Sweet dreams

カテゴリ:引退出資馬 > ラディーア

先週の土曜日の中山4レース、新馬戦ダート1800mでデビューしたグロリアスホープは10着という結果でした。
IMG_6224
丸山元気騎手
「スタートはタイミング良く出れました。最後もちゃんと脚を使って伸びてくれていますし、最後まで頑張って走っています」
矢野英一調教師
「スタートは決まりましたが、初戦ということもあり、今後の事を考えて今回は積極的に前には行きませんでした。心配していたキックバックについても、嫌がることなく走れていました。このレースでの収穫は大きかったです」


はっきり言って調教の内容が良くなかったので全く期待はしていませんでした。いや期待をしていないというのは違うかもしれません。このレースに限っては勝ち負けとかそういう次元じゃなくて、ちゃんと走れるのだろうかと思いながら中山競馬場に向かいました。パドックで見た印象は確かに形やフレームはかなりしっかりしているけど、筋肉とかそのへんはまだまだ幼いなと感じました。後ろを歩いていたタッカーブルーが506キロ、グロリアスホープは504キロでしたが、とても2キロの差とは思えないほど馬体の迫力に差を感じましたね。ただとにかく落ち着いて周回を重ねていて、気性的に悪いところなどが全く無かったので従順なレースぶりをみせてくれれば良いなと思っていました。

レースは好スタートを決めるも、出たなりで追っつけることもなく12番手からレースを進めました。矢野調教師のコメントによると今後を考えて控えたようですね。パトロール動画をみても砂を被って嫌がっている感じはありませんでした。また引っかかる素振りも全く無かったですね。3角で外に出し気合をつけて上がっていくような形でした。結果は10着でしたが個人的にはすごく嬉しい10着でした。これほど嬉しい10着はないというくらい嬉しかったですね。調教師も言っていますが収穫があるレースでした。きっとこの感覚はこの馬に注目して見ていた人にしかわからないと思いますが、とてもいいレースでした。ほんとに嬉しくなってしまってレース後走り終えたグロリアスホープを見届けたいと思って花道まで行くくらい。そこで見たレース後のグロリアスホープも本当に大人しくて、その姿もすごく良いなと思いました。今後レースを使うにつれきっとピリッとしてくるのでしょうし、馬体もより筋肉質になっていくのだろうと思います。今回のレースはそうでない中でそれだけの走りをすることができた。それが収穫と思っています。もちろんこのレースだけでは勝ち上がりは厳しい。それはわかっているんですが、この過程は応援したいなと思えるものだし、信じて応援するに値するんじゃないかなと思います。それを出資馬から感じられたのが嬉しいですね。次走を楽しみにしています。
IMG_6227
この日の6レースの新馬戦に出資馬ラディーアの仔、ラディーチェが走っていました。ラディーアは個人的にすごく印象に残っている馬ですし、なにせ出資馬の子供がレースを走るのが初めてだったので、物凄くエモーショナルな気持ちになりましたね。ラディーアが引退するときの記事に書いているのですが、こういうのって財産だなと思います。お母さんに似て細身の身体。しかしロードカナロア産駒らしいトモ。レースも新馬戦で5着。悪くないレースぶりだったんじゃないかなと思います。ラディーアはすでに韓国へ輸出されてしまっているので、日本で血を繋ぐとしたらこの馬しか可能性がないわけです。この馬が活躍して血を繋がったら良いなぁと思っています。

話はまた戻りますがグロリアスホープが出走した新馬戦には、仲の良い友人の出資馬も出走していました。このブログでたまに触れていますが”自分を見て一口を始めた人”なので、なんとなく嬉しいような…でもいつか来てほしい対決の時はもう少し高い舞台が良いなと思っていたので、ここで当たるのはちょっと…という複雑な感じでした。人気もそこまででしたしね。ただ互いにそれなりの思いをもって出資している馬が新馬戦で当たる。それもその友人が始めた最初の世代の馬でしたから良かったですね。複数出資馬がいればレースで対戦することもあるだろうし、この先もあるでしょう。それがいつかG1とかだったら良いなぁと改めて思ったレースでした。レース前は俺の出資馬のほうが強いと主張しつつも、悔しがりながら勝ち馬を称賛できたら良いと思います。そんな経験ができたらきっと楽しいだろうなと。これも一口のたのしみ方だとすれば、確実に広がったので改めて始めてくれたことに感謝したい。別に自分のためにしてるわけじゃないのもわかっていますけどね。そんな仲間が増えれば良いなぁと思いました。

