Sweet dreams

カテゴリ: 血統学習

ライトノベルみたいなタイトル記事を書いていたことに驚愕したのですが…先日産駒が生まれたファンディーナはロードカナロアが種付けされたことが発表されました。初年度の時からロードカナロアかモーリスかドゥラメンテという話を社長から聞いていたので、驚きはありませんでした。
ロードカナロア×ファンディーナ
もう大種牡馬と言って過言ではないロードカナロアですが、ディープインパクト肌との配合では最大でマイル、ほとんどは1000m~1400mという適正で走る馬が出ています。ドナウブルーはマイルから1800mで活躍した馬でしたがドナウデルタは1400mがベスト。ローズノーブルは同じような適正でしたがジュピリーヘッドは1200m、ワールドエース全妹のアフリカンピアノの子アルモニカも1200m~1400mで勝鞍を上げています。ロードカナロアは母の血統を素直に出すイメージで、傾向にも素直と考えればファンディーナとの配合では良くてマイルがギリギリの馬になるのではないかと予想をしました。ロードカナロアの活躍馬を見るとA.P.Indyの血を見ないのは気になりますが、同じことをファンディーナも言われていた(ディープ×A.P.Indyの活躍馬はほぼいなかった)ので歴史は繰り返すものだなと思いました。

ということで出資していた馬の配合を考えてみたいと思います。ここで書いていることはあくまで主観ですので、こんなことを書いているやつがいたと牧場さんに送りつけるのはやめてください。(そんなやつはいない)
モーニン×カサロサーダ
元出資馬のカサロサーダの配合を考えてみました。現2歳がヘニーヒューズの産駒で船橋所属予定、1歳はザファクターの産駒となっています。公表されている情報では2歳のヘニーヒューズを種付けしたときが300万、1歳のザファクターは200万となっていたことから、同価格の良い馬と考えたところモーニンになりました。

カサロサーダは中くらいサイズで、粘り強く根性のある走りをする馬でした。芝馬でしたが、2歳のヘニーヒューズの子は山口ステーブルさんで育成されていて、船橋競馬の2歳最初の開催でデビューできるくらい順調に進んでいるようです。ヘニーヒューズのStorm Birdの血はカサロサーダの持つノーザンテースト(父ステイゴールドから)と同じような血統構成です。モーニンをつけるとさらに米血的が増幅されますね。それに加えてステイゴールドとCozzeneの血から活躍馬が出ているので、良いのではないかと思いました。ヘニーヒューズは人気ですし、その後継のモーニンもBOOKFULLになるくらい人気のようですから候補に入ってもおかしくないんじゃないかと。父と同じく府中のマイルが合いそうな血統です。実際にどんな馬どんな相手がつけられるか楽しみですね。

今週のターファイトの更新をみていたらハートオブスワロー引退の報が出ていました。ハートオブスワローといえば村下農場が誇る名繁殖イソノスワローの娘。ということは次の仕事も楽しみだと思うんですよね。ターファイト所属ということはもしかしたら子供が生まれたら募集されるかもしれないわけで。じゃあどんな父との組み合わせが見たいかなと考えるのも無駄じゃないかなと思いました。特に自分は母父サンデーサイレンス後継種牡馬だと、途端にイメージができなくなるところがあるのでたまにこんな感じの記事を書いて学んでいきたいと思います。主に自分が所属している日高浦河系のクラブの馬を中心に書いていきますが、引き出しがないのでどうなるかは謎です。今回はハートオブスワローについて。

ハートオブスワロー
2e594cf2ab3c1e30568637dad6f1d15e
血統考察
マイネルラヴとの間でトラストワン、アドマイヤマックスとの間でモンストールを出している母イソノスワロー。ノーザンダンサーのクロス、ナスルーラのクロスが多くありますが、その中で光るのは父デピュティミニスターとラシアンルーブルが持つLa Troienneでしょうか。なのでマイネルラヴ(Back passer経由)とアドマイヤマックス(ヒッティングアウェー経由)で活躍馬が出ているのも納得ですね。もちろん他にもスイッチになりうる血統はあるのでしょうが、活躍馬が出ているのはこの根拠という感じで、ハートオブスワローはハーツクライがLa Troienne持ち(My Bupers経由)ですが、そこでのスイッチが入り切らなかった印象です。緊張と緩和で言えば緩和のターン(継続という表現のほうが正しそうですが)だったかなと思うので、引き締めたほうが良いかなという考えです。ということで個人的に見てみたいのは以下。
◎ダンカーク
◯マジェスティックウォリアー
▲サトノダイヤモンド

