Sweet dreams

カテゴリ: 出資馬近況

今月から2020年生まれの出資馬についても書いていきたいと思います。本当は月初に書こうと思っていたのですが、体調不良により書けなかったのでこの時期にずれ込みました…。
※画像は各クラブの公式HPより許可を得て掲載しています。

ショウナンパンドラの2020(父ロードカナロア/高野友和厩舎)
1043
現在はノーザンファーム空港にて馴致を進めています。9月最初段階で445㎏。更新は全頭読みましたが進捗が早い馬で坂路20秒くらいです。ロンギ場での騎乗訓練からコースで乗り出すのが目標のようなので、悪くない進捗かなと思います。多少気の強いところを見せているようですが、この馬体写真を見ても走らない気がしないです。その気持ちで来年の6月まで行きたいですね。

ドリームオブジェニーの2020(父ロードカナロア/吉岡辰弥厩舎)
8月
8月半ばの更新ですが谷川牧場にて夜間放牧が行われていたようです。馬体重は432㎏なので、この段階でこれだけあれば極端に小さすぎるということはないと思います。元々少し小さいくらいがという一族ですし、小さいと言われていた1つ上のキングレリックも500gオーバーですので、適度に育ってくれれば良いですね。馬体を見てもトモ高でまだまだ変わってきそうです。脚元を大事にしながら育ってくれれば良いですね。

レッドジゼルの2020(父サトノクラウン/鹿戸雄一厩舎)
8月
8月末時点の更新ではレイクヴィラファームで馴致が進められています。馬体重は447㎏。レイクヴィラファームの公式Twitterで本日も写真が上がっていたのでまだ馴致中でしょう。穏やかな気性をしているようなので、そこがレースにも生きるようになれば良いですね。天才という評価をスタッフからもらっているそう(Twitter情報)なのでまずは無事に馴致を卒業できれば良いです。

レッドマジュールの2020(父リオンディーズ/手塚貴久厩舎)
8月
8月末時点の更新では坂東牧場にて昼夜放牧がされていたようです。馬体重は418㎏。遅生まれでまだ成長しきっていないので馴致がゆっくり進むであろうことは想定通りでした。ここから馴致のステップに進んでそこも上手く行けば良いと思っています。馬体の雰囲気は凄く好きなので活躍できる下地が出来て欲しいです。

ルパンⅡの2020(父ハービンジャー/西村真幸厩舎)
8月
8月半ばの段階で谷川牧場にて夜間放牧が行われていました。馬体重は478㎏。更新の内容もとにかく順調という感じです。姉はかなり気性が強いようなので馴致に行ってそういう面が極端に出なければ良いなと思っています。ハービンジャーの産駒がかなり走っているのでそろそろあやかれればと思っています。楽しみな馬です。

コウヨウルビーの2020(父インカンテーション/道営・田中淳司厩舎)
8月
8月半ば現在は谷川牧場にて夜間放牧が行われていました。馬体重は508㎏でかなり大きくなりましたね。上のウエストンバートもかなり大型馬ですので、これくらいで良いのかもしれません。馴致が進んでいって適正になるでしょうしね。結構レベルが高い馬だと思うのですが、こういう馬で地方でデビューするのは楽しみですね。ガシガシ乗り込んでフレッシュチャレンジの開幕あたりから使えるようなら夢が見られそうです。

ファンディーナの2020(父ハービンジャー/高野友和厩舎)
8月
8月半ば現在は谷川牧場にて夜間放牧が行われていました。馬体重は457kg。馬体重的にも500㎏いかないくらいであれば良いなぁと思っています。今見返すと母の1歳時は10月の時点で絶賛と呼べるほどのコメントが出ていて、良くも悪くもこの馬の場合比較されてしまう(俺もしちゃう)だろうと思うのですが、一族的にもとにかく順調に進んでいくことを願います。母の当歳産駒がクラブの当歳募集に出てこなかったように、父がハービンジャーに変わって極端に体質が強いということもないでしょうからね。まずは順調に馴致へ、そして育成へ、そして厩舎へ。


