更問いませんし、僕らは何をどう思っても谷川牧場さんの決定に従うしかありませんからね。ただ、やっぱり思うのはファンディーナを経験している人がそういうことを言っているのを見たことが無い。姉の引退時のコメントを見たら高野師と共にこの一族で高みを目指したい気持ちはずっと消えない。このブログとツイッターでは言い続けますがご容赦ください。

レアリサンドは乗馬として受け入れ先が決まっているようです。これは本当にありがたいことで、競技馬として姿を見られる可能性が残りました。持て余してしまった能力を馬術の舞台で発揮してくれたら嬉しいですね。夢の続きを見ているようで楽しい時間でした。楽しませてくれて本当にありがとうございました。

1月5日の中京競馬第5レースの新馬戦に出走したレアリサンドは4着でした。

高野友和調教師(レース後更新)
「レース直後は異常はなく、まずは無事に終えてくれて良かったと思ったのですが、戻ってきて暫くして鼻からの出血が見つかり、検査の結果、肺からの出血との診断でした。レースに関しては、競馬までの過程も、程良く気合が乗りながらも悪さはせずに出走する事が出来ましたし、外枠からで外々を通る展開ではありましたが、上手く立ち回れていたと思います。スローで流れて、瞬発力勝負になったところで、ついて行けずに置かれていってしまったとの事ですので、その辺りはこれから変わって来ると思いますし、かなり頭を下げて走るのでビュッと切れる脚が使えないのも、今日は分が悪かったかもしれません。まずはトレセンに戻ってから、今後について考えたいと思いますが非常に残念です」 


高野友和調教師(翌日更新)
「レース直後は異常はなく、まずは無事に終えてくれて良かったと思ったのですが、戻ってきて暫くして鼻からの出血が見つかり、検査の結果、肺からの出血との診断でした。レースに関しては、競馬までの過程も、程良く気合が乗りながらも悪さはせずに出走する事が出来ましたし、外枠から外々を通る展開でしたが、上手く立ち回れていたと思います。スローで流れて瞬発力勝負になったところで、ついて行けずに置かれていってしまったとの事ですので、その辺りはこれから変わって来ると思いますし、かなり頭を下げて走るのでビュッと切れる脚が使えないのも、今日は分が悪かったかもしれません。幸い、トレセンへ戻ってからは、様子は落ち着いており、今朝も飼葉をしっかりと食べてくれています。今後についてですが、ここまで頑張って来てくれていますし、まだ時間もあります。能力的にもこれからの馬だと思うので、残念ながら鼻出血を再発してしまいましたが、次走に向けて再度立て直して行ければと思います」



11月の終わりに帰厩して以降、高野厩舎での調整が進められていました。良くも悪くもこの一族は、調教タイムに能力が反映されるので、注目をしていました。5月に入厩した際、坂路の追切後に鼻出血を発症した経緯もあり、調整過程で鼻出血を発症するようだと今後かなり厳しいというのはあったはずで、坂路を使わずコースでの追い切り、そして距離を伸ばしトータルの負荷を掛けながらという形でした。攻める調教ではない中だったので、12月半ばに82.2-67.2-52.7-38.3-12.2という時計を出した時には、悪いことにはならないかなと思いながらも、純粋な能力に優れている馬であれば、ここから先の1週前追い切りや直前の追切でそれを凌駕するような時計が出るだろうと思っていました。

レースでもパートナーを組むことが決まった岩田騎手が乗った追い切りでは12月23日に82.6-66.7-51.9-38.2-12.5というタイムと、直前に82.4-66.8-51.6-38.0-12.6と、全体は悪くないものの、最後伸びきれていないという感覚があって、実際に追い切りの映像を見ても首が低いフォームで力が伝わりきっていないんじゃないか?という点を不安に思いました。レヴドゥギャルソンもそういう雰囲気があったのと、単純に姉のファンディーナと比べても全然走り方が違うので、ピンかパーの血統で、これは嫌な感じだなと思いました。

