Sweet dreams

カテゴリ: 競馬ネタ



皐月賞だからということで何か書こうかなと思ったのですが、ファンディーナに産駒が生まれ、その姿が動画で公開されることを心待ちにするような生活だとあまり思うことはないんだなと感じています。

自分はアグネスタキオンが競馬にのめり込む大きなきっかけなので、皐月賞にはいい印象を持っています。しかし、本当に願っていたのはそこでの引退ではなく、ネオユニヴァースやディープインパクト、メイショウサムソン…etcのように皆の夢である東京優駿に向かい、その名声をさらに轟かせてほしかった。それでもアグネスタキオンが凄い馬だと語り継がれるのは中山2000mという最高のスピード勝負の中で発揮されたパフォーマンスが素晴らしく夢をもたせるものだったからと認識をしています。だから自分は皐月賞というレースが一番好きです。

過去に比べればステップレースの意義が落ち、むしろダービーに向けてのステップレースと捉える風向きが強くなっています。でも2歳年末から皐月賞に直行してきた馬ってレイデオロ、サートゥルナーリア、そして今年の人気2頭だけなんですよね。昔に比べて使うレースが少ないことに文句を言う人が多いですが、そんなのただのイチャモンなんです。ファンディーナは「年明け4戦で皐月賞はキツイ」と言われていたんですから。賞金があって能力があって仕上げる自信があれば別に年明け初戦がこのレースでもおかしくない。春この1戦で終わらせるつもりもないでしょうし、今年みたいに馬場が悪いトライアルを使って本番も悪い馬場を走って必要以上に消耗させるよりは良いでしょう。トライアルを使う必要ない馬でも使うほうが春の大レースに勝ちやすいと気がつけば大手の牧場が切り換えないわけがないですからね。皐月賞がほしくない陣営なんて滅多にいないはずです。

何度も何度も何度も書いていますが、やっぱり2017年の皐月賞を見るとグッと来ます。上に過去のレースのダイジェスト動画を載せていますが、3角から4角回って先頭に立った…あたりの興奮は人生の中でも中々味わえないものだったのではないかと思うんですよね。またそんな経験がしたいし、そういう馬と巡りあえるように願うばかりです。


ターファイトの1歳追加募集予定馬が発表されました。動きは見れませんが、写真は載っているので血統的なところも含めて印象を書いていきます。

・マリーンウィナーの2019(父ビッグアーサー)
名牝系のバラードの一族で、ホワイトフーガの下に当たります。血統表を見るといろいろなクロスが成立しているのですが、個人的に好きなのはZafonicの母父The Minstrelがサクラハゴロモと血統構成が似ていることでしょうか。まぁ成功例はないのですが、血統表がうまい具合に3/4かなと思います。父の印象が強いですが、ダートでマイルくらいで走るのではないでしょうか。馬体もしっかりしていますし楽しみな馬です。

・クールアンフルールの2019(父ドゥラメンテ)
最近やたらとサクラバクシンオーの血について書いている気がするのですが…。ドゥラメンテとサクラバクシンオーは相性が良さそうな気がします。ノーザンテースト持ちのルーラーシップの産駒ではリリーノーブルやウォーターパルフェがいます。馬体は前がしっかりしている感じですかね。ドゥラメンテの子はフレームがしっかりしている印象なので、脚元と柔らかさがあれば良いと思います。

・ダイワエタニティーの2019(父マジェスティックウォリアー)
大北牧場のTwitterで募集されることが発表されていたので知っていました。たしか当歳の品評会で賞をとった馬だった記憶です。エンパイヤメーカー同様に意外と活躍馬が出てない雰囲気のあるマジェスティックウォリアー。昨年のダンカークは結構芝でも走ってたんですけどね。完全にダートに寄る感じでしょう。ハイペリオンマシマシな母に米血をぶつけたイメージもあまりわきません。

・ターフマジョリックの2019(父トビーズコーナー)
ターフマジョリックの子は上のローマンビューティーが素晴らしい馬体だったのもあり、まずは馬体が良いか。話はそこからという感じでしょう。個人的にはトビーズコーナー産駒に出資するなら2歳の方にいきたいです。背ったれな感じがしますが時期的なものかどうか。