この世代は牝馬がファンディーナの2020だけなので、もう1頭くらい欲しいなと考えています。先日の記事で書いたローレルクラブのゼフィランサスの2020はディープボンド効果もあって2日で一気に売れました。これは恐ろしいことですね…。様子見してて「これは売れちゃうからヤバい!」と思って出資した人はまぁわかるのですが、ディープボンドの活躍で本馬の能力が向上するわけじゃないですからね…その辺わかってるのかな…。ちょっと気持ち悪い売れ方で引いちゃいました。祝儀的に出資したならわかりますけどね。検討して余裕だった馬がここまでガツンと売れることが無かったので負け惜しみです。そんなこんなで入会チャレンジをしているキャロットの最終票数の結果が出ていましたが、新規入会枠の一般枠(最優先は既会員で埋まる馬を選んだ)まで抽選の可能性がある馬が2頭残っていたのでその結果次第です。ターファイトのハーランズルビーよりは…インゼルかなぁ。


サルトアトランテ(ゴールドアリュール×サダムグランジュテ/田中克典)
前走後はノーザンファームしがらきで調整中。身体も大分戻って疲れも取れたようなのでそろそろでしょうか。なんか進捗の割に話が見えてこないなと思ったんですが10月の新潟目標なのかな。

グロリアスホープ(トゥザグローリー×マイホープ/矢野英一)
チェスナットファーム阿見にて調整中。元々夏が明けるまでは…という話だったので、来週池田調教師が確認次第入厩し、10月あたりから復帰でしょうか。楽しみです。

ルコントブルー(キズナ×シェアザストーリー/勢司和浩)
前走後残念なことに左前脚の種子骨靱帯炎を発症してしまいました。募集当初から脚元に不安はありそうだなと思っていながらここまで大きいことは何もなく来ていましたが、ついに脚元を痛めてしまいました。結構大きい怪我ですよね。少なくとも年明けまでは復帰できないでしょう。痛めてしまったことは仕方ないのでしっかり治してもらえればいいですね。競走馬としての灯が消えないことを願うのと同時に、この素晴らしい能力は繁殖として繋がって欲しいとも思っています。

ヴェールクレール(リオンディーズ×ウルド/高橋亮)
ノーザンファームしがらきで調整中です。そろそろ帰厩で中京開催ということなので9月20日の1,600m辺りでしょうか。春先には馬体を減らして一方だったので500㎏近い状態でトレセンに戻れるのは良いでしょうし、春よりも強くなって戻ってきてくれたら嬉しいです。勝ちたいですね。

キャプテンローレル(ドレフォン×アラフネ/羽月智彦)
本日栗東トレセンに帰厩しました。中京開催予定でダート1,400mでも1,800mでも毎週番組がありますね。予想はしにくいですが、9月最終週付近でしょうか。一回使った分強くなってれば良いと思っています。

エフジーノット(ドゥラメンテ×コケレール/黒岩陽一)
ノーザンファーム天栄で調整中。順調に乗り込まれていましたが先週疝痛を発症して一時休止という形になったようです。気持ち的にピリッとしてこないところがあったようなのでこれが良いリフレッシュになれば良いですね。亡くなった父を思わせるダイナミックな走りが見れたら嬉しいです。

フィアーミー(カレンブラックヒル×サトノアーチ/小野次郎) 
8月半ばにトレセンに帰厩しました。2週ほど乗り込まれて順調に来ています。来週強い追切を課してそこでの動きでデビュー戦を検討していくという話ですが、3日間開催の中山あたりかなと思っています。まずはオーソドックスに芝のマイル辺りから見たい気がしています。

ビーナスローズ(キタサンブラック×シャンスイ/清水久詞)
原因がわからないまま休んでいる状態が続いていましたが、ボーンシストの診断が下りました。ボーンシストは1歳馬が育成を開始した段階で症状が出ることが多いはずで、育成がある程度進んだ、しかももう入厩手前という段階で出ることは少ないようで本当に残念です。幸いそこまで進めることができるくらいの体力があるので、手術をして予後の回復を待つということになりました。とにかくゆっくりと治してもらえればと思いますね。先日の新潟の新馬戦でソネットフルーズが勝ったレースを生で見ていましたが、あの馬も同じ個所のボーンシストだったようなのでちょっと希望を貰いました。絶対に良い方向に行くと信じたいです。

ファンジオ(モーリス×マンテラライ/藤岡健一)
つい先日入厩しました。まずはゲート試験合格を目指してということになりますが、相当ごねているっぽいので頑張ってください。

カーペンタリア(ロードカナロア×モシーン/木村哲也(第二岩戸)
現在ノーザンファーム天栄で調整中です。ハロン14秒から13秒付近で乗り込めているので、この調子で1か月ほど乗り込めたら入厩でしょうか。そうすると師が調教停止辺りでデビューできるのかな。