そんな感覚を持ちながらだったので、パドックでの重め残りは仕方ないと思ったし、緩いのも仕方ないと思っていました。とにかくどんな走りが見られるかというところでしたね。レースはほぼ五分に出て5番手の外目を回りながらでした。色々な見方があるし、クラブの募集としては高額馬、そして注目される馬としては物足りないかもしれませんが、個人的には本当に安堵した結果でした。これなら上がり目はあるし、体質が強化されながら、徐々に負荷を掛けられるようになれば磨かれるはずだと思いました。この日は仕事だったので、昼休みにこっそりとレースを観戦して、最初に出たレース後のコメントを確認して安心していました。

仕事が終わり、その時に鼻出血について知ったのですが、本当に膝から崩れ落ちそうなくらいショックを受けました。春に鼻出血を発症した時にも書いたのですが、高野師は懇切丁寧に仕事をしてくれていると思っていて、このレースに至るまでの過程とかも全て納得ができるものでした。もっと攻めたかったと思うし、本来ならもう数週乗り込んでも良かったはずです。それでも、兄弟等の経験を踏まえて、とにかく一度レースを使い、その上積みに期待したい気持ちは痛いほどわかった。鼻出血の懸念以外にも体質的に強くない一族なので、ここで使うのが最大公約数だったのかなと。完全に自分の思い込みかもしれませんが、そういう感覚です。これでもそういう結果になってしまったのは、本当にショックです。繰り返しの鼻出血なので、引退も止む無しかなと思ってましたが、現役を続けてくれるようなので安心しました。

もう一度となると、その時は本当に終わりだと思います。残念ながらそうしたことを覚悟しながらも、次のレースを信じて待っていようと思います。才能があるのは確認できたし、こんなこともあったと振り返ることができる競争生活になっていることを信じ、レアリサンドにはもう一度頑張ってもらえたらと思います。レヴドゥギャルソンの時にも書きましたが、何年だって信じて待っていますよ。



先に書いておきますがこれはチラシの裏です。




レアリサンド[父 ディープインパクト: 母 ドリームオブジェニー]
栗東・高野友和厩舎で調整されています。先週は、5月29日にゲート試験を受けて、入り、駐立、ダッシュといずれも問題なく一発で合格しました。その後も体調面に問題はなく、31日には坂路で軽めの追い切りが行われ、全体時計で57秒、終い1Fを14秒程度で登坂しましたが、追い切り後、厩舎に戻って状態を確認したところ、鼻から微量の出血が見られました。直ぐにトレセン診療所の獣医の診察を受けて、内視鏡検査を行った結果、肺からの出血であることが確認されました。
高野調教師は「先週水曜日の時点ではゲート出の反応がイマイチでしたが、翌日から直ぐに理解をしてくれて、反応も良くなったのでお試しで受けたら合格出来ました。ダッシュの際も馬体が沈んで良い加速を見せてくれたので、これは楽しみだと思っていた矢先でした。日曜日に軽く坂路で動かしてから一旦放牧に出して成長を促そうと考えていましたが、調教後に鼻出血を発症しているのが見つかってしまいました。本当にひっくり変える程ショックですが、まだ2歳のこの時期だったと前向きに捉えるしかありません。近日中に宇治田原優駿ステーブルへ移動して治療を開始しますが、肺からの出血は癖になり易いので、しっかりと時間を掛けて治す必要があります。通常だと、まず2ヵ月位はマシン運動などに止めますが、本馬については大事を取って3か月位は様子を見て、しっかりと時間を掛けて治療していきたいと考えています」とのことでした 。

まずは謝りたいと思っています。レアリサンドの件で昨日ツイッターに色々書いたのですが、あっちで書くのは意図の伝わり方とかを考えても良くなかったと思いました。おそらく意図してない方を傷つけてしまったという自覚があり、その方に謝りたいです。一晩明けて色々整理してそれでもまとまりはしないのですが思ってることを書いてみます。この手のことはしばらく書かない気でいるので思い切り書きます。