・マンテラライの2019(父モーリス)
モーリスは初年度がやたらと動いている馬が多くて注目しています。ロベルト系ということも考えると基本は牡馬がいいでしょう。グラスワンダーの母Amerifloraとマンテラライの父父のDanehillはDanzig×His Majestyで共通です。血統背景からも大箱向きのマイルから1800mくらいで良さそうな雰囲気を感じますね。関東の厩舎がいいですが…谷川牧場なので関西ですかね。堀厩舎とかだったら興奮して死んじゃうかも。

・ルパンⅡ(父ダイワメジャー)
自分はメダグリアドーロ…というよりEl Pradoが苦手なのですが、この血統的に苦手感は克服したいと思っているんですよね。おそらく今まで日本ではサドラー感がフューチャーされてきたのかなと。だからレースセンスはあるけど脚が速くなさそうなイメージ。ヒルダズパッションのせいな可能性が高いですが。ダイワメジャーはSir Ivor≒Haloやニジンスキー、ブラッシングルームから活躍馬が多数でています。ダイワメジャーの牝馬は走らないなんて言われていたときもありましたが、メジャーエンブレムがそれを打ち破り、昨年はシゲルピンクダイヤ、今年のレシステンシア、これら全てサドラー持ちです。苦手感を克服するには一番良い血統であることは間違いなさそうですね。

・シャイニングムーンの2019(父エスポワールシチー)
血統はともかく馬体がすげぇんですよ。エスポワールシチー産駒で自分の出資馬だったフロントラインを思い出すほどの馬体です。個人的ゴールドアリュールの三種の神器、ロベルト、ミスプロ、Specialを全て満たします。現段階で否定する要素が一つもないですし厩舎次第でしょうか。グランデファームなら育成までしっかり見てくれるでしょうからね。

・アニーの2019(父トウケイヘイロー)
トウケイヘイローの産駒に出資するとなると馬体を重視したいので現状ではちょっと判断つきません。

・ピュアウィッシーズの2019(父モーリス)
写真だけみると前脚が気になるのですが…。牡馬が良いロベルト系、牝馬が良い牝系。難しいですね。これは馬体をみてかなと思います。

書いてて気が付きましたが村田牧場の募集馬がいませんね…。当歳募集の馬の売れ行きでしょうか。覚え書きみたいなものなので雑な文章ですがご了承ください。

年度末の仕事が終了し、年度初めの仕事を一杯こなしているわけですが、コロナの影響で業務が激増。帰宅すると30分くらいボーッとしてしまうくらい疲労が来ていて、それとは関係なくタイピングのしすぎで腱鞘炎気味なのですが、ブログを書いています。


自分はファンディーナの種付け相手としてエピファネイアを提案するくらい好きなのですが、エピファネイアの真骨頂というか最大のパフォーマンスを引き出したレースって新馬戦だと思っているんですよね。道中内で我慢して、直線に出したときの弾け具合は今でも覚えています。その後は前向きすぎる気性ばかりがフューチャーされてしまい、その折り合いを完璧につけたのが圧巻の走りを見せたジャパンカップだったのは今更言うまでもないことです。気性が激しくかつタフなレースを見せるようになった、産経大阪杯ではキズナに差し脚比べで負けたという点で、本質はシンボリクリスエス的な部分だというのがこれまでのエピファネイアの認識で、だからこそ一口で出資するときはそういった部分がフューチャーされる馬が出てくるのではないかと予想をしていました。

デアリングタクトのレースを見るとまさに父の新馬戦に似ているなと。この走りはシーザリオから来ているものなんじゃないかと感じました。スペシャルウィークはシーザリオとブエナビスタというスーパー牝馬を2頭出しています。もちろん牡馬でも今後走る馬は出てくると思いますが、エピファネイアはスペシャルウィークと同じように今後も特別な牝馬を出すと考えました。ブエナビスタの絶品のウォーキング動画を見たことある人は多いと思いますが、そういう馬が今後出てくるはず。デアリングタクトがその1頭目だとすれば、今後多くても1頭か2頭でしょう。その馬を見つけるためにアンテナは張っておきたいですね。