ルピナスリード(ダイワメジャー×ルパンⅡ/吉岡辰弥)
現在はチャンピオンヒルズで調整中です。9月中の入厩という話なので、牝馬限定の新馬を狙うと考えると10月10日の1,600mでしょうか。その翌週に東京で同じ条件があるのでそこだと諸手をあげて喜ぶ人が多そう。ちなみに僕は10月10日が2回目のワクチン接種の翌日なのでどうにかしてください(しなくて良いです)

シルクもターファイトの募集も佳境を迎えています。シルクはすでに申し込んでいますが、死票が多数だと思うのでもう少し検討します。ターファイトはいくならドリームオブジェニーの2020だけにしようかなと思っていますが、それももう少し考えます。

色々なところで言われていますが、なんといっても今年からはディープインパクトやキンカメがいません。ということはそれだけ考えることが多いし、来年の参考になると思うので何かしらで記事にしたいと思っています。

 ・サルトアトランテ(ゴールドアリュール×サダムグランジュテ/田中克典)
函館の1,200mで走った前走は僅差の4着でした。直線入口で後続に捕まったのでそのまま垂れて行ってしまうかなと思いましたが、良いファイトバックでしたね。やっぱり芝の方が走りやすそうにしているし、この感じでなんとかもう1勝を。師も「続戦させようと思ったけど、無理して悪い方向に行きたくない」というのは、この馬のことをよくわかっているんだなと思いましたね。ちなみに弟が今年のシルクの人気ナンバー1っぽいです。

グロリアスホープ(トゥザグローリー×マイホープ/矢野英一)
転入初戦となった前走はスタートで後手を踏んだのが全てでした。夏負けの兆候があるので現在はチェスナットファーム阿見で調整中です。そういえばこの馬は夏に走ったことが無かったので、また秋から頑張ってくれれば良いと思っています。

ルコントブルー(キズナ×シェアザストーリー/勢司和浩)
8月1日の柳都ステークスに出走し11着でした。この馬も夏場は得意ではないので厳しかったかなというところと、やはり牡馬相手に斤量差ほぼ無しはきつかったですね。それでも出ていた牝馬の中では一番重いハンデでしたし、その中で自分から動いていって再先着ですので力はあると思います。右回りの方が良いのではないかという話も出ていますし、少し間隔は取るかなと思っているので、中山よりは福島開催でしょうか。牝馬限定に使えないかなぁ。

ヴェールクレール(リオンディーズ×ウルド/高橋亮)
ノーザンファームしがらきにて調整中。具体的な目標が出てこないのマジでなに。

キャプテンローレル(ドレフォン×アラフネ/羽月智彦)
デビュー戦は5着でした。5着とは言えかなり離れてのものだったので、あまり5着という感じではないですが、とにかく無事にデビューを終えられて良かったです。中間脚元に不安が出て調教を休んだり、明らかに距離が短そうだったので、これからだと思います。あまり走りに集中していない感じなのでこれから改善されていけば良いですね。

エフジーノット(ドゥラメンテ×コケレール/黒岩陽一)
ノーザンファーム天栄にて調整中。気性がピリッとしてこないようですが乗り込みは進められているので、9月中に入厩して府中とかだと嬉しいです。

フィアーミー(カレンブラックヒル×サトノアーチ/小野次郎)
ヒロセステーブルにて調整中です。中間入厩打診を匂わせながらもその後動きが無いので、こういうのをJapanese Shiozukeと言います。ローカル終わった辺りで戻れると良いですが。

ビーナスローズ(キタサンブラック×シャンスイ/清水久詞)
チャンピオンヒルズで調整中。順調に乗り込みを進めていましたが脚部不安が出て休養中です。順調に乗り込めてはいたのでこれが良い休憩になれば良いと思っています。

ファンジオ(モーリス×マンテラライ/藤岡健一)
チャンピオンヒルズにて調整中。秋でしょうね。

カーペンタリア(ロードカナロア×モシーン/木村哲也(第二岩戸)
ノーザンファーム天栄にて調整中。環境の変化で熱発してしまう感じで体質が安定しないので、この馬も暑い時期は無理しないのかなと思います。年内にデビューできれば良いと思っています。

ルピナスリード(ダイワメジャー×ルパンⅡ/吉岡辰弥)
現在は吉岡厩舎にてデビューに向けた調整中。先日ゲート試験に受かり、デビュー戦は28日の新潟1,600mに決定しました。スピードは良いものを持っていそうなので、良い走りを見せてくれれば良いと思います。まずは無事にゲートまでたどり着きましょう。

