Sweet dreams

カテゴリ:引退出資馬 > グロリアストレイル

大したことじゃない話していいですか?

毎週土曜日は小島茂之調教師のブログを見てから仕事をするというのがルーティンになっているのですが(存在しないルーティン)、本当にたまたま今日出走した馬のオーナーの所有馬を見ていたら、そういえば昔応援していたなという馬にたどり着きました。(ちなみにラスヴェンチュラス)小島調教師のブログはよくある当たり障りのない出走前のコメントではなく、結構リアルなこと書いていて面白いなと思っていて、その馬の出走したレースを見返したら藤田伸二騎手が乗っていた時がありました。あんまり記憶にないコンビだったので、当時どんなことが書かれているんだろうと仕事中に見ていたのですが、それが以下の記事です。

記事の中で触れられている小島厩舎の馬でCMに出演しているのは、恐らく自分の出資馬でもあったグロリアストレイルです。
無題
(※当時切り取っていた写真が今もスマホに入っていた)

グロリアストレイルは自分が一口馬主を始めて2世代目の馬です。同期世代の出資馬はスペシャルギフトとラディーアになります。過去に同じようなことも書いているのですが、一口馬主1世代目で勝ち上がることができなかった自分としては2世代目は是が非でも勝ちたいと思っていました。グロリアストレイルはデビューが遅かった他の2頭に比べると早期にデビューを果たすことができました。函館でのデビュー前、初めて注目の新馬というような形で雑誌等でも紹介されるような馬でした。今回上の記事を改めて見てからグロリアストレイルの過去のレース前のブログを再度確認したのですが、注目と言われる割にそこまで動きが良くなく、半信半疑ながらも初めて出資馬が雑誌に取り上げられたということで舞い上がっていました。デビュー戦は良いところなく惨敗。今だったらまぁ仕方ないと思えるのでしょうが、2世代目にして初めてメディアに取り上げられた馬での大敗で、どうやったら勝てるのか…と軽くトラウマになるような出来事でした。

小島先生も触れているようにその次の府中でのレースがCMに使用されていました。中央競馬の出資馬のレースを始めて現地で見たのがこの日で「頼むから何か変わっていて欲しい」と思いながら見ていて3着に来たときは思わずホースプレビューのところまで走ったのを覚えています。
20140621 (6)
この写真が凄く好きで、今でも馬と調教師(できれば騎手も)のセットで写真を撮るのが癖になっています。グロリアストレイルは試行錯誤の末勝ち上がることが出来なかったんですが、馬体が小さい馬はなかなか難しいから大きい馬を狙っていこうと思ったことがアグレアーブルからファンディーナに繋がっていると思うし、何度も天栄に行ったり、競馬場で応援できる楽しさがあるからこそ狙えるなら関東の馬を狙っていこうと思ったことでグランシルクやキャプテンロブロイと出会えたりしていると思います。その翌年から数年の出資馬の教訓になっている馬でした。

色々な馬に出資してきましたけど、こういうふうに色々後から思い出せるのは良いことですよね。最近「一口馬主でできることは出資した段階で終わっている」というのを見て確かにそうなんですが、真剣に考えていくことに価値があると思うし、それが楽しいと思っています。だからと言って誹謗中傷してはいけないですが、このブログくらいは真剣に考えた結果を書いているので、これからもお付き合いいただけるのであれば幸いです。これから募集が始まって”クラシックに出たい”とか色々思っていますが、どんな馬に出資しようと記憶に刻むことは忘れないようにしたいですね。まぁ忘れないのですが。与太話でした。

355

 先週のスーパー未勝利戦にて、勝ち上がることができなかったため、グロリアストレイルはファンドを解散し、サラブレッドオークションに上場されることとなりました。前に記事を書いたラディーアの時は、最後に1戦をするチャンスを得られてよかったという認識でしたが、この馬に関しては勝ち上がることも出来たのではないかと思うため、とても残念です。

とは言えレースでは常にあと一歩力が足りないと感じていたので、もし勝ち上がれていても500万下では厳しいレースが続いたのではないかと思っていたのも事実です。トータルで10戦しましたが、その中で一番勝ち馬に近かった2戦目の府中のマイル戦も、レースが決まった後に末脚を発揮して突っ込んできたという感じのレースでした。この時にはまだダート替りという選択肢があると思っていましたが、ダートに替わっても、芝と比べて同じか、またはそれ以下の適正しかなかった。それに気がついた事が遅かったというのも、この馬に運がなかったところの一つだと思いました。 

終わった後になると、全ての可能性を試して欲しかったと、どうしても思ってしまうのですが、今からできるなら芝ダート共にマイル以下の距離を走らせてもらいたかったですね。幸いこの馬は怪我などは無く、地方競馬で走る可能性があるので、新天地ではぜひそのくらいの距離を走らせて欲しいと思います。できれば南関東で走らないかなぁと思っているのですが…。とにかくお疲れ様でした。ありがとう。 

6月21日(土)の阪神2Rにラディーア、東京7Rにグロリアストレイルが出走しました。
6月21日
※シルクFBより引用
前走までの芝のレースでなかなか思うような結果がでないため目先をダートに移してのレースとなりました。メンバー的にはとても手薄で「最低でも掲示板には来てくれるのではないか…」と思っていましたが、現実は厳しく離された6着でした。