ハートオブスワローは馬格のない牝馬ですし、まず前提として身体がある馬からチョイス。ダンカークはLa Troienneの宝庫アンブライドルドを父父に持ち、母父のA.P.indyもこの血を多く引いています。初年度となった現3歳世代から母父キンカメでシークレットラン(トライマイベスト経由)、母父と母母ともにBackpasser持ちのショウナンガナドルやオーパキャマラードが出ていて相性が良さそう。マジェスティックウォリアーも理由はほぼ同じですね。こちらはどんな初年度に注目ですが。ハートオブスワローは実際芝のほうが得意にしてたので、芝向きの印象ならサトノダイヤモンドですかね。その他にはスクリーンヒーロー各位やコパノリッキー等色々案が思い浮かびましたが、この2頭がターファイトっぽいかなとおもいましたので何卒。

こんな感じでたまに書けたら良いと思うので、拙い血統話ですがお付き合いください。


久々に暇な時間ができた(?)ので血統の勉強の記事を書いていきたいと思います。
今回は日本ではもうおなじみとなったソニンクの血統について書いていきたいと思います。 

血統表 http://db.netkeiba.com/horse/ped/000a00683a/  

ソニンクは1996年にイギリスで生まれました。競争成績はJBISさんで確認したところ表示されていないのでわかりません。推測になりますが初子であるアーコスティクスがノーザンファームの生まれとなっているので、ソニンクはCapeCrossを受胎した状態で日本にやってきたものと思われます。 しかしこの子供たちの活躍は置いておいてまずはソニンクを見ていきましょう。

ソニンクの父はMachiavellian、母はSonicLadyです。まずは父のMachiavellianの方から見ていくと大種牡馬Mr.Prospectorの直子であるのはパッと見でもわかるのですが、何が他の種牡馬と違うの?というと、完成されてない血統ということでしょうか? 何をもって完成されてないの?という疑問が出てくると思いますが、未熟な僕には表現しにくいですが、下地はしっかりしているけど、どこを強調したいのかいまいち見えてこないというのが僕の見解です。まずはこの下地ということを説明していきたいと思いますが、このMaciavellianの牝系は非常に優秀でノーザンダンサーの母であるNatalmaが母母母にいます。そこにNearcticを配合されて生まれたのが長男にあたる大種牡馬ノーザンダンサーです。その後色々な種牡馬が配合されていきますが、その8番目の子供としてHoist The Flagを配合して生まれてきたのが母母のRaise The Standardです。 そこにサンデーサイレンスの父で知られるHeloを配合して生まれたのがMachiavellianの母であるCoup de Folieです。この母の時点で名牝Almahmoudの4×4というクロスを持っています。さてここからが本番です。今紹介した母にMr.Prospectorがつけられて生まれたのがMachiavellianということになるのですが、血統表を見てみると案外と淡白ではないでしょうか?Naitive Dancerの3×4が発生しましたが、案外とそれだけだなみたいな。色々な血は持ってるけど…という感じがしますよね。実際Machiavellianの競争成績も超一流というわけでなくMr.Prospectorの当時の産駒の典型のような成績に終わってしまいます。それだったら次の年に全くのアウトブリードの父系を持つIrish Riverを配合して生まれたExit to Nowhereや、その後2連続でノーザンダンサー直子(ニジンスキーとヌレイエフ)を配合した気持ちの方がわかるなと思います。 