ここにきて古馬勢が引退し、もともと2頭しかいなかった3歳馬が1頭になってしまったため、大分層が薄くなってしまっています。2歳勢がスロースタートですが、層を厚くしたい気持ちもあるので、なんとかまずは1つ勝つところまで行ってほしいなと思っています。

7月ですね。もう今年も終わりだ。

 ・サルトアトランテ(ゴールドアリュール×サダムグランジュテ/田中克典)
1日に栗東トレセンに帰厩しました。この後は7月24日の函館芝1,200mを目指します。前走は4角までぶった曲げるくらいの手応えで、最後は伸びませんでしたが内伸びの馬場であれだけ走れたなら良かったでしょう。1,200になってもスピードで負けると思わないのでここは試金石。最低でも掲示板にのる姿が見たいです。

グロリアスホープ(トゥザグローリー×マイホープ/矢野英一)
川崎の池田孝厩舎に転厩し調整が進められています。一応来週の月曜日のB1B2混合の江戸切子特別(ダート1,500m)に出走予定です。登録メンバーを見る限り力のありそうな3歳馬や、中央の上級クラスで活躍していた馬もいましたし、基本的には使って良くなるタイプなのでどうなるかわかりませんが、新天地での幸先の良いスタートに期待します。

ルコントブルー(キズナ×シェアザストーリー/勢司和浩)
1日に美浦トレセンに帰厩しました。この後は函館のUHB杯に出走を予定しています。コンディション調整がしやすい滞在競馬はこの馬に向くのかなと思いました。(唐突に今日更新があったのでそこで感じましたが)この馬も叩いて天栄挟んで次が勝負みたいな馬なので、裏函滞在で調整が上手く行けば良いですね。一発回答も見たいですが、8月の札幌の羊蹄山特別が勝負かな。牝馬重賞まで行きたい馬なので楽しみにしています。

クォリティタイム(Quality Road×ジプシー/高橋義忠)
現在は栗東トレセンで調整中です。7月10日のインディアトロフィーを藤懸貴志騎手で予定しています。1回くらいは乗ったことあるかなと思いましたが初めて乗ってもらうようですね。先日のオークスといい、マーメイドSといい勢いが出てきているジョッキーなので楽しみですね。まずはハミを変えた来週の追切が楽しみ。

ヴェールクレール(リオンディーズ×ウルド/高橋亮)
ノーザンファームしがらきにて調整中。次走については目標を決めずにじっくりと調整中です。

レアリサンド(ディープインパクト×ドリームオブジェニー/高野友和)
前走は5着。レースの2週前に帰厩して腹をくくっての坂路での調整でしたが、コースでの調教が無かった分絞り切れなかった(切らなかった)のかなという印象です。5着以内は確保したので体調に問題なければ次が勝負でしょう。長い脚を使うタイプで惰性がつけられないながらもあれだけ走れたので、次こそしっかり走り切りたいですね。小倉or北海道でしょうしどこに向かうか。

キャプテンローレル(ドレフォン×アラフネ/羽月智彦)
現在は栗東で調整中。デビュー戦を前に頓挫して、今は正直どうなっているのかよくわからない状態です。素直に一旦仕切り直しでも良いのかなと思うのですが。

エフジーノット(ドゥラメンテ×コケレール/黒岩陽一)
現在は美浦トレセンで調整中。先週ゲート試験に合格しました。今週末には天栄に再調整に向かうようです。南ウッドで行った追い切りは年上の未勝利馬相手に強めに追ったようで、まだまだ動き切れていないようですが、これがいい刺激となって調整に進めれば良いと思います。秋の府中で見たいですね。

フィアーミー(カレンブラックヒル×サトノアーチ/小野次郎)
現在はヒロセステーブルにて調整中。前回の更新で福島とかそんなことを書いた気がしますがもっと遅そうですね。この馬も秋でしょう。

ビーナスローズ(キタサンブラック×シャンスイ/清水久詞)
現在はチャンピオンヒルズで調整中。清水先生視察の下でラスト12.8秒を馬なりで計時したそうですが、その後右の後肢に痛みが出て一旦ペースダウンとなっています。この馬の場合はもっとゆっくりでも良いと考えているくらいなので、再び立ち上げて良くなったタイミングでトレセンという話になるでしょうし、じっくり構えています。