ここでも書いているようにファンディーナに出資した最大の理由は、高野調教師と話したことでした。春のクラシックが終わった後、他クラブのパーティーで再び話をしたことなど含め、ファンディーナは高野調教師と共にあった馬だということは揺るがないと思っています。

レアリサンドが肺からの鼻出血により頓挫となってしまいました。常々この一族はとにかく頓挫することなく進んでほしいと願っている立場です。はっきり言って歓迎できないですが、高野師が言うように今でよかったのかもしれません。ここからじっくり治して年明けにファンディーナと同じような姿が見られたらいいなと思います。

ここまで良いのですが(良くないけど)例によって「高野師がまたこの一族の馬を壊した」だとか「この一族を預けるのはやめたほうが良い」なんていう意見を目にしちゃいまして。それに対して絶対反応したくねぇなと感じながら、思いっきり反応したのが上で書いたツイッターでの発言でした。そもそも”高野師がこの一族の馬を壊している”というのがまず正しくないと思っています。例えばグランソードは2歳時に外厩から戻った一発目の追切後(タイム的に大したものではない)の筋肉痛発症がその後の波乱万丈のスタートでした。体質が強い馬じゃないのは出資会員さんならよくご存じでしょう。これはレヴドゥギャルソンにも言えることですよね。体質が強くないけど結果出すには乗りこむしかなく、外厩でそれなりにやって厩舎に入り即ダメというパターンです。クードメイトルも元々体質的に強くない所をグッと我慢して使って、それでも怪我をしてしまいました。強いて言えばファンディーナのみが壊したという表現が当てはまるのかもしれませんが、クラシックがその後に響き、その主導はクラブ牧場サイドということが公言されているのでフェアではないですよね。レアリサンドも入厩1週間でのことです。どうしようもないでしょう。

ファンディーナが出る以前、ツイッターでターファイトの会員を探そうと思っても固定の人以外になかなか見つからなかったというのは以前書きました。みんなファンディーナに感じたような期待をもってこのクラブに出資しに来ている。もちろんそれは素晴らしいことと理解しています。でもノーザン系クラブと同じノリで高野師だけを批判するのは違いませんか?と言いたい。もちろん自分もこの一族の才能に期待をしているし、ファンディーナと同じような舞台に出られたら良いと思っている。でも走る馬を見つけにきているなら…厩舎が嫌なら…出資しなければいいのでは?と思っています。当歳で出資しなきゃまず買えない血統になっている。でも育成段階までいかないと期待感もよくわからない…リスキーだとは思います。それなのに片づけられるのは厩舎。「ファンディーナの子も高野師なら(出資しないことを)考えなければいけない…」なんて意見…一生考えてろタコ助としか言えない。だって走る走らない以前の問題だから。活躍馬の兄弟や子どもだからって嫌いな厩舎でも律儀に検討してるならやめれば良い。そうすれば自分が出資するのも容易になるので。

ニュアンス的に伝わりにくいですが、自分は「相性が良くないかもしれないから他の厩舎という選択肢があっても良い」という意見(提案?)は尊重します。(賛成はしませんが)ファンディーナの怪我以降に外厩をグリーンウッドから宇治田原に変えたように、谷川牧場はビジネスライクなところもあるので、今後違う厩舎ということもあるかもしれません。むしろ今までの産駒が良く変わらなかったと思っているところもあります。だからこそ谷川牧場×高野厩舎×ドリームオブジェニー一族という三点セットで思い入れがあります。ファンディーナ引退時のコメントとか、グランソードをなんとか勝ち上がらせた姿を見ても高野師とこの一族で良い夢を見られたらとしか自分は思えない。はっきり言って自分はファンディーナキチガイです。(言葉が悪すぎますが)この意見はかなり偏っているかもしれません。偏っているのかどうかもよくわからないくらいです。でもファンディーナがいなかったらこの一族に注目なんて集まってない。そしてファンディーナをしっかり管理してくれていた高野師に感謝と尊敬の念を抱いています。自分は高野師がこの一族のことで悪く言われるのは我慢ならない。ごちゃごちゃ書きましたが一番主張したいのはそのことです。