ただこのMachiavellianは種牡馬としては優秀で、AlmutawakelやStreetCryという二頭のドバイチャンピオンを輩出していますし、母父としては日本のヴィクトワールピサをはじめ良い成績を残しています。そして日本においてはサンデーサイレンス直子の間にHeloのクロスを発生させることができることや、前述のノーザンダンサーとの兄妹クロスを発生されることができることや、さりげなくナスルーラの血をもっていたり、リボーをもっていたりと色々な血をもっていることが大きいですよね。母父にいてくれると嬉しい1頭であります。ちなみに血統背景の似た馬にフサイチペガサスもいますが、こちらも母父となったときに注目かもしれません。

そしてSonic Ladyですが父にヌレイエフをもっています。当然ノーザンダンサーですね。母のSpecialは希代の名牝として知られますがその辺の説明は省いて血統だけみていくと、その母がNantallahを父に持つためここにナスルーラの血がありました。ということはMachiavellianと配合するとNatalmaの4×4にそこからもう一本のNativeDancerで4×5×5ということになり、そしてHeloの母方にあるAlmarmoudで5×5×5ということになり、そしてナスルーラの5×6も発生しているということになりますね。多分Sonic Ladyは父のヌレイエフの影響でマイル等で実績を残した馬になったと思うのですが、母方はブランドフォード系にフェアトライアルをもってたりするのでスタミナ面に優れていてもおかしくは無いんですけどね。なんとなくBustedとかブランドフォード系の血が母方の血統表で言えば下の下の方に入っていてくれているとなんとなく安定感があるというか、すべらない感じがしますよね。もちろん同じような馬の組み合わせになってしまっているのはスピード不足になってしまってダメだと思いますが…。

さてここまで書いてやっとソニンクの産駒の話に戻ることができます。上述の初子アコースティクスはもう皆さんご存知だと思いますが、ダービー馬ロジユニヴァースの母です。今年のPOGでは全弟のトーセンパワフルも話題になりましたよね。その後モンローブロンド、ルミナスウイング、ヴァイスハイトとアドマイヤベガ→アグネスタキオン→アドマイヤベガと続きました。成績的にはそこまで大きなことができたわけではないですが繁殖として姉アコーズティクスの用に期待されている方もいると思いますし、一口のクラブで出てきたら狙おうという人も多いと思います。その後タキオン産駒で生まれたのがラジオNIkeei賞2着やセントライト記念3着のノットアローンです。そしてその次に生まれたのがシンボリクリスエス産駒のランフォルセです。ダート重賞の常連ですね。そして一年を間に挟んで生まれたのがノーザンリバーです。ノーザンリバーはアグネスタキオンの産駒なのでルミナスウイングとノットアローンの全兄弟になるのですが、ここまでで感の良い方は気がつくかも知れませんがこのソニンクからの流れだと牡馬の方が圧倒的に良い成績を残しています。それはロジユニヴァースの全妹のペンテシレイアを見てもわかることですがここまではっきりとしているのは少ないんじゃないでしょうか?モンローブロンドの2011やルミナスウイングの2011が牝馬なので、もしどこかのクラブで募集されることになっても少し割引めで見たほうが良いような気がするのです。逆に言うとミスプロ系と相性のあまり良くないアグネスタキオンですら重賞クラスを2頭も出しているのですから牡馬は少し高い評価にしちゃいましょう。ここまで言えば何が言いたいかわかりますね?そう、ソニンクの2011がネオユニヴァースで牡馬なのです。ヴィクトワ-ルピサで証明されている母父Machiavellianとの相性+この牝系とのネオユニの相性の良さ…もう色々と行くしかないでしょう。笑 もしシルクで募集されたら…ないなー来年のPOGで狙います。笑

 

血統学習の第2弾としてどの馬にするか悩みましたが、牡馬クラシックに一番近いタキオン牡馬の後は牝馬だろうと言うことで、サウンドオブハートについて書いていきたいと思います。