1番人気の馬に後ろから突かれ、4角で外を被せられてしまったのは痛かったですが、それでも力があればもう少しなんとかなるのではないか…と思わせられる内容で、正直「厳しくなってきたな」と思わざるを得ません。毎レース良い感じで4角までは回ってくれるんですけど、そこからの脚が見られないのが厳しいですよね。調教の映像を見ると(先日デビューした同厩舎のダシヌケの追いきり時)相手に抜かれなければしっかり走れるようなので、逃げるしかないような気がするのですが…後は距離も短い方が良いのではないか…?と思っていますがはたして。

唯一の希望は芝でもダートでもパフォーマンス的にはそんなに差がないことですね。このあとは一旦放牧に出しては多分小倉に行くのではないかと考えていますが、未勝利戦は出走することができて残り2戦でしょうし…思い入れのある馬だけになんとか勝ち上がって欲しいところです。

20140621 (6)
そして府中ではグロリアストレイルが出走することになっていたので、家で観戦していたラディーアの惨敗で折れそうな心を奮い立たせながら向かいました。 

パドックで見た印象は「いつもよりも良くないような気がする」という感じでしたかねぇ…前脚の歩様がこの馬にしては硬くて「大丈夫か…?」と思いました。ただこの写真でわかるようにコジシゲ先生も厩務員の方も終始ニコニコしていて、なんとなく安心したような…。(?)

こちらも初ダートでしたが、兄弟はダートで結果を出している馬が多いのであんまり心配はしてませんでしたね。この馬に関してはしっかりとレースを進めることができれば勝つことができると思っていたので、あとは順番待ちというか少しの運かなと。レースは少し出遅れて最後方からのスタートでしたが、徐々に順位を上げて手応え良く直線を迎えました。「外にだせええええ」 と思いましたが、なかなか出すタイミングもなく狭いところを付く形になりました。いつもああいう形になると脚が鈍ってしまうんですよね…。とは言え本当に力があったら気にせず突き抜けると思うので、まぁそういうことなのでしょう。それでも鞍上が最後までしっかりと追ってくれたお陰で5着を確保できました。権利のこともありますが5着と6着では雲泥の差だと思うのでそこは拘っていきたいですよね。

この後は元々調教師が言っているように放牧で新潟だと思いますが、今回の2100mという距離は若干長いんじゃないかと思ったので、新潟のダート1800mという条件は現状ベストなのではないかと思います。直線も長くなくて良いんじゃないかと思っていますし、坂がないのが良いですね。次こそ決めてくれると信じています。
 

前の出資馬名前決定のところで迷っている馬がいるということを書きましたが、出資いたしました。

201101020121221171027 














 
【copyright Silk Horse Club】
グロリアストレイル(ネオユニヴァース×レジェンドトレイル)
出資理由:ネオユニヴァースの子は博打のようなイメージを持っている人も多いと思いますが、ノーザンファームの生産馬で一口のクラブで募集されている馬を見てみると牝馬が21頭中12頭が未勝利で終わっているのに対して、牡馬が16頭中4頭しか未勝利で終わっている馬がいません。 その4頭のうちの1頭であるサンデーR募集馬のライドンシャフト(最新レースで502キロ)は3歳の現段階で馬券に絡んでいますし、残る3頭もレッドシュライン(デビュー時、470キロ)はデビュー戦でタイム差ほぼ無しの3着の後に怪我をして引退。残る2頭はデビュー時の体重が445キロを下回る馬で、馬格と体重が求められるネオユニヴァースの産駒では少し不利な馬でした。
この馬に関しても体重がないということだけが心配だったので、最初は見向きもしていませんでしたが、先月の時点で451キロ、今月に入って464キロと着実に成長を見せており、出資可能なくらいの体重まで成長をしています。
個人的にはグローバルフライトの引退でなんとか1勝できる馬がほしい。そしてできる限り競馬場でレースが見れたらと感じていたので、関東の馬で出資できる馬を探していましたが、良い馬でも調教師があまり存じ上げない人だったりということがあり、この馬の出資に至りました。 ネオユニ×フレンチデピュティは夏の段階で書いた血統分析ではほぼ間違いなくダートに出ると書きましたが、この馬の場合は母系の助けもあって両方こなしてくれるのではないかと考えています。兄のアドマイヤジャガーはダートで1600万を、アドマイヤパーシアは1000万下を芝の長距離で戦っていますし、先日姉のプリームスも先日500万条件をダートで勝ちました。この馬もなんとか準オープンを戦える馬になってくれればいいなと思っています。あっあとなるべく応援に行きたいですね。


近況
;北海道・ノーザンファーム空港で調整中です。週2日は屋内坂路でハロン16〜17秒のキャンター2本、残り4日は屋内周回コースでスローキャンター1,500mの調教を行っています。担当者は「中型の馬体に良質な筋肉が付いてきて、動きも力強くなっています。煩いところを見せ始めていますが、調教中は集中力を欠くことはないので、心配は要りません。調教師も早めの始動を考えているようですが、十分に可能だと思いますよ」と話しています。 

このページのトップヘ