ファンジオ(モーリス×マンテラライ/藤岡健一)
現在はチャンピオンヒルズで調整中。順調に乗り込まれています。

カーペンタリア(ロードカナロア×モシーン/木村哲也)
現在はノーザンファーム天栄で調整中。ハロン14秒から13秒くらいのところまでやっているようです。これはもしかして新潟とかあるのかな?と思うくらいではありますが、基本的には秋なのかなと思っています。順調に行って気性面で悪さが無ければ楽しみな馬なので期待しています。

ルピナスリード(ダイワメジャー×ルパンⅡ/吉岡辰弥)
現在はチャンピオンヒルズで調整中。吉岡師が7月にはトレセンに入れるということを言っているので、そろそろ入厩でしょう。ピリッとした面がどれくらい出るかわかりませんが、スピードは確かなものがありそうなので楽しみです。

今月から2歳馬も同じところで書きます。ちょっと頭数多すぎるのですが、そこはご愛敬。

サルトアトランテ(ゴールドアリュール×サダムグランジュテ/田中克典)
先日ノーザンファームしがらきから帰厩し、6月2週目のレースを目指しています。レースの選択肢は1勝クラスの牝馬限定ダート1,400m、もしくは芝の1,400mということです。メンツ的に楽なのであればダート、そうじゃないなら芝にチャレンジするのかなと思っています。我が軍、ダート馬で芝にチャレンジして欲しい馬が多すぎてアレなのですが、この馬の場合はデビュー2戦の芝の走りが悪くなかったというのがあるので見たいですね。

グロリアスホープ(トゥザグローリー×マイホープ/矢野英一)
前走後はチェスナットファーム阿見で調整中です。ここまでの厩舎の方針から考えると例えば明日厩舎に戻したとしても2週から3週は追い切りをするような感じだと思うし、あって東京最終週の日野特別くらいかなと思うので、府中での出走はないと思います。そうするとある程度使い込める馬でもあるし、出走頭数がそこまで多くならない函館とかに連れていくこともあるのかなと考えています。素直に行くなら新潟まで待ちますかね。「早く戻して府中で使え」っていう意見を目にするけど節空けなきゃ激混みで使えないので、もうちょっと頭使って考えた方が良いと思う。
※6月2日の更新で川崎の池田孝厩舎への転厩が発表されました。前走後からもしかしたら何か変化があるかもと思っていたので、びっくりしましたが想定内でした。新天地での活躍を期待します。矢野厩舎はぜひまたお世話になりたい。

ルコントブルー(キズナ×シェアザストーリー/勢司和浩)
前走は過去最短の間隔でのレース、苦手のクラス初戦、そしてフケで全く力が発揮できなかったようですし、やはりノーザンファーム天栄でもガクッと調子を落としているようなので、秋口くらいまで出走はないのかなと思っています。間に合って新潟でしょうね。オープンまで目前のところまできているのでもどかしい気持ちもあるけど、無理する必要はないし体質的に強くないのでじっくり行きましょう。

クォリティタイム(Quality Road×ジプシー/高橋義忠)
前走は初の芝のレースに挑戦でした。スタートで後手を踏んだ+道中の不利もあって厳しいレースになりました。最後まで止まってはいないけど、どうあがいても上位争いは厳しかったかなと思います。難しい状態ですね。まぁここまで来たらフットワークが軽い師の試行錯誤におまかせですかね。改めてずっとダートを使っていた状態から芝の上級クラスのレースで勝った過去の出資馬スペシャルギフトは素晴らしい馬だったんだなと思い返しました。

ヴェールクレール(リオンディーズ×ウルド/高橋亮)
この時期にわざわざ府中のレースを使いに来ることに懐疑的だったのですが、その上で同じ距離を使うというダブルで意味が分からなくて、その理由も1,400mの経験を積ませたいという訳のわからないものでした。例えばクラブ主導でルメールを確保した上でとか、鞍上の進言でというものだったら理解できたのですが、結果テン乗りの大野騎手、そして同クラブで実力のあるベッラノーヴァも出走ということで、これは厩舎がした選択だと感じました。ですので仮に勝ったとしても過程は絶対に認めないという気持ちで見ていました。新聞コメントで助手さんが「左回りはあまり得意じゃないし、作戦を考えたい」というコメントだったので、じっくり待機して最後の直線に懸ける形のレースは大野騎手の独断ではないと思っています。(得意じゃないことを助手さんが認識してて出すとは?)ということになるとエルフィンS後に調教師が行っていた「前で受ける競馬をやりたい」って話はどうなったの?という感じです。これじゃエルフィンSから距離短縮した意味もないし、毎回バカの一つ覚えみたいに「折り合いは我慢できていた」じゃ話にならないんですよね。クラシックを目指していた頃に色々と教え込んでということで理解していた部分が大きく、それはある意味エルフィンSで終わったと思うんですよね。春にもう1つ勝ちたい気持ちはわからなくもないですが、だからと行って訳がわからない条件にわざわざ遠征させて、全く同じようなことして負けて、馬体減らして帰ってくるんじゃ価値がありません。こんな訳わからない使い方をされて、それでも着差僅かの3着まで来るんですから力があります。昔だったら単発の記事にしていると思うので、そうじゃないだけ大人になったと思いません?