ヴェールクレール[父 リオンディーズ : 母 ウルド]
空港担当者「態勢が整ったことから、29日にこちらを発ち、31日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ移動しました。こちらでは長距離輸送に備えて軽めのメニューでコンディションを整えていましたが、元気な状態で送り出すことが出来ました。それまでは週に2回坂路でハロン14~15秒のペースでコンスタントに時計を出していましたが、登坂回数を重ねていくにつれて動きが更に良くなっていました。暖かくなってきたことで、馬体の張り・艶共に良化が窺え、体調面はすこぶる良かったですし、それに伴って坂路での動きも力強く駆け上がっていました。シャープな体付きですが、コンスタントに乗り込んでいたこともあってメリハリのある馬体になりました。一時期飼い葉食いが良くありませんでしたが、最近では以前にも増してよく食べてくれるようになっていましたので、心身ともにしっかりとしてきた証拠だと思います。普段はとても穏やかに過ごしていますが、いざ走りだすと前向きさを見せてくれるだけに、初戦から良い競馬をしてくれると思います。良い状態で送り出すことが出来ましたので、競馬の日を心待ちにしたいですね。移動前の馬体重は476kgでした。」

レアリサンドの頓挫に落ち込んでいたらヴェールクレールからは良い知らせ。牧場担当者の人に「競馬の日を心待ちにしたい」と言ってもらえるのは嬉しいことだと思いました。2歳の出資馬はこの2頭ですのでありがたかった。



なんていう器用なことはできないので普通に紹介します。今年の出資馬は2頭になります。
レアリサンド4月
レアリサンド(父ディープインパクト/母ドリームオブジェニー)
・栗東・高野友和厩舎所属予定

4月始めに浦河の西舎共同育成場から栗東近郊の宇治田原優駿SSに移動しました。最新の更新によると入厩予定が馬房調整の関係で流れたという話が出ています。現在入厩している組が外厩に出されるタイミングを待っている感じでしょうか。ファンディーナもそうですが、レヴドゥギャルソンも夏が不得意な印象を持っているので、ここでゲート試験まで行ってもデビューまでのお釣りが残っていないのではないか?ということを想定しています。この一族がこの時期に移動してゲート試験受けるくらいまで言われているのがむしろ奇跡みたいな感じなので、ゆったり進めてほしいなと思っています。「この血統ならではの気の強さがあって、乗り手を見たり、やるか、サボるかで選ばせたらサボる方を間違いなく選択するタイプですね。」というコメントも出ていて興味深いですね。BTCでの坂路の動画を見る限り脚力はあるので、あとはそれを発揮する下地を作ってくれれば。秋でも冬でも待っています。

ヴェールクレール5月
ヴェールクレール(父リオンディーズ/母ウルド)
・栗東・高橋亮厩舎所属予定

現在はノーザンファーム空港で育成中。4月後半から5月頭まで馬体の回復待ちで一時休止という形をとっていましたが、その後は坂路での調教を再開しました。度々触れていますが坂路でのフットワークを見る限り、順調にいけば少なくとも未勝利で終わる馬ではないと思いますし、久しぶりにかなりの期待感を持ってデビューを待っている1頭です。来月には移動の予定が立てられるというコメントが出ているのでデビューは早くても秋と想定していますが、基礎体力を高めて厩舎の先輩スカーレットカラーくらいの活躍を期待したいですね。「やっぱこの馬がPOGのどの媒体にも載ってないのは納得いかないなぁ」と下の坂路動画を見た先日思っていたのですが、今日ザッツPOGに掲載されていることを教えてもらいテンションがあがりました。ノーザン系の馬は大体自分の感覚と掲載率が一致するのでね。そんなことを去年書いているので下の記事もよかったら。