075
 
 先週の未勝利戦で権利を取ることができなかったため、ラディーアが引退し今後は繁殖牝馬となることが発表されました。最近は権利を取れずに勝ち上がれなかった馬たちが、牡馬も牝馬も関係なくサラブレッドオークションに出されていることが多かったので、直接繁殖入りすることになったのは、ある意味では良かったと思うし、その一方でまだまだ走る姿を見たかったなと思う気持ちもあります。まぁこの辺りの気持ちはどんな結果になろうと、100%納得することはないので、良い妥協点ではないかなと思います。

この馬から学ぶことはとても多かったと思います。一口馬主をやっていると常に「どの募集馬にどのタイミングで出資するか」を様々な要素から考えてしまいます。それは馬体であったり、血統であったり、厩舎であったり…もっと細かく見ていけば育成牧場がどこか?とか、測尺であるとか、育成牧場での調教の進度や動きであるとか、入厩予定の厩舎がどんな調教をする厩舎であるとか…その他にも人によって様々にあると思います。

僕は誤解を恐れずに言うと「この馬に出資したのは失敗したかもしれない」と思ったことが2度あります。1度目はPOGシーズンに媒体に載った写真を見てそう思いました。私が一口馬主を始めたのは現4歳世代なのですが、その年の募集馬で強烈に印象に残っているのは、阪神JFを制したローブティサージュではなく、小倉大賞典を制したラストインパクトでも、オープンクラスで他馬と戦ってきたフラムドグロワールやインプロヴァイズ、サムソンズプライドでもなく、ラディーアの姉のラトーナでした。ラトーナは父がDansiliでデインヒル系特有のマッチョな体型の馬でした。函館の新馬戦を万全の状態でもないにも関わらず逃げ切ったのが、今でも印象に残っています。このラトーナの強烈なイメージがラディーアに対する妄想を膨らませました。ラディーアの募集開始時の測尺は体高156cm、胸囲175.5cm、管囲20cm、馬体重404kgでした。この測尺を見た当時の僕は「姉がああいう馬で、この馬にもデカくなる要素があるんだから、このサイズでも大丈夫だ。」という大きな思い違いをしました。「ここのトモのところに肉が付けば…」とか「ここからこうなれば…」という願望が、きっとそうなるかのように思い出資をしてしまったんですね。POGシーズンに他の馬たちとは比較にならないほど見劣りする馬体が雑誌に掲載されていたときに、失敗したかもしれないと感じました。2度目は新馬戦です。新馬戦の前には坂路でそれなりの時計を出していたことや、血統背景も手伝って、多少注目を集めていたのですが、僕は半信半疑でした。それは坂路のタイムがラスト1ハロンで伸びきることができない事でした。「トモの力が足りないんじゃないか…」と僕の中では思っていながらのデビュー戦でした。結果は6着でそう悪くないようにも見えますが、最後も伸びることなく終わったところを見て悪い意味で予想が的中したと同時に、これは未勝利戦までに力をつけていくことができるのか…?と思いました。悪い方の想像というのは当たるんですよね。