レアリサンド(ディープインパクト×ドリームオブジェニー/高野友和)
チャンピオンヒルズにて調整中です。先週の時点で516㎏で高野師が500㎏付近まで減らして欲しいとリクエストしているようですので、もう1、2週くらいで帰厩でしょうか。あとは厩舎で順調に行くことを願うばかりです。小倉開催あたりで1発回答できるのが理想ですね。

キャプテンローレル(ドレフォン×アラフネ/羽月智彦)
現在は羽月厩舎にて調整中です。新馬なのでもう少し時間が掛かる気がしないでもないですが、6月19日のダート1,200mでデビューできれば良いですね。今週の追い切りの時計が1秒から1.5秒ほど縮められたらそれくらいのデビューが見込めるのではないでしょうか?

エフジーノット(ドゥラメンテ×コケレール/黒岩陽一)
現在はノーザンファーム空港で調整中です。本日付けの更新で今月中にも脱北という話が出ていますので、ここからはとにかく順調にいくのを祈るばかりですね。夏前にゲート試験に受かって、本当に暑い時期を越した秋口にデビューできるなら最高だと思います。ただ、脚元のこともあるので本当にゆっくりで良いと思っています。

フィアーミー(カレンブラックヒル×サトノアーチ/小野次郎)
ゲート試験に合格し、現在はヒロセステーブルでデビューに向けて調整しています。6月中は乗り込みですかね。福島開催中にデビューできれば良いと思います。

ビーナスローズ(キタサンブラック×シャンスイ/清水久詞)
VenusRose210520top
現在はチャンピオンヒルズにて調整中です。最近更新された写真が素晴らしくて唯一の掲載となりました。15‐15‐13まで進んでいるそうなのでこのまま順調に行くことを願います。そこまで早くはないと思っていましたが、これならそのうち声が掛かるかもしれないなと思います。今日付けで430㎏なのでもう10㎏くらいあれば良いなとは思いますが、走りながら成長していけば良いなと。

ファンジオ(モーリス×マンテラライ/藤岡健一)
現在はチャンピオンヒルズにて調整中。緩いというコメントも出ている通り、まだまだ乗り込んで良いと思っています。晩秋あたりでデビューできれば良いと思います。

カーペンタリア(ロードカナロア×モシーン/木村哲也)
トレセンに入厩しゲート試験に向けて調整中です。この厩舎の場合は試験合格後放牧だと思いますので、今週中に受かってしまえれば良いですね。厩舎到着後も熱発しているようで、体質的にまだ弱いところがありそうなので、早く受かって秋に備えられれば。

ルピナスリード(ダイワメジャー×ルパンⅡ/吉岡辰弥)
こちらもチャンピオンヒルズにて調整中です。来月のこの記事を書いている頃には入厩しているはずだと思います。最新の更新を見る限り恐らくビーナスローズと同じようなタイムの出し方をしているんじゃないかなと思いますね。時計を出すと身体が減っちゃうみたいですが、なんとかデビュー戦で450㎏以上で出走できれば良いなと思います。

いつの間にか日高系クラブの関西馬は全頭がチャンピオンヒルズに在厩しています。色々なところで違うやり方をしてもらうのも、もちろんこうして更新を文字で見る立場としては良いですが、やっぱり同じところだと比較がしやすいのでありがたいですね。かなり人気みたいなのでこれからも継続して入ることができるのかわからないですが、来年の馬たちもここに入ってくれれば良いし、そのころには見学とか行けると良いなぁと思います。

ターファイトの追加募集馬が発表されました。40口も今週には厩舎の発表があるようですし、今年の厩舎の傾向はシルク等に繋がってくる感じがしますね。今年もシーズンがやってきました。

このページのトップヘ