先ほどシルクの今年度募集の振り返り記事を書いた中でも触れましたが、ショウナンパンドラの2020に出資することができました。

6256_9043
この馬の出資に関しては細かい理屈とかは特になくて、単純に良い馬体をしていて、良い動きをしている馬が世代一番の価格だったので自信の表れだろうと思って行きました。見た目に均整がとれているように見えましたが、測尺もまるっきりそういう数値だったので馬体面に心配なことは何一つありません。まだまだ薄い上に筋肉のボリュームにも欠けるところがありますし、そこを不安点として挙げている方も多く見ましたが、この一族自体がそこまで大きい一族ではないですし、逆に大きいとダートに触れることもあるので、もちろんこれからの成長はあるはずですが、そんなに気にしていません。450~480キロくらいになってくれればと思っています。

迷ったポイントは血統面ですね。ロードカナロアと母父ディープインパクトの組み合わせはあまり結果が出ていないんですよね。Sir Gaylord≒Secretariatが作用してトモが薄くて前輪駆動タイプになるのと、そもそも馬格が大きくならないというのがあるようです。それはこの馬にも合致していそうで、ただ、そこは母のショウナンパンドラが出ていると解釈をしました。大きすぎて母の良さが全くないというのもそれはそれで良くないと思います。ロイヤルサッシュ牝系と言えばステイゴールドがいますし、自分はステイゴールド産駒と相性が良いですからね。

もちろんクラシックを目指しての出資ですが、恐らく間に合ってギリギリというタイプでしょう。姉のパンドレアはもっと柔軟性があるタイプで、弟は牡馬特有の芯が通った感じがあるので、しっかり乗り込むことができればもしかして…という感じです。母のショウナンパンドラはこの馬と同じく高野厩舎で活躍した馬ですし、この1歳世代はこの馬とファンディーナの子でお世話になることができます。考えてみればノーザン系クラブで高野厩舎にお世話になるのは初めてですし、自分の中では初めてのミリオンホースで、さすがに否が応でも期待をしてしまいますが、それがこの厩舎と共に挑めることを凄く嬉しく思っています。変にプレッシャーを与えてもしょうがないのでデビュー戦まですくすく育ってほしいですね。順調にいくことができたならまた良い風景が見られるんじゃないかなと思っています。