サウンドオブハート血統

デビュー戦で大器の片鱗を見せて注目を浴びることとなったサウンドオブハートはアグネスタキオンにシンメイミネルバという配合から生まれています。このデビュー戦のラップを見るとペースが速い展開をやや前目につけて4コーナーでまくって勝つと言う強い内容でした。続く芙蓉ステークスはそれなりのメンバーが揃った一戦となりましたが、4コーナーで先頭を射程権に捉えるとしぶとく粘る先頭の馬を交わしてゴール。この時点だったかこのレース前だったか忘れましたが、鞍上の松岡Jが負ける気がしないというコメントを言っていた記憶があります。その後は阪神JFに直行そして大外枠という不運がある中でいつもと同じような競馬で進めると最後まで粘りますが、鋭い末脚を見せた勝ち馬に交わされて三着に終わります。3歳の始動戦となったのは紅梅ステークスでは内でじっくり構えるという競馬を試みます。直線では一旦コースが開かなくなり抜け出せないかと思われましたが、進路が開くとそのから素晴らしい切れ味を見せて勝ちます。今後は桜花賞に直行するとの事ですが、牝馬クラシックも混沌としてきたのでこの馬にも十分にチャンスがあると思います。

父であるアグネスタキオンについてはこちらをご覧いただければと思います。この馬の母シンメイミネルバは父カーリアンに母フジャブという血統になっています。まずは父であるカーリアンから見ていきます。カーリアンと言えばフサイチコンコルドという特異な例もありますが、基本的にはマイルで強い種牡馬というイメージがあります。ブエナビスタやジョワドヴィーヴルの母であるビワハイジも父はカーリアンですよね。ただ欧州ではマリエンバードやジェネラスといった馬が凱旋門賞などといった欧州のビッグレースを勝っているので…なんとも言えないですが。カーリアンの父はニジンスキーでこちらは欧州ではラムタラなどを、日本ではマルゼンスキーを出している種牡馬となっています。カーリアンの母方はPrinceQuillo系の筆頭種牡馬であるRound Tableを父に、Hail to Reasonを父に、母方にManOwar (3×3)やPeterPan等アメリカの名馬が詰まったコテコテのアメリカ血統であるRegal Gleamを配合して生まれたForeseerという馬です。ニジンスキーのカナダ血統(ほぼアメリカ血統とも言えますが)にForeseerを掛け合わせて生まれたのがカーリアンということになりますね。5代ではアウトブリードとなっています。どちらかというとパワーの方を重点な血統な感じです。

そして母のフジャブについてみていくと、この馬の父はMr,Prospector系のWoodmanです。この馬にはNasrullahの4×4にWar Admiralの4×5、Bull Dogの5×5が成立しています。ここにタキオン産駒に切れ味をもたらすNasrullahの血がありましたね。ただ少し遠いというのがありますが。
この馬の母であるWinters'Loveは父がDanzigで母がCold Heartedという血統でこの馬にはNearcoの4×5とMahmoudの3×5が成立しています。フジャブの視点で見てみるとNaitive Dancerの4×5、BuisinesslikeとBig Iventの同血姉妹の5×5、Nasrullahの5×5ということになりますね。ここでもNearcoの血が凄いというのがわかります。

そしてここでシンメイミネルバに戻ってきます。シンメイミネルバにはNorthen Dancerの3×4とTurn-Toの5×5そしてNaitive Dancerの5×5が出来ています。これをアグネスタキオンに掛けるとさらにHail to Reasonの4×5というのが成立します。このクロスはサンデー系では珍しくないですが、この辺がサウンドオブハートが掛かる様に前に進んでいくところに現れているのかもしれませんね。 またサウンドオブハートが紅梅Sで見せたような末脚は遠いところにあるNasrullahの血が騒いだというべきなのかもしれませんが、あの単なる能力という可能性も否定できないので是非ステップレースを使って欲しかったというのがありますね。4角から押切るスタイルは単に能力が高いからやってのけていたという可能性もなきにしもあらずだと思います。本当のパフォーマンスがまだわからないので桜花賞で内目の枠に入ったらあっさり…なんてこともあるかもしれませんね。

昨日からの暇つぶし血統勉強シリーズとして、今回はタキオンの最高傑作と吉田照哉氏が言ったことで知られているグランデッツァについて調べて行きたいと思います。

グランデッツァ血統図
グランデッツァはアグネスタキオンにマルバイユと言う血統を持つ今年のクラシックの有力候補の一頭です。血統的なことはとりあえず置いておいて、成績を振り返って見ます。グランデッツァは夏の札幌の新馬戦でデビューします。スタートで出負けするような形で後方からの位置取りになると少し行きたがるような素振りを見せつつ最後方待機のまま4コーナーを迎えます。そして追い出されると良い伸び脚を見せるも上手くレースを運んだ勝ち馬に届かずに2着で終わります。この馬をPOGで持っていたため注目してこのレースを見ていましたが、悪くない内容だったように思いますね。その後未勝利に使われ道中2番手でレースを進めると楽な手ごたえのまま楽勝します。そして札幌2歳ステークスでは今年の京成杯を勝ったベストディールやその後ラジオNilkkei杯2歳ステークスで2着になり、共同通信杯を勝ったゴールドシップ、朝日杯2着のマイネルロブストなどを相手に4角から先頭を押切るという強い内容で勝利し重賞タイトルを取ります。12月のクラシックの登竜門とされている前述のラジオNikkei杯2歳ステークスでは、札幌2歳ステークスと同じような競馬を試みますが、直前の体調不良もあったのか粘りきることができずに3着に終わってしまいます。今年の始動戦は皐月賞トライアルのスプリングSとなるようで、鞍上も今まで乗っていた秋山Jからミルコ・デムーロJに変わります。賞金的には大丈夫なはずですが、どのようなレースを見せてくれるのか注目でしょう。

そして血統面についてですが、アグネスタキオンについては前の記事を参照していただければと思います。 母のマルバイユは吉田照哉氏の持ち馬としてフランスのマイルGⅠを勝っている馬です。この馬の父Marjuはラストライクーンに Flame of taraと言う配合でNearcoの5×5、PrinceQuilloの4×5そしてHeyperionの5×5が成立しています。ラストタイクーンといえば個人的にはキングカメハメハの母父であることが思い出されますね。 母父であるアーテイアスという種牡馬は個人的には全く知らなかったのですが、アメリカ生まれの馬でオースミロッチ等を出しているようです。その他にもラストタイクーンの母Mill Princessの父であるミルリーフから遡っていくとミルリーフ→NeverBendと来てNasrullahにたどりつきます。となるとNasrullahの父はNearcoですので、このMill Princess自身がNearcoの4×3を持っている事になりますね。そしてさらにさらに紐解いていくMill Princessの母Scollataの父であるNiccrolo DellArcaはNearcoの異父兄弟となり、Nearcaと Niccrolo DellArcaの母Nogaraの4×3×3が成立しています。牝馬のクロスというのは初めて見たのでびっくりしましたね。と言うかScollataの視点で見れば3×3なんですね…。すさまじいインブリードです。 

さて今度はマルバイユの母Hambyeの方から見ていきましょう。この馬の父であるDistant Relativeはサーゲイロード系の種牡馬で、ヨーロッパのマイル戦などで主に活躍した馬です。Bull DogとSir Gallahadと言う同血兄弟の4×5があり、母方にNasllurahの3×4があり、父方にもHabitatから続くNearcoの血があるため、Nearcoの5×(6)×5があります。それにしてもNearcoの血が凄いことになっていますね。そしてHambyeの母であるPaglietta GenerにもNasrullarの5×5…すなわちNearcoの血が入っています。 このほかにも大種牡馬であるRibotやTom Foolといった日本でもお馴染みの血を持っています。

そしてここでグランデッツァに戻ってきます。マルバイユの兄弟にはダンスインザダーク産駒であるジターナや、スペシャルウィーク産駒であるグランクロワ、ディープインパクト産駒であるマルセリーナとの違いがあります。それは近い代でノーザンダンサーのクロスが発生していないと言うことです。(一応あるにはありますが)そして5代目までではクロスは発生していません。そしてタキオンの切れ味を引き出すNasllurahの血も5代目までにはありません。その点がグランデッツァの4コーナーから押切るというスタイルを引き出していると思います。このスタイルを最大限に出し切れるのが中山コースに、3歳戦であれば皐月賞が最大のチャンスだと思われます。ダービーに適正があるか無いかと聞かれれば微妙ですが、個人的にはヴィクトワールピサのようなイメージなのではないかと考えているので…。能力がそれなりにあることは間違いないと思うので、タキオンの後継種牡馬になれるような実績を残してほしいですね。

このページのトップヘ