ここまでマイナスのことを書いてしまいましたが、僕はこの馬が本当に好きでした。順位をつけるのは望ましくないと思いますが、この世代に出資した3頭の中ではダントツに好きでしたし、だからこそ勝ち上がって欲しいと思っていました。 上の写真は去年の11月にNFしがらきに行った時に撮った写真ですが、とても綺麗な顔をしていて可愛らしく、僕の顔を舐めてくるほど愛嬌のある馬でした。叶わぬ事となってしまいましたが、その時には「来年もここで再会したい」と思っていました。 幸いにもこの馬は繁殖入りをすることが出来ました。一番最初の出資馬であるグローバルフライトは繁殖入りをすることができませんでしたからね。ラディーアもグローバルフライトも共にもまれると駄目な馬で、グローバルフライトが鼻出血で引退した時には「1度でいいから逃げてレースをして欲しかった」「惨敗続きでもいいから無事に最後の未勝利戦まで走りぬいて欲しかった」と感じていました。なのでラディーアの8月30日小倉2600mのレースは逃げて、次のチャンスにつなぎ、かつ今までで一番良い競馬をしてくれたことに感動しましたし、ラストランもレース直後は悲しかったですが、最後まで走ってくれたことに感謝しています。ノーザンファームで繁殖入りするかわからないですが、もしそうであるなら厳しいかもしれないですが子供をシルクで募集して欲しいと思っています。この馬に出資できたことは財産であったと思います。お疲れ様でした。
 

6月21日(土)の阪神2Rにラディーア、東京7Rにグロリアストレイルが出走しました。
6月21日
※シルクFBより引用
前走までの芝のレースでなかなか思うような結果がでないため目先をダートに移してのレースとなりました。メンバー的にはとても手薄で「最低でも掲示板には来てくれるのではないか…」と思っていましたが、現実は厳しく離された6着でした。

1番人気の馬に後ろから突かれ、4角で外を被せられてしまったのは痛かったですが、それでも力があればもう少しなんとかなるのではないか…と思わせられる内容で、正直「厳しくなってきたな」と思わざるを得ません。毎レース良い感じで4角までは回ってくれるんですけど、そこからの脚が見られないのが厳しいですよね。調教の映像を見ると(先日デビューした同厩舎のダシヌケの追いきり時)相手に抜かれなければしっかり走れるようなので、逃げるしかないような気がするのですが…後は距離も短い方が良いのではないか…?と思っていますがはたして。

唯一の希望は芝でもダートでもパフォーマンス的にはそんなに差がないことですね。このあとは一旦放牧に出しては多分小倉に行くのではないかと考えていますが、未勝利戦は出走することができて残り2戦でしょうし…思い入れのある馬だけになんとか勝ち上がって欲しいところです。

20140621 (6)
そして府中ではグロリアストレイルが出走することになっていたので、家で観戦していたラディーアの惨敗で折れそうな心を奮い立たせながら向かいました。 

パドックで見た印象は「いつもよりも良くないような気がする」という感じでしたかねぇ…前脚の歩様がこの馬にしては硬くて「大丈夫か…?」と思いました。ただこの写真でわかるようにコジシゲ先生も厩務員の方も終始ニコニコしていて、なんとなく安心したような…。(?)

こちらも初ダートでしたが、兄弟はダートで結果を出している馬が多いのであんまり心配はしてませんでしたね。この馬に関してはしっかりとレースを進めることができれば勝つことができると思っていたので、あとは順番待ちというか少しの運かなと。レースは少し出遅れて最後方からのスタートでしたが、徐々に順位を上げて手応え良く直線を迎えました。「外にだせええええ」 と思いましたが、なかなか出すタイミングもなく狭いところを付く形になりました。いつもああいう形になると脚が鈍ってしまうんですよね…。とは言え本当に力があったら気にせず突き抜けると思うので、まぁそういうことなのでしょう。それでも鞍上が最後までしっかりと追ってくれたお陰で5着を確保できました。権利のこともありますが5着と6着では雲泥の差だと思うのでそこは拘っていきたいですよね。

この後は元々調教師が言っているように放牧で新潟だと思いますが、今回の2100mという距離は若干長いんじゃないかと思ったので、新潟のダート1800mという条件は現状ベストなのではないかと思います。直線も長くなくて良いんじゃないかと思っていますし、坂がないのが良いですね。次こそ決めてくれると信じています。
 

