レッドジゼルの2020に出資を申し込み当選したことから東京サラブレッドクラブへの入会が決まりましたが、それにあたって1次募集のうちにもう1頭出資することができました。それがレッドマジュールの2020です。
b_p_main_RedMajeur20
クラシックを目指すって言ってサトノクラウンやリオンディーズかよと思われるかもしれませんが、母方のマンダララの血統は1,800m以上の勝利実績も多いんですよね。実質的にディープとキンカメがいなくなるこの世代では、ちょっと血統にこだわって出資したいなと思いました。血統の考え方としては望田潤氏の論を参考に考えていますが、参考にしている論として、エピファネイア×キングカメハメハはSpecialのクロスになることでエピファネイアの弱点である後脚のパワーを補っていて、リオンディーズは既にクロスされてマイラー気質があるから非NothernDancerクロスの中距離型の牝馬と相性が合うとあって、レッドマジュールはディープにリファールが1本、マンダララはND無しということで当てはまりますし、兄弟の成績を見ても中距離型という見方もできるかなと思いました。またSharpen up持ちはエフフォーリアも共通ですね。

ここからは勝手な想像ですが、リオンディーズ産駒を見ていると確かにマイラーっぽい感じはするし、スピード性能というか父の雰囲気を伝えるのは前提としてあると思いますが、少なくとも2,000mまで、そして早期で活躍する産駒を出せるんじゃないかと思いました。今年はクラシックに絡む馬はいませんでしたが、1、2年目を経た産駒からクラシックに望めるような馬が出てもおかしく無いと思います。マンダララの血統は総じて完成が遅いようで、この馬も5月生まれのためサイズ的には小さいですが、最新更新で400㎏に乗っていたし、それなりに早い段階で大きくなるのではないかと想像します。キンカメは母を出すという言葉を借りれば、気性がバグったシーザリオという見方を自分はしていて、シーザリオにディープにRivermanなので、ストライドが大きく切れ味を発揮するタイプになるのではないかと思います。というかそういう設計図のように見えました。馬体的にも前述のようにまだ小さく幼いですが、リオンディーズの産駒を見ていて馬体を裏切っている感じの馬をあんまり見たことがないし、トモが大きく柔らかく歩けて良いんじゃないかなと思いました。まずそれが先に目について血統を調べた形なので、血統は当てつけですけどね。でも良いなと思った馬の設計図がしっかりしていると思えたときが一番良いじゃないですか。

とは言え半信半疑の部分は大きいです。ただ仮にマイルくらいを走るような馬だったとしてもそれで良いかなとは思っています。マイル以下はないと思いますしね。如何にも府中が合いそうな血統だと思うし、まずはそれを発揮できるように育ってくれるのを願うばかり。手塚厩舎は初めてですね。手塚厩舎初の日本人騎手でのG1 制覇をこの馬で出来たら良いと思っています。エピカメ等ニックスになるような組み合わせがありますが、望田氏はリオンクリスエスを上げていますが、リオンディープもそういう風に呼ばれていたら良いですね。成長過程も含めて楽しみです。