ターファイトで2頭に出資したので出資報告記事です。世代3頭に収めたいとはなんだったのか。血統的印象ということでプレビュー記事を書いていますので、下記を参照の上でご覧いただければ。


無題
マンテラライの2019(父モーリス/母父Catcher In the Rye/藤岡健一厩舎)
血統的な評価はプレビューの時に書いてある通りですね。今年「ドゥラメンテとモーリスの二年目産駒」を狙っていました。詳しくはシルクの出資馬検討記事(というか検討結果報告記事)を書くときに記そうと思いますが、色々と検討していくなかで「こっちのモーリスのほうが良いのでは?」となったことから申し込みました。あとはいつもならドカンと人気する谷川牧場の馬がモーリスというだけでチャンスがあるなら、そのチャンスに懸けたいなという気持ちですね。ツイッターでの話とか見るとニシノマザーアースの2019とかどれだけ人気したんだろう…と。

モーリスはイマイチ血統的なツボが見えてこないのですが、この1年見たところ「身体はできている」という馬が多いように感じました。府中と阪神の新馬戦でポンポン勝ち上がりそうなところを勝てないのですから、いわゆるDanehill注射とStorm Catのお助けが入るこの馬は早いうちからスイッチが入りうるのかなと。形も良いし動きに力強さも感じるので動きには文句ないです。ブライアンズタイムも父系の存続が危ういですが、結局「Roberto系は牡馬」で落ち着いてくれれば。掻き込みが凄いなぁと動画を見たときに思っていて、場長もダートかも…って話をしていて「そうだよな…」と思ったのですが、そんな走り方で有馬記念連覇したグラスワンダーという馬がいまして…というロマンを感じました。この繁殖が導入された時から産駒に行きたいと思ってたのでね。厩舎もマーガレットリバーで経験してるので、過程を見守りながら夢が見られたらいいと思っています。

無題2
ルパンⅡの2019(父ダイワメジャー/母Medagliad'Oro/吉岡辰弥厩舎)
当たり前にめちゃくちゃ人気してた感じだったので、今更どうこういう必要はないですかね。何がここまで人気したんだろうと純粋に知りたいと思っています。谷川牧場…吉岡厩舎…血統…馬体…色々ありますが、どこが推し要素だったのかなと。自分は断然血統です。ダイワメジャーという馬は一口を始めた年が初年度産駒だったんですよね。今回が初ダイワメジャー産駒です。(カレンブラックヒルはいますが)ダローネガとかサンブルエミューズが走ってた頃からどんな血統が合うのか勉強していたし、いつか出資したいと思っていたのですが、ついに血統が理想形で馬体も納得できる馬に出会えたと思っています。落選覚悟の抽選だったのでこれは本当に嬉しいですね。イメージはレシステンシアです。桜の舞台で姿が見たいですね。

Medagliad'OroというかEl Pradoとか、GhostzapperというかAwesome Againみたいに自分には苦手な血統が存在します。でも結局苦手な理由って「自分がわからないから」なんですよね。馬が良ければどうでも良い。ドレフォンを見た後に母父Ghostzapperだよって言われてもどうでも良い。自分は好きから入っていくことが多くて、そこから派生して血統を覚えているしピックアップもしているのですが、きっと苦手な馬ってそこに当てはまってこなかっただけなんです。ただ注目して見たことないからわからないだけでした。そんなときにはその馬たちの現役時を見るのがいいですね。下の動画シリーズを見るのが好きなのですが、再生回数を見るとクオリティーに対して見合ってないと感じるのでもっと見られてほしいなと。あなたの出資馬に流れる血の馬がいたら見てみるのはどうでしょうか?

というわけで2頭に出資しました。とは言え1000口馬なので実質1頭みたいなものですけどね。1頭みたいな金額で2頭の素晴らしい馬を応援できると考えています。シルクとの兼ね合いで色々と考えるべきことがありましたが、おそらくこちらが例年通りの出資でしょう。シルクはいつも通りじゃない出資かなぁと思っているのですが…まぁそれは次の記事で。