この前何気なくこの動画を見ていて思ったのですが、ベガのオークスの走りが何かに似ていると感じ、頭の中で掻き回していたのですが、アーモンドアイだと思いました。ベガとアーモンドアイの共通点を考えてみたのですが自分にはBack passerの血しか共通項目が思いつきませんでした。その何年後に流れるアドマイヤベガのダービーを見て、母とフォームがそっくりだなぁと思ったんですよね。それを思うとアーモンドアイはベガなのかアドマイヤベガなのかわからなくなりました。そういえばアルバートって種牡馬入りしないですかね?Tom Foolの血が豊富ですし血を繋ぐべき良血だと思うのですが。エンパイアメーカー牝馬辺りとつけたら一発ありそう。アドマイヤドンの血を引く馬に出資したい気持ちがあるのでぜひ。

競馬じゃない話題でも書きたいことがあって下書きにも残っているのですが、なんとなく仕上げる気にならずにこのコロナ騒動。リアルにオードリー(に絡めて日向坂)と競馬以外の物に触れていません。美術館にも行きたいのだけどやっていないし…まぁそんなこんなで何故か好評だった1歳新種牡馬記事の2歳verも書いてみようかなと。

以前の記事はこちら(試しで使ってみた)


ドゥラメンテ
ドゥラメンテ
自分はこの時に書いているようにドゥラメンテのファンなんです。だからこそ気になっているのは産駒の前脚が普通の馬に比べて怪しい(怪しく見える)馬が多いんじゃないか?ということ。昨年シルクやその他クラブのドゥラメンテ産駒を見た時もそうですし、社台SSに見学に行ったときにもそのようなことを言われて本当に気になっています。能力はあるけど怪我をしてしまう、健康体だけど飛び抜けた力はないみたいな感じになってしまうことを危惧していて好きな種牡馬ですが初年度は行きませんでした。こういう馬こそ「この血統からは活躍馬が出る」みたいな感じになりそうな気がするのですが、基本的にはなんでもござれのキンカメ系ですし予想もできないというのが本音。個人的にはエアグルーヴとかダイナカールな部分の血統を増幅したり刺激したりするのが良いと思っていて、2歳だと母アイムユアーズみたいな馬が走るか走らないかは一つの指標になりそうです。あとは母父サクラバクシンオーが気になるところですね。地味に母父フサイチコンコルドが3頭もいるのが気になりました。傾向を掴んだら絶対出資したい種牡馬です。

モーリス
モーリス
絶対完成遅そうだし野暮ったい血統で足遅いでしょ…と思っていたのですが、予想に反して育成時から評判の高い馬が出てきています。そんな時に「そういえばモーリスってHBAトレーニングセールで凄い時計出してた馬だったよな…」と思い出すんですから都合の良い頭だなと思いました。育成段階でストップしてしまう馬が少ない印象で基本的にはしっかり乗り込めるのが良いポイントでしょうか、現時点で評判の良い馬は総じて父似の印象です。父似で脚が長く見える馬、乗り込めていれば問題ないんでしょうけど500キロくらいまでの馬が良いのではないかなと。あとはRoberto系なので牝馬は割り引いておきましょうか。(一口的にはあまり関係なさそうですが)グラスワンダー→スクリーンヒーロー→モーリスと来ているので、サイヤーラインをつなぐ程度の大物(普通に凄いのですが)かなと思っています。簡単に想像がつくのはディープ×Nureyev牝馬とか、キンカメ牝馬で様子を見るのがベターなんでしょうが、それじゃ面白くないので母父ステイゴールドと母父タニノギムレットから大物がロマンありそうなので狙っていきたいなと思います。

ミッキーアイル
ミッキーアイル
リアルインパクトもそうでしたが「まあ普通に走るでしょう」という感じの種牡馬のイメージなのですが血統的には全然違うんですよね。とは言えクラシック路線とかとはまた別のイメージなので芝ダート問わず受け皿は広そうかなと思っています。Be My Guestの入っているディープ産駒といえばワールドエースなのですが、それよりも若干スピード寄りかなと。デインヒル持ちのディープ産駒といえばこれまた現役でスピード性能に優れたダノンプレミアムが待っていますし、早いうちに結果を残したいところではありますよね。二歳はあまりサンデークロスの馬がいないのですが、非NDのサンデー後継種牡馬を母父に持つ産駒はちょっと注目していて、地味に目立つスウェプトオーヴァーボードもスピードに特化しそうで良いですよね。ちなみにディープインパクト×アンブライドルド系の黄金配合はおそらくミッキーアイルでも発揮されるでしょうが、ターファイトで募集されているクールマジョリックはそれに該当するのでぜひご検討を。(矢野英一×中島牧場の黄金コンビです)

