前回のブログに引き続き2020年ターファイトクラブ当歳募集で出資することができた馬を紹介します。
5f797a689bcb6911
コウヨウルビーの2020(父インカンテーション/谷川牧場/道営・田中淳司厩舎管理予定)
まずは今回の募集で本馬とファンディーナの2020に出資できたことで、2020年に募集された谷川牧場の生産馬(マンテラライの2019、ルパンⅡの2019)にすべて出資することができました。予算や他のクラブとの兼ね合いもあり、必ずしも谷川牧場生産馬に申し込みをしているわけではないですが、今年募集された全頭が楽しませてくれそうと感じました。現在、谷川牧場の生産馬がターファイトで募集されると完売間違いなしです。1次募集でなければ出資できない状態になっています。1000口募集とは言え落選者も多くも見られる中で出資できたことは幸運と思っています。来年は全落を覚悟しなければかな…。

カプランの引退時に地方馬はしばらく出資しないだろうと思っていましたが、まさか同じ年に地方所属予定馬に出資することになるとは思いませんでした。何よりの魅力と感じたのは道営のトップトレーナーである田中淳司厩舎でデビューからお世話になれることです。地方の馬に出資するにあたってやはり厩舎というのは何より大事で、この厩舎ではマーガレットリバーが中央復帰を目指した転入で経験していますが、できれば純粋な所属馬としてお世話になりたいと思いました。「自信のある馬しか募集に出さない」ということを言及している谷川牧場の馬でこの厩舎なら行かざるを得ない。中央に転入を目指すとありますので、ずっとという訳にはいかないと思いますが、そういう馬たちを多く知っている調教師でしょうしどんなオペレーションをみせてくれるのか楽しみにしています。

馬体は骨太でトモの容量も豊富です。腰に筋肉があるのが見て取れるのが良いですね。それでいて前はそれほどマッチョじゃないのも良いと思っています。募集時の動画を見ると、言われているように芝でもという感じがしなくもないですが、その後直前に公開された動画を見ると前肢の出かたとかダートだなと思います。後ろの繋ぎの感じとかもダートじゃないかなと感じています。血統面の話をすると実はバブルガムフェローがかなり好きだっていう話はマーガレットリバー出資時にしたかわかりませんが、A.P.Indy系の種牡馬ではシニスターミニスターでもパイロでもカジノドライヴでも結果が出ていて、ダート寄りの母父なので相性はいいかなと思います。インカンテーションも長く活躍した馬ですし、ストレッチランナーかつHaloクロス寄りのコーナーフワッと加速マンだったら良いですね。

先日第一回のJBC二歳優駿が開催されました。距離適性的にどうかというのはわかりませんが2年後にここに絡めているようなら相当楽しみだなと思います。中央転入も良いですが南関東に鳴り物入りで転入できる未来とかでも良いですよね。とにかく自分は地方所属馬で未勝利(転入除く)なのでなんとか勝ち星が欲しいですね…。道営は能力試験とかから映像が出ますし、何よりこの厩舎はPOGの青本に掲載される可能性があります。見てるか鑑定士。絶対載せてくれよな。インカンテーションに思いを馳せる人の脇で控めに、でも大いに期待したいと思います。まずは無事に競馬場まで。

・落選馬
5f799865bb5e1378
今回は3頭に申し込みましたが残念ながらメイショウユウゼンの2020は落選してしまいました。個人的には今年の募集でシンプルに評価するなら一番良いと感じていたのと、関東の牡馬で、しかもお世話になってて良く知っている矢野先生なら行く価値があるなと感じました。去年のサトノアーチくらいの手ごたえは感じていたので、あの馬がなかなか売れなかったのも驚きですが、この馬が大人気というのも耳がキーンとなります。クラブ活躍馬の下はやはり人気になりますね。もちろん欲しかったですがターファイトは当選しかしたことなったので致し方なしです。

アグレアーブルのデビュー戦の前にパドックで待機しているときに前のレースのパドックを見ていて、そこにアグレアーブルと同じく鞍上岩田康誠で凄く良いなと感じた馬が居ました。その馬はターファイトに所属していたサインズストーム。この馬の兄です。ターファイト所属馬として活躍することはできませんでしたが、こういう因縁はどこかで繋がるものなので、この落選もきっと何かに繋がるんじゃないかなと思っています。見染めた馬ではあるので活躍してほしいですね。でも落選したワールドインパクトのダービーほど複雑な思いをしたことはないのでほどほどに…というのは冗談で本当に活躍を期待しています。出資者が幸せになれるような馬なら良いですね。