 先週は出資馬2頭がデビュー戦を迎えました。今まで多くの馬を持ってきたわけではないのもありますが、1週間に2頭走るのは初めての経験でした。気分的には分散されるのでとても良いですね。笑 特にデビュー戦はいつもの1.5倍くらい期待してしまいますからねぇ~。という意味でもいつもよりは気持ちは楽だったと思います。
BdtWUs4CUAAcMSq
 まずは土曜日の京都6R3歳新馬牝馬限定(芝1600m)に出走したラディーアですね。ラディーアに関しては調教のタイムが良いというのが話題になっていましたが30%くらい勝てる、70%くらい自信無しという感じでしたね。元々この馬は去年の春先までは本当に体重が増えてこないし、坂路の動画を見ても後ろ脚がしっかりしてないせいでブレて走っていた馬なので…前脚も若干曲がっていますしね。周りの期待は凄く大きかった(この世代のシルクの牝馬で一番高額+ディープ産駒なので当然) ですが、僕としては…という感じでした。坂路のタイムは良くても、終いにタイムが遅かったのもあんまり強気になれない要素でしたね。とは言え!元々はクラシックを夢見て出資した馬なので、やはり期待はしてしまうという複雑な感情でした。
 レースはスタートから軽く押して行き5番手の位置でレースを進めます。気分良く追走している感じでしたが、3コーナーの終わりから4コーナーではもうすでに、ジョッキーのマキシム・ギュイヨン騎手の手が動くと、ずるずると下がってしまいそうな手ごたえになりますが、その後は意外にしぶとく6着を確保しました。勝ち馬から3着までとは現状の力の差があったかもしれませんが、4着のナイトジャスミンまでの差は位置取りの差かなと思うので、まずまずのデビュー戦だったのではないかと思いますね。次走は距離を延ばすそうなので、どんな競馬になるか楽しみです。秋以降が勝負の馬だと思うので、なんとか勝ち上がりまで漕ぎつけてくれれば良いですね。それにしても勝ち馬は強かった。
Bd00z_9CcAAvWiR
 そして月曜日京都2R3歳新馬(ダート1800m)に出走したのがスペシャルギフトですね。 レースが終わってから言うのはとてもずるいし、それなら馬券で儲けろって言われてしまうかもしれませんが、かなり自信がありました。今まで一口馬主で愛馬がレースに臨む時に「勝って欲しいな」と思うことはあっても「勝てるんじゃないか」と思ったのは初めてだったので、「惨敗したらショックだなぁ…」と思っていました。この馬に関してはここまでの過程でも特に不安がなかったのと(右足の問題を須貝師には指摘されていましたが)鞍上がフランスの名手クリストフ・ルメール騎手に決まったこともあって凄く楽しみにしていましたね。
 レースはスタートで煽りそうになるものの、なんとかタイミングがあって好スタートを切ると、1コーナーでルメール騎手が先手を取りにいく積極的な騎乗によって、並走しながら先頭を走る形になりました。そのまま3コーナーまで進むと並走していた馬がついて行けなくなってきたために単独で先頭を走る形になりました。その後ろをぴったりとゴールドスークがついてきていたので凄く怖かったですが、直線に向くとまだまだ余裕という感じで追い出しを我慢することができましたし、最後は突き放す形になり完勝でした。タイムは1分56秒3で上がり3ハロンも38.9と平凡なものでしたが、まだまだ余力があったように見えますし、この1戦からの上積みはあるのではないかと思います。ここまでかなり乗りこんできたので今後は放牧に出されるかもしれませんが、大きい競馬場が良いのではないかと師は言っているので、いつか東京競馬場で見たいですね。ちなみに縁起の良いデータとしては、この時期の京都ダート1800mの新馬戦の勝ち馬のほとんどはその後2勝目を上げています。タイム的に近いところで言うと、フリートストリートとバトードールが1分56秒1のタイムとなっていました。