リオンディーズ
リオンディーズ
自分が産駒に出資しているということもあるのですが、個人的にこの世代の新種牡馬で一番走ると思うのはこの馬です。理由としては産駒の見栄えや出来が凄く良いからという一点に尽きるのですが、今年の新種牡馬としてエピファネイアが走っているというのも根拠として挙げられそうです。日高を中心につけられているというのも血統に幅があって良さそうな感じがしています。アベレージ型でどんな母馬でも勝ち上がれる水準くらいまで持ってきそうな気がしているんですよね。2歳を見ると当然のように母父サンデー後継種牡馬が多いのですが、母父ダンスインザダークのヴィヴィッドカラーは良さそうです。母父ピュクシスもいい感じですが気性が爆発するのかなぁ…。母父アグネスタキオンで成功形が出てくれるといいなぁというのもありますね。

クリエイターⅡ
クリエイターⅡ
種付け頭数は89頭ということでそこまで多くないのですが、ラニが出走したベルモントSの勝ち馬で日本で種牡馬入りした初のTapit産駒、そしてこの先Pulpit系が数頭種牡馬入りしていくのでそれも含めての考察です。とか言いつつ母父側のPrivate Accountから言及するのですが、日本でこの血統で思い浮かぶといえばダークシャドウで、父Tapitが芝向きに出ることの多い現状ではそういう配合も良さそうだなと思いますよね。また2歳世代には1頭もいませんでしたが、Tapitはアンブライドルドの血を持つので母父ディープで逆黄金配合という発想できますね。Private Accountの母Numberd Accountはカリフォルニアクロームにも存在していて、しかもPrivate Acccountじゃないところから経由しているというのは血統の面白さを感じますね。Backpasserの影響力が強そうですし、キンカメやロードカナロア肌が良さそう…と言っても今後そこまでの肌馬がこの馬に与えられるかわかりませんが、カリフォルニアクロームまで覚えておきましょう。


疲れたので一旦ここで打ち切りますが、もう2頭くらい書きたい気持ちは残っています。

当歳から募集を開始する日高系のクラブは別として考えると4月5月辺りから社台系クラブ、それに順じてユニオン、東京サラ、ウイン、シルク…みたいな感じで1歳馬募集が開始されます。先日明確な目標を書き記しましたが、それで活かすかどうかは別として今回は1歳主要な新種牡馬で狙っていきたい血統をつらつらと書いていきたいと思います。カリフォルニアクロームなど新たな種牡馬の導入が盛んになっていますが、ということは導入に動き出すときにも新種牡馬にも目を向けているのではないかと思いますし、ディープインパクト、キングカメハメハがいなくなり、ロードカナロアもある程度制限されそうなこの状況で目を向けておくのは悪いことではないのかなと思っています。

イスラボニータ
イスラボニータ
1歳産駒を調べてみると母父キングカメハメハ、クロフネ、ブライアンズタイムが多く見られました。フジキセキ系×デピュティミニスター系というのはダート向きでベタに走る感じになることが多く、大分鉄板と化しているので多そうだという気がしました。他のフジキセキの後継種牡馬よりも芝向きに転じるかな?と思っているので、サンデー系のクロス、特にコジーンと相性の良いステイゴールドの血を探しましたが、1歳にはいないようでした。体質を度外視するならアグネスタキオンの血も面白そうですよね。ノーザンダンサーの血も薄い種牡馬なので、そのクロスのきつい馬も合う気がします。自分の加入しているクラブでの募集は少なそうですが楽しみな種牡馬なので注目です。

