先日ターファイトの追加募集が開始されました。自分が申し込んだ2頭は抽選となりましたが、無事に当選の連絡をいただきましたので、今回はその2頭についてです。検討の記事は以下になります。

※画像はターファイトクラブの許可を得て掲載しています。
60f68cf50d021585
ドリームオブジェニーの2020(父ロードカナロア/吉岡辰弥厩舎)
上のキングレリックに行かなかった理由が「この兄弟の牡馬は様子を見たい」というところだったので、同じキンカメ系のロードカナロアで、かつ牡馬なのでどうするか相当迷いました。そこで思ったことは当歳時は順調ではなかったっぽいのは一旦置いていて、このファミリーで大きくなり過ぎていないのは脚元を考えればプラスだと思うし、何よりロードカナロアが配されたことで適正は確実に短いところに見られるだろうと。自分はファンディーナを「桜花賞を目指す馬」として出資をしていました。それは血統を考えたときのもので、まず1,800mで結果が出た。それで結果として負けたものの皐月賞も悪い内容ではなかった。ただ、最後失速をしているし、秋華賞はタフな2,000mでバテた。本来の適正かもしれなかったリゲルSはレース中に怪我をしたと考えると、実はもっと距離が短いというのも考えられる話です。クードメイトルも2,200mだと勝ちきれないけど、1,800mだとモズベッロに完勝できるような馬だったし、レアリサンドも同じようなレースぶりで、実際に生で見たときも肉付き的にマイルくらいでも良いのかなと思ったほどだったので。

ロードカナロアはA.P.Indy系の間では活躍馬が出ていません。ただ、A.P.Indy系とカナロアはあまり配されてない感があって、相性が良い悪いは別にしてこれから増えてくるのではないかなと思いました。Machiavellian×Nureyevもサンラモンバレーがいますが、ミスプロとは相性が良くないというのはよく言われていますので、そこまで信頼性がある感じではないです。Nureyevだけでなんとかなってくれれば良いなという血統面です。馬体面は検討の時に胴が短いからなんとかなるかもと書きました。牡馬として唯一平地で結果が出ているナムラシングンの馬体を見直したんですが、やっぱり脚が長いんですよね。ファンディーナも回転が速いのに脚が長かったし、クードメイトルもそんな感じ。この兄弟は長い脚に馬体が浮いているように見えるくらいがちょうど良いのかもしれません。まぁこじつけですけどね。仮に性別による差でなければそれくらいしかわからないというのが正直なところです。まだ肉付きが劣るというのもあると思いますが、出資していた兄2頭よりは胴が短く胸が起きている感じ。タイプ的に違うのでこの馬がどういう成長をするかというのは注目に値すると思います。

とにかくこの兄弟は順調に行くことが一番です。じっくりコトコト年末デビューくらいで良いのかもしれません。この兄弟とはいえ、この馬はディープ産駒ではないし価格もこれまでに比べて手頃で、吉岡厩舎に変わったことで、今までよりはプレッシャーが少ないかもしれません。ポテンシャルが磨かれること、そして競馬場で表現できることを願います。

60f68d24dfcef851
ルパンⅡの2020(父ハービンジャー/西村真幸厩舎)
姉のルピナスリードにも出資をしていますので、2年連続でお世話になります。姉はそもそもルパンⅡとダイワメジャーは合うという確信があった上で、馬体を見てGOとなった馬でした。この馬の場合は血統面が最大の検討案件ですよね。改めて血統表を下に貼ります。
血統表
Dansiliの母HasiliとPromising Leadの母のArriveは同血の姉妹です。そこにDanehillが配されているのでDansiliとPromising Leadは同血2×2になります。この部分をどう考えるかということになると思うのですが、自分はハービンジャー産駒を見るうえで過去に望田潤氏が言及されていた以下のことを意識しています。

いくらHasiliの増幅がハービンジャー産駒を強くする鍵だよと言われても、さすがに同血の2×2というのはサンプルが無さ過ぎて未知数です。マイネルレオーネが完全同血の2×2で息の長い活躍をしていますが、それくらいでしょうか。まぁここに関しては考えても仕方ないです。ただ、これで体質が弱そうだとか、貧弱な馬体をしていたら敬遠せざるを得ないと思いますが、馬体面に関しては素晴らしいと思います。ウォーキングも力強くて伸びがあるし、爆発的に活躍をするポテンシャルはあるのかなと思います。仮になかなか勝ちきれないようなタイプだとしても、西村師は数を使ってくれるイメージがありますから、1つ勝てばクラシックに絡むように使ってくれると思っています。社長はデカくなり過ぎないことを気にしていましたが、シルクのツルマルワンピースの2020とかを見れば500㎏を越えていますし、最終的にそのくらいの大きさに収まれば良いのかなと思っています。

今年はあの馬もこの馬も父がハービンジャーという印象です。既に出資をしているファンディーナの2020も、シルクで募集されているアグレアーブルの2020もハービンジャー産駒でした。ディアドラやペルシアンナイトといったファンディーナと同世代の馬たち、そしてその後にブラストワンピースやノームコアが活躍したことで種付けが増えている世代です。秋華賞を見に行った時にパドックで見た輝かしいディアドラは今でも忘れられないです。谷川牧場としても何か因縁のようなものがあると思うし(そこまで思っているかどうかはわからないけど)、個人的にもハービンジャーは導入当初からずっと注目していて、今までの父産駒でデビューした2頭(プラチナフェアリー、プレビアス)は未勝利に終わってしまいましたが、母父にハービンジャーを持つヴェールクレールが勝ち上がってくれて、そしてこの世代で2頭なので、思い入れ的にも活躍馬を出てほしいなと思います。アスコットの破壊王と言われた父、そして代表産駒の1頭であるブラストワンピースみたいな走りをしてほしいですね。

というわけでこれで世代6頭になりました。残るはシルクですが、仮に2頭取れて8頭…多い気がしますが、上の世代の層が薄くなっているところの危機感があるので、1頭でも多く長い活躍ができるように願っています。