昨年の今時期はリアアメリアの動きを誰もが絶賛していました。1歳11月の時点で春先に見せるような動きをしていたのを自分も確認していたし、3月に入厩して万全の体制で6月のデビューを迎えたのも見ています。同じく去年の今頃にノーザンファームの育成厩舎長(リアアメリアの所属とは別の?)が「現時点では敵わないかもしれないけど、来年の春はわからない」と言っていたのを凄く覚えています。

レアリサンドはドリームオブジェニーの一族としては異例なくらい早期の移動になっています。早期に移動できたのは馬がそれだけのレベルに達したからなのか?それとも大手を含めて周りが前傾しているからそれに追いつけ追い越せと前傾したのか?完成度が高まってきているから移動ならいいんですけどね。そこをグッと溜めていた一族なので半信半疑です。ヴェールクレールに手ごたえを感じながらも待っているような状況だからこそ思うのかもしれませんけどね。早期移動って喜んでしまうんですが、一回グッと考えると本当にそれでいいのかな?という。そんなことを自分が考えてもしょうがないので、今後の一口出資を考える際の参考として、各育成の癖は記憶しておいて損はないと思いました。

ターファイトの2歳馬の馬名が発表されました。
111ee3
※画像はターファイトクラブ公式HPより
レアリサンド(Realizando)(実現する、達成する(西))
父ディープインパクト/母ドリームオブジェニー/栗東/高野友和厩舎/出資経緯記事

ドリームオブジェニーの2018の名前はレアリサンドに決まりました。自分も数多くの名前を考えた中で結局自分の中で100%しっくりくる名前が見つからなかったので応募しなかったんですよね。この名前を超えるものは自分の中で思いつきませんでしたし、素晴らしい名前に決まりました。命名者に感謝いたします。

5d96f74a163b0503
ドリームオブジェニーの一族を考察するという記事を昨年書いています。上の写真が記事で載せている他の兄弟たちと同じタイミングの写真になります。みなさんの目にはどう映るのでしょうか。
「性格は姉のファンディーナやクードメイトルよりやんちゃですが、そこは牡馬なので元気があって良いくらいだと思います。上2頭の兄達より前向きさがあって調教では乗り易いです。まだ前重心で走っていますが、トモには徐々に力をついてきていて、脚が上がってくるようになってきました」
これが最新の近況更新時に出たコメントです。兄たちより前向きというコメントは出ているものの、姉たちよりも才能を感じるというようなコメントは出ていません。この前週のコメントで「姉のファンディーナに比べるとまだまだ」というコメントが出ていましたが、よく覚えているのですがファンディーナのこの時期のコメントって動きの良さを褒めるものが多かったんですよね。ターファイトに入って最初の年だったので鵜呑みにすることができませんでしたが、谷川牧場(というか西舎共同育成場)のスタッフさんのコメントは結構素直に反映することが多く、グランソードに関しては「秋を目指したい」、クードメイトルは開腹手術をした影響がありましたがその前までは「良いフットワーク」、レヴドゥギャルソンは「トモを鍛えたい」とこの時期のコメントはその後を表していることが多いです。素直に受け取るならまだ物足りないけどしっかり走ることはできているよという感じでしょうか。

谷川牧場さんのTwitterによると4月には宇治田原優駿SSに移動するそうです。同じくTwitterでBTCの坂路を上がっている動画を公開してくれているのですが、動きは全く悪くありません。対空時間の長い走りがもっと前に向かっていく感じになれば良いなぁというところでしょうか。タイプ的にファンディーナよりは適正は長そうな感じかなというのが現状のジャッジです。現時点でここまで進められているのは非常に良いですが、キ甲ももっと抜けてきそうな感じですし、よくなるのは3歳からかなと思っています。ただそういう馬が2歳の時点でデビューできるとすればアドバンテージでしかないと思いますし、この一族をよく知った高野調教師と夢が見れたらなと思います。目指せ菊花賞という姿勢で見たいと思っています。当歳のツアー時に感じた光るものが競馬場でみれたら素晴らしいですね。期待しています。

このページのトップヘ