ドレフォン
ドレフォン
ついに社台もダート種牡馬を…と言われて久しいドレフォンです。スタリオンの方のインタビューを見るとそれだけじゃなく例えばディープの牝馬なら芝のマイルを走るようなイメージという感じのようです。そのお話に沿うように世代で一番多い母父はディープです。その中でノーザンファームの馬に注目してみるとガタイが小さく、少々スピードに欠けた競走成績だった馬が多いように思います。自分の出資馬にラディーアという馬がいましたがそんな感じの母が多いですね。とはいえ基本はダートに向きそうなのをベタに狙っていくのが良いと思うので、母父はストームキャットだったり、デピュティミニスターだったり狙ったり、シンプルにミスプロ血脈の馬が良いと思いました。キンカメではビキニブロンドの血統がキレイで好きですね。(ソニンク信者)

ビッグアーサー
ビッグアーサー
サンデーサイレンスを持たないそして純粋なスプリンターとしてサクラバクシンオーの後継として期待されていて、実際に種付け頭数も集まっています。そんな背景も手伝ってやはり母父サンデー系種牡馬との配合が多いですね。一番多いのはパッと見た感じマンハッタンカフェでした。ビッグアーサーを生産したバンブー牧場が種付けした4頭中2頭がマンハッタンカフェというのはなにか理由があるのでしょうか。サクラバクシンオーの持つクリアアンバー後を全面に活かすとなると、クインズラッシュの産駒の血統が好きですね。上のロードエクスプレスも走っていますし、二匹目のドジョウということでロードが落札したりしないでしょうか。(セールに出るのかもわかりませんが)

キタサンブラック
キタサンブラック
ディープインパクトは数々の自身が持つ素軽いイメージを通りに様々な血統から走る馬を出しましたが、キタサンブラックは現役時のイメージもそうですが良くても自身の若干劣化版みたいな馬を目指すのが正解かなと思っています。ブラックタイドと≒になるダンシングブレーヴの血統(ホワイトマズルやキングヘイロー)などは良さそうですよね。サクラバクシンオー側から考えるとトニービンなども良さそうなので受け皿は広そうです。なんとなくフィリーサイアーになりそうな気がします。シルクに来そうなスイープトウショウやシャトーブランシュ、過去に募集された中ではクーデグレイスなんかは良い気がします。まぁ出資は無理でしょうが、この辺がよく映れば普通に評価したいなと思っています。今年は一頭しか居ませんが母父ハーツクライも注目したいですね。

コパノリッキー
コパノリッキー
ゴールドアリュールは三種の神器的に血統的成功パターンがあって、それはミスプロ、ロベルト、Special(ヌレイエフやサドラーズウェルズ等)です。これは自分が一口馬主を始めた頃から変わっていません。それで活躍した馬に出資できていないのは痛恨なのですが、それくらいはっきりした傾向で、後継種牡馬として産駒が出ているスマートファルコンやエスポワールシチーにも共通しています。秘伝のタレを継いでいくイメージで行けば良いと思っています。この頃はフレンチデピュティの血統からゴールドドリームやゴルトマイスター、ショームなどが出ていてこの辺と同じようなイメージで良いのかなと思っています。サウスヴィグラスを母父に持つ馬が一番多く、狙いもわかりやすいのでざっくり血統を見て後は馬っぷりが良いのをチョイスすればよいのかなと。ただ注意は地味に脚元が弱い馬を出すことが多いので、そのへんとの兼ね合いですかね。

ということで今回はこんな感じです。この種牡馬の産駒から出資した馬がいたので、改めて色々と考えたら色々と広がったので書きました。それにしても本当に種牡馬が豊富になってきて素晴らしい時代になっているなぁと思います。ケンタッキーダービーの時も思いましたがマキシマムセキュリティの野獣みたいな走りが好きなんですよねぇ…あの馬の父が今は日本にいるのもやばいですし、上で書いたカリフォルニアクロームもアニマルキングダムも日本にいるのはやばいと思います。そう思えるのもきっとアメリカやヨーロッパの馬にチャレンジする日本の馬がいて、それをねじ伏せてくる馬がいて、それらに負けじと日本の生産者が努力してくれる順繰りがあるからだと思うので、これらにリスペクトを持ちつつ、この幸せな循環が続いていけば良いなぁと思っています。

このページのトップヘ