 さてこのスペシャルギフトの勝利によって、待望の一口馬主初勝利を挙げることができました。この前の記事で書いた初勝利という目標をこんなに早く達成できたのでとてもうれしかったですし、twitterでも多くの方におめでとうとの言葉をいただいたので、勝利した時には恥ずかしながら号泣という感じでした。 笑 グローバルフライトに出資申し込みをしたのが2011年の12月なので、丸2年くらいですかね?今の一口馬主の馬の質は良いので、勝てる人は初めてのレースでも勝てちゃう世界となっていますから、持ってないなぁと思ったことも多々ありましたが、ここまで引っ張ってこんなにも勝利の喜びを感じれるのもいいなと思いました。とは言え1勝するとまた勝ちたくなるのが一口馬主なので、とりあえず現3歳の3頭には1勝ずつしてもらって、あわよくば2歳馬が年内に1勝くらいしてくれないかなと…欲が出てますね。でも言葉にしないと達成もできなさそうなので、ここに書き記しておこうと思います。ありがとうございました。

※記事の写真は@mooorisk189さんに頂きました。ありがとうございます! 





今年ももう早いもので2歳馬がどのくらいの時期に入厩するだとか、POGでの検討に入ってくる季節になってきましたね。シルクHCもやっと2歳馬の名前が発表されました。もう少し時間がたつので知ってるわってことかも知れないですが、一応まとめておこうと思います。

201105520121221175700 















【copyright Silk Horse Club】

スペシャルギフト(スペシャルウィーク×スーヴェニアギフト)
出資理由:募集DVDを見てはじめに感じたのは硬いということでした。なのでネガティブなところから入ったのですが、検討していくうちに厩舎が魅力的だなと思いましたし、硬めに出てると言うことは姉のシュプリームギフトのように短いところに向いていると言うことなのではないかという考えに至りました。スペシャルウィークと言えば最近はダートの大物が出てますし、もし芝が全くダメでもダートをこなせるでしょうという考えです。芝ダート兼用の1400くらいの馬なのではないかなと思っています。ちなみにこの馬の兄のべステゲシェンクの初戦のパドックを見たのですが、この馬同様少しごつごつしてるなという印象を受けました。動画などをみてもはじめは少し硬いなぁと思いましたが、最近は徐々に解消されているような気がします。少なくとも走りは上手くなっているように思います。
近況:北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。週3日はフラットワークを行った後、屋内坂路でハロン16秒のキャンター1本、残りの3日は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2,000mの調教を行っています。担当者は「今月から坂路の登坂ペースを上げましたが、反動もなく順調にメニューを消化しています。フットワークが月を追う毎に進化していますし、暖かくなれば更に上積みを期待出来そうですね」と話しています。
 
201103620121221174224 















【copyright Silk Horse Club】

ラディーア(ディープインパクト×レトⅡ)
出資理由:この馬は姉の存在もありラインナップに乗った時点から気になっていました。で募集DVDを見てみると姉とは似つかないスマートなボディでこれはどうなんだろうと思ったんですが、動きを見てみると滑らかでバネがありそうだなと思い出資しました。正直もう少し大きくなってほしいですし、トモが発達してこないとかな?とは思っていますが、あとはどれだけ成長できるかですね。とりあえず勝ち上がってほしいと思います。
近況北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。週2日は屋内坂路コースでハロン16〜18秒のキャンターを1本、残りの4日は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2,400mの調教を行っています。担当者は「ひと頃よりトモに力がついて来ましたので、今月中旬から週1本ハロン16秒にペースを強めています。今後も馬体の成長を見極めながら、強弱をつけた調教を心掛けます」と話しています。


というわけでこの2頭に出資されてる方は今後よろしくお願い致します。現3歳が現段階で2頭とも引退してる人間と一緒なのは非常に縁起の悪いことなので申し訳ない気持ちもあります…。
あと1頭検討してる馬がいるんですが、財政的な問題と天栄での調教見学会まで待てるんじゃないかな?ということで考えています。天栄見学会の参加費キャッシュバックが悩みを増やしてくれますね…笑 たかが3000円されど3000円という感じですよね。 

 

